2019年10月31日 更新

カウンターアタックとは?サッカーでの戦術的有効性について考える

サッカーのカウンターアタックとは守備をしているチームがボールを奪った瞬間に速攻に移り、相手のゴールまで迫る攻撃戦術を意味します。カウンターアタックは上位の相手チームと戦う時や、失点のリスクを減らして攻撃したい、または相手の守備陣形を崩す手間なく攻めることができるという戦術的有効性があります。

  
30 view お気に入り 0

カウンターアタックとは?

ボールを奪った後仕掛ける速攻

カウンターアタックとは元々は軍事作戦の用語として使われており、ボクシングでもカウンターアタックという言葉をよく聞いたことはあるかと思います。ボクシング含めスポーツにおいては、カウンターアタックは反撃や速攻の意味で使われています。

サッカーでは、守備をしているチームがボールを奪った瞬間に素早く速攻に移り、相手のゴールまで迫っていくプレーをカウンターアタックと言います。カウンターアタックによる戦術は一昔前によく用いられていましたが、現代サッカーにおいても再脚光を浴びており戦術としても重要視されています。

カウンターアタックには2種類ある

 (88605)

サッカーのカウンターアタックには、通常のカウンターアタックとショートカウンターアタックの2種類があります。
通常のカウンターアタックとは?
相手を自陣に引き込んで守備のラインを作り、そこからボールを奪って速攻を仕掛けるスタイルです。
ショートカウンターとは?
前線からプレッシングをかけてボールを奪ってカウンターを仕掛けたり、ミドルサードで守備のラインを形成して相手のビルドアップをかっさらって攻撃を仕掛けるスタイルです。ゲーゲンプレッシングで有名なクロップ監督の用いる戦術としても有名で、今では日本でも多くのチームが戦術として用いています。

カウンターアタックの戦術的有効性

上位チームと対戦する際の戦術として効果的

 (88625)

カウンターアタックの戦術的有効性は、上位チームつまり実力的に上のチームと対戦するときに使用すると効果をより発揮することができます。

具体的な戦術としては、上位チームと対戦するときは、失点をしないように守備を固めて自陣に閉じこもり、相手にボールを保持させて一定の位置にボールを運んだときに奪いに行くことです。

ボールを奪った際には相手は前がかりになっており、相手ディフェンス裏のスペースを狙ったり、3人対2人の状態をつくって攻めることができます。これがカウンターの戦術の効果であり、カウンターを使用する理由でもあります。

相手を崩す必要なく効率的に短時間で得点できる

カウンターアタックは、レアル・マドリードやトットナムという各リーグの強豪チームも戦術として使用していて、その理由は相手を崩すことなく効率的に得点を取ることができるからです。

サッカーの攻撃の目的は得点を取ることであり、現代のサッカーはボールを保持しながら相手の守備ラインを突破していくよりも、相手の守備が整う前に攻撃を仕掛けていくスタイルが主流となってきています。何故ならば整っている相手を崩すというのは非常に難しく、そこに意味=得点の機会を見出せなくなっているからです。

カウンターアタックを使うことで、相手のディフェンスが整う前に攻撃を仕掛けることができるため、相手の守備陣形が出来上がっているところを崩す必要がなくなるため、戦術的にも効率的に得点できる方法と考えられています。

ミスによる失点を減らして攻撃できる

サッカーで失点をするパターンはコーナーなどのセットプレーや、ビルドアップしているときや崩しにかかったときに奪われてカウンターアタックを受けるときです。言い換えると、得点をできるのはその2つのパターンがほとんどで、相手を崩し切って得点するという確率はデータからも低いとされています。

つまり、失点する確率はボールを保持しているときの方が高くなってしまうということであり、カウンターアタックの戦術を用いていれば、相手にボールを握らせるため自分たちがビルドアップでミスをして失点するというリスク自体をなくすことができます。
①カウンターを意識すると自チームの守備陣系がしっかりとれる。
 =ビルドアップなどでミスして失点するリスクがなくなる

②カウンターが取れると相手の陣形が崩れた状態で攻撃できる。
 =得点する機会がアップする

カウンターアタックを戦術として使うための条件とは?

前線にスピードのある選手がいる

Sadio Mané fanpage🔥 on Instagram: “It’s Matchday v Arsenal!! Today it’s the Carabao Cup, so I doubt there will be a start for Mané! Correct score predictions win a shoutout!!…” (88612)

カウンターアタックをチームの戦術として使用するときに必要となるのが、前線にスピードのある選手を置くことです。

なぜならばカウンターアタックはスピードが命であり、ディフェンスラインの裏へ抜け出せる選手や相手との1vs1で切り抜けることのできる選手がいた方がより得点の機会が増やすことができるからです。

スピードのある選手がいないと相手にボールを先に触られて回収されてしまい、また守備の時間がやってくるという非常にメンタル的にも重い試合展開になってしまいますので、この場合は他の戦術を用いることをお勧めします。

前線の選手の攻守の切り替え

 (88617)

カウンターアタックを戦術として用いるためには、フォワードやウイングの前線の選手がいつ、どのような準備をするかということを理解しておかなければいけません。

味方が自陣で守備をしている時、フォワードの選手は守備をせず、カウンターに対して攻撃をするイメージを持っておかなければいけません。フォワードの選手は、常にボールサイドの高い位置にポジショニングし、クリアしたボールやボールを奪ったときのターゲットとなるようにします。ウイングの選手は守備に参加するものの、ボールと逆サイドのウイングの選手は攻撃に備えておきます。

これがカウンター時における攻守の切り替えであり、守備時にすでに前線の選手は攻撃へと切り替えているということです。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。
nosedori | 4,466 view
ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

サッカーのループシュートが上達するための蹴り方やコツを、ループシュートの名手の動画と共にお伝えします。高い軌道の弧を描きキーパーのタイミングを完全に外しながら相手ゴールに吸い込まれる、サッカーにおける芸術とまで称されるループシュートを是非練習してみてください。
KR | 2,060 view
かっこいいバスケットボールのおすすめ人気ランキングTOP15

かっこいいバスケットボールのおすすめ人気ランキングTOP15

バスケットボールをするのに必要不可欠なバスケットボールですが、そろそろマイボールが欲しいという方も多いかと思います。しかし実際に選ぶとなるとどのようなバスケットボールを選べば良いのか迷ってしまいます。サイズや 素材について詳しく解説し、おすすめのアイテムを紹介します。
masamiohdaira9 | 541 view
宇宙開発とは?サッカーで使われる用語の意味や使い方を解説

宇宙開発とは?サッカーで使われる用語の意味や使い方を解説

数あるサッカー用語の中で、宇宙開発という用語があるのをご存知でしょうか。宇宙開発と聞いて、サッカーをイメージする方は少ないはずです。しかしサッカー経験者の間では、試合を見ている中でたまに用いられています。そんな宇宙開発という用語の意味や語源、使い方を解説していきます。
masamiohdaira9 | 90 view
フットサルのコートサイズとは?気になるゴールの大きさとは?

フットサルのコートサイズとは?気になるゴールの大きさとは?

フットサルのコートは国際試合のコートサイズ規定があり、それは日本に存在している多くのフットサルコートのサイズとは異なりがあります。また、フットサルのゴールのサイズについてもサッカーとの比較などを通じてよりイメージしやすいように紹介します。
nosedori | 420 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nosedori nosedori