2020年2月14日 更新

スクエアスタンスのメリットとは?野球のバッティングスタンスを解説

スクエアスタンスは、野球で最もスタンダードなバッティングスタンスです。アマチュア野球からプロ野球まで1番多いバッティングスタンスとなっています。スクエアスタンスとは、構えた時に両足のつま先のラインがバッターボックスのラインに対して平行になる構え方を言います。構えた位置から素直に踏み込むことができるので、オープンスタンスに比べてスイングの動作が小さくすることができます。

30 view お気に入り 0

スクエアスタンスとは?

 (107106)

スクエアスタンスは、野球で最もスタンダードなバッティングスタンスです。アマチュア野球からプロ野球まで1番多いバッティングスタンスとなっています。

スクエアスタンスとは、構えた時に両足のつま先のラインがバッターボックスのラインに対して平行になる構え方を言います。構えた位置から素直に踏み込むことができるので、オープンスタンスに比べてスイングの動作が小さくすることができます。

振り遅れたり差し込まれたりしてしまうことが多い人にはスクエアスタンスがおすすめです。

スクエアスタンスの構え方

スタンスの基本!スクエアスタンスのポイント

スクエアスタンスの構え方は、2つになります。

・ホームベースに対してフラットに立つ
・足を肩幅ぐらいに広げる

スクエアスタンス以外のスタンス

スクエアスタンス以外のスタンスは、以下の2つがあります。

①オープンスタンス
②クローズドスタンス

①オープンスタンス

球が見える!オープンスタンスの長所と短所

オープンスタンスとは、ピッチャー側の足を一歩後ろにずらすスタンスです。

オープンスタンスのメリットは以下の2点です。
・ボールが見やすい
・バットを振る時に体を開くことを防げる。


オープンスタンスのデメリットは以下の2点になります。
・バットスイングの動作が大きくなることから振り始めるのが遅くなってしまう
・外角のボールはバットが届き難い

②クローズドスタンス

飛距離を出せる!クローズドスタンスの長所と短所

クローズドスタンスとは、キャッチャー側の足を一歩後ろにずらすスタンスです。クローズドスタンスのメリットは、最初からバットスイングの動作に入っているので飛距離が出やすいことです。

クローズドスタンスのデメリットは以下の2点になります。
・ボールが見え難い
・内角のボールは振り難い

スクエアスタンスのメリットとデメリット

スクエアスタンスのメリットは、大きな癖がなく、スイングの動作が小さくできるため、ボールへの対応力が高いことです。

スクエアスタンスのメリット

 (110731)

スクエアスタンスのメリットは、一番基本となるスタンスで大きな癖がなく、一番使用している選手が多いバッティングスタンスです。
スクエアスタンスは、バットの振り出しを早くすることができるため、内角のボールと外角のボール、どちらのボールにも対応がしやすいです。

このスクエアスタンスの対応力は、ツーストライクと追い込まれた時や三振をしたくない場面で使用することができます。

スクエアスタンスのデメリット

スクエアスタンスのデメリットはありません。あえてスクエアスタンのデメリットをあげるならば、一番基本的なスタンスであるため個性が出にくいことです。

スクエアスタンスが初心者にはおすすめ

 (110732)

バッティングの初心者におすすめするスタンスは、間違いなくスクエアスタンスです。

オープンスタンスやクローズドスタンスで打ちたい時は、ボールを打つ技術が上がってから変更することをおすすめします。

オープンスタンスとクローズドスタンスはメリットとデメリットが大きいスタンスとなるため、初心者の方はスクエアスタンスでしっかりと練習して基本を身につけることをおすすめします。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kiyotsuka0616 kiyotsuka0616