2019年3月26日 更新

ダイアゴナルランとは?いまさら聞けないサッカー用語を解説

サッカーのダイアゴナルランとは、FWやウイングの選手が斜めに走り抜けて味方のパスを受けるプレーを意味します。その動き方には相手ディフェンスの背中を取る動きと手前を駆け抜ける動きに大別され、ダイアゴナルランを成功させるにはいつ走り抜けるかというタイミングが大切です。

  
51 view お気に入り 0

ダイアゴナルランとは?

Andou Asami on Instagram: “#川崎 #川崎フロンターレ #kawasaki #frontale #斎藤学 #知念慶 #天皇杯 #スルーパス #縦パス” (74197)

斜めへと走り抜ける動き

サッカーの現場において、ダイアゴナルランという言葉はしばし使われるワードです。ダイアゴナルとは日本語で斜めを意味し、ランは日本語の走るが加えられた言葉であり、つまり直訳するとダイアゴナルランとは斜めへ走るという意味があります。

サッカー用語のダイアゴナルランとは、ただ斜めに走るだけではなく、走り抜けていく動きを示し、またダイアゴナルランを行うタイミングやポジション特性、目的などが存在する動きの技術の一つと考えられています。

相手のラインを突破するために用いる

サッカーの試合において、ディフェンスラインの裏でボールを受けるという動きは非常に大切であり、何故ならば、そこでボールを受けることはゴールへと直結することにつながるからです。

その抜け出す動きの1つとしてダイアゴナルランは非常に効果的であり、斜めに走ってパスを受ける動きを行うため、ディフェンスの選手からすると突然目の前に現れたり、予期していなかったところからFWが現れるためマークをつくのが困難になります。そのようにしてダイアゴナルランを用いてディフェンスラインを突破することで、ゴールを奪う確率を高めることができます。

ウイングやFWの選手が用いることが多い

サッカーのダイアゴナルランを頻繁に用いるポジションはウイングやFWの選手で、ダイアゴナルランを用いて相手の裏を取りゴールに近づきます。

ウイングの選手であれば外にポジショニングを取り、逆サイドのトップ下の選手から斜めのパスに対してダイアゴナルランでスペースへ抜け出すという動きを用いることが多くあります。
FWの選手であれば、ウイングやサイドバックがボールを持った際にダイアゴナルランを用いてスペースへと動き出し、マークを外してボールを受けるという動きを行います。このように、ダイアゴナルランを用いてディフェンスの裏をとる個人戦術がウイングやFWには必要です。

ダイアゴナルランの動きの種類

相手ディフェンスの背中を取る

 (74203)

サッカーのダイアゴナルランは相手ディフェンスの背中を取る動きと、前を横切る動きの2つの種類に分けることができます。

まずディフェンスの背中を取る動きとは、味方がボールを持った瞬間に自分のマーカーの視野外に消える動きを入れて、そこから味方が顔を上げて出せる準備が整った時に、ディフェンスの背中を通り抜けて斜めに走ります。相手の背中を取ることによって、ディフェンス選手にとっては突然現れたかのように見え対応が遅れることになるため、その結果フリーでボールを受けてシュートへと繋げることができます

ただし、デメリットとしてはタイミングが非常に難しいという点で、ベストなタイミングで出られなければオフサイドになったりディフェンスにカットされてしまいます。

相手ディフェンスの前を横切る

 (74204)

サッカーのダイアゴナルランでディフェンスの前を横切る動きとは、味方がボールを持った瞬間にディフェンスの視野外に待機します。そこから味方が顔を上げて出せる準備ができた瞬間に、ディフェンスの前を通り抜けて斜めに走ります。

この動きによって、ディフェンスの前に入ってボールよりゴールに直線的に受けることができるとともに、受けられなかったとしてもディフェンスを引きつけることができ、味方選手にスペースを与えることができます

しかしデメリットとしてはタイミングが測りやすいものの、ディフェンスに掴まれやすいという点で、最初にディフェンスの視野から消えることができなければ簡単にパスカットされてしまいます。

ダイアゴナルランを使う効果的な場面

ペナルティエリアに侵入する場面

 (74319)

サッカーの試合でダイアゴナルランを用いる効果的な場面として、ペナルティエリアに侵入するシーンがあります。ペナルティエリアへ侵入できるかどうかは、ゴールを決める確率を上げるうえで非常に重要な要素であり、ダイアゴナルランでの侵入はその一つの方法です。

具体的な方法とは、ペナルティエリアから10mほど離れた位置で味方がボールを持った際に、2列目からダイアゴナルランを仕掛けてディフェンスの後ろへと飛び出す、もしくは前を横切ります。ペナルティエリアへの侵入のため、一瞬ディフェンスを外すことで侵入からシュートへと繋げることができます。この動きは特にボールサイドから遠いウイングの選手行うと、ディフェンスにつかまらずにフリーでもらえることが多くなります。

相手陣地でディフェンスラインの背後を取る場面

 (74320)

サッカーの試合でダイアゴナルランを使う効果的な場面として、敵陣地でディフェンスラインの背後を取るシーンがあります。

具体的には、ディフェンスのラインがペナルティエリアとセンターラインの中間程度に位置している時に、ボールサイドとは逆のFWやウイングの選手がダイアゴナルランを仕掛けます。この動きを行うことによって、スペースへフリーで侵入することができ、ゴールへと前進することができます。この際に注意しなければいけないことは、ディフェンスの目線を見るということで、目線がボールを向いている時に走り出すようにします。それによってディフェンスに予測されることなくボールを受けることができます。

自陣からロングキックで相手サイドの裏を取る場面

 (74321)

サッカーの試合でダイアゴナルランを仕掛ける効果的な場面として、自陣からロングキックを相手サイドディフェンスの裏で受ける動きがあります。

具体的には、自陣でサイドバックやセンターバックがピッチサイドでボールを保持している時に、センターフォワードの選手がピッチ中央からサイドの裏へとダイアゴナルランを仕掛け、ボールを受けて抜け出していきます。この動きを行うことによって、オフサイドにかからずになおかつ、タイミングを合わせて裏に抜け出すことができ、相手コートへと侵入することができます。しかし、常にこの動きを行うのではなく裏にスペースがある時に行うべき動きであり、試合で使う際は足元で受ける時と抜け出す時の使い分けをする必要があります。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nosedori nosedori