2018年8月27日 更新

テニスのバックハンドが安定する打ち方のコツとは?【両手打ち編】

テニスのストロークで、両手バックハンドが安定しないという悩みを持った方は非常に多いですがコツを知ることで最も安定するショットへと生まれ変わります。苦手意識が強いバックハンドをテニスの試合で自信をもって安定させるための打ち方のコツと矯正法をご紹介していきます。

  
1,625 view お気に入り 0

硬式テニスのバックハンドとは

 (53112)

テニスでは、左右どちらにも対応できるようにフォアハンドとバックハンドの2通りの打ち方があり、バックハンドにはさらに両手バックハンドと片手バックハンドの2種類の打ち方があります。
現代では、両手バックハンドが主流となっていますが、テニス初心者にとっては苦手意識の強いショットでもあります。その原因は圧倒的な経験不足と安定しない理由があるからです。ダブルバックハンドが得意なショットになるためのコツやスイング矯正法をお伝えしていきます。

テニスの両手バックハンドが安定しない2つの理由

硬式テニスにおいて、両手バックハンドストロークが安定しない理由は大きく3つに分類されます。

①方向が定まらない
②ボールが飛ばない
③打点が安定しない


これら3つの原因は手打ちスイングスタンスの取り方の2点となります。これらの原因を知ることによって、修正箇所が明確になり上達スピードが上がっていきます。硬式テニスのダブルバックハンドで陥りやすい代表的な3つの安定しない原因について、説明していきます。

手打ちスイング

 (53113)

硬式テニスにおいて、両手バックハンドが安定しない理由の1つ目は、腕でボールを打とうとしてしまうことです。その原因は以下の通りとなります。

原因
両腕の力配分が均等になる腕の形をしていない
原因の原因
どちらか一方の手に力が入っている
原因の原因の原因
グリップを握りすぎてしまう

ダブルハンドが手打ちになってしまう原因で最も多いのが上の手に力が入りすぎてしまい、面が打球方向を向かずに面がかぶさってしまうことです。上の手に力が入ってしまう原因はダブルハンドの打点時の腕の形が崩れてしまうことにあり、その原因がグリップを握る行為にあるのです。

スタンスの取り方

 (53114)

硬式テニスにおいて、両手バックハンドが安定しない理由の2つ目は、スタンスの取り方が違うために体の回転を使って打球できないことです。その原因は以下の通りとなります。

原因
踏み込み足が打球方向ではなく、踏みこみすぎてしまう
原因の原因
ターンからテークバック時に、腕でラケットを引いてしまう

踏み込み足がクロスに踏み込んでしまう方は、体が回らず手打ちスイングになってしまいます。踏み込み足が打球方向へ踏み出せない原因はテークバック時にラケットを後ろに引いてしまい、後ろ重心になってしまうことで、多くの方が陥りやすいものでもあります。これらの原因を改善するためのコツをお伝えしていきます。

テニスの両手バックハンドを安定させるための3つのコツ

硬式テニスのバックハンドストロークを安定させるためには、3つのコツがあります。

・正しい握り方と握り具合
・腕の形が崩れない力配分と打点時の腕の形の理解
・体の回転を使いスイングをするためのスタンス


実は、硬式テニスにおいて両手バックハンドは、最も安定するショットの1つです。その理由は、リーチの長さに制限があるため打点が常に一定になるからです。まずは正しい腕の形と打点の位置、体の回転を使うためのスタンスを習得することが、両手バックハンドで安定した打点を作るコツとなりますので詳しく解説していきます。
※以下、右利きを想定して解説していきます。

コツ①握り方と腕の力配分

 (53115)

硬式テニスの両手バックハンドを安定させる1つ目のコツは、ラケットを握る力具合です。そのためには2つのコツ握り方力配分を習得する必要があります。

ダブルハンドの握り方
1.右手は包丁持ち
2.左手はラケット面に手のひらを合わせそのままグリップまで下す
3.両手をくっつける(図参照)


力配分の考え方
両手でフォアハンドの握り具合を表現します。フォアハンドの握り具合を基準とし、仮に100という値とします。
〇 50+50=100
× 100+100=200

フォアと同様の握り具合で両手で握ると倍の力がかかりますので、各手の握り具合をフォアの2分の1程度の握り具合にして握るようにしましょう。

コツ②正しい打点の位置

 (53116)

硬式テニスの両手バックハンドを安定させる2つ目のコツは、打点の位置と打点時の腕の形を習得することです。以下の3つのコツを意識して打点を作りましょう。

①高さは腰の高さ
②体の向きは半身横向き、又は正面向き
③肩・肩・グリップで二等辺三角形を作る(図参照)


硬式テニスでは、打点時にラケット面が打ちたい方向へ向いていることが方向を安定させる最大のコツとなり、両手バックハンドの場合では両腕で作られた二等辺三角形をキープすることがラケット面安定に繋がります。どちらか一方の肘が曲がってしまいますと、面の向きが変わってしまいますのでご注意ください。

コツ③体の回転のためのスタンス

 (53117)

硬式テニスの両手バックハンドを安定させる3つ目のコツは、スタンスの取り方です。両手バックハンドでは腕の自由がきかないため体の回転を使用しないとボールは飛んでくれません。
図のように踏み込んだ足がクロスになってしまいますと、足が邪魔をして体の回転をすることができず腕でボールを飛ばそうとしてしまいます。腕でボールを飛ばそうとすれば面の向きが変わり、ボールが安定して打ちたい方向に飛んでくれません。踏み込み足の本来の目的は方向付けの足となりますので、打ちたい方向に踏み込むようにしましょう。

テニスの両手バックハンドが安定する打ち方の4つのコツ

 (53118)

これまでお伝えしてきた硬式テニスの両手バックハンドのコツをおさえつつ、打ち方のコツの詳細をスイングの段階に沿って4つに分けてお伝えしていきます。

①構え~テークバック
②テークバック~打点
③打点~振り上げ
④振り上げ~フィニッシュ


硬式テニスのストロークの打ち方のそれぞれの項目には安定させるためのポイントがあり、これらをバックハンドの一連の動作に落とし込むことで安定したショットを習得することが可能となりますので、詳しく解説してきます。
71 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ