2018年5月6日 更新

バドミントンダブルス!サーブとレシーブのコツとは?【初心者OK】

バドミントンダブルスにおいて重要な役割を果たすサーブとレシーブ。ダブルスならではの打ち方や考え方、そのコツについてご紹介します。初心者の方はこれを押さえてほしいというポイントもご紹介しますよ。

  
11,821 view お気に入り 0

バドミントンダブルスのサーブ

シングルスのサーブとの違い

 (14392)

バドミントンのダブルスでは、シングルスのサーブと基本同様のルールですが、サーバーから見て対角線上のコートにいるレシーバーに対してサービスする点などが少しシングルスのサーブとは異なります。

ラリーを制した者が次のサーバー

Instagram (14335)

バドミントンダブルスのサーブはラリー勝ちしたプレイヤーが次のサーブ権を得ます。連続してサーブ権を得た時は、同じプレイヤーが左右交互に場所を移動してサービスします。
つまり、ダブルスのサーブ練習においては、左右いずれからも的確に相手が打ちづらいサーブができるよう、精度を上げておくことが必要です。

ラリーの失敗率が下がる=サーブの重要度が上がる

バドミントンのダブルスは、プレイヤーが各コート一人ずつ増える分、ラリーでシャトルを落とす可能性が理論上は下がります。
故に、シングルスと比較してより素早いラリーや戦略が必要になるのが、バドミントンダブルスの醍醐味です。
この試合を制するには、はじめのサーブでいかに相手のタイミングや体制を崩すかが重要になってきます。
また、ダブルスのレシーブ側はいかに崩れずに相手に打ち返せるかが大切です。

バドミントンダブルスは、相手との手の読みあいが勝負の駆け引きになるということです。

バドミントンダブルスのサーブの打ち方

ショートサーブの打ち方

バドミントン ダブルス 浮かないサーブのコツ

バドミントンダブルスのショートサーブは基本的にバックハンドサービスになります。
打ち方としては、肘の位置を肩から見て下げ過ぎないよう注意することがコツです。
バドミントン初心者の方はサービスを入れようと考えるあまり、力を入れようと肩や肘がブレてしまいます。
ここで、肩・肘を意識して動かさないようにし、シャトルをそのままコート先に押し出すようなイメージを持って打つのがコツです。

ロングサーブの打ち方

藤本ホセマリ“目からウロコ”シニア・バドミントン講座 第3回ダブルスのサービス①

バドミントンのダブルスでは、サービスの姿勢がショートサーブとロングサーブでできる限り「違いが判らない」ほうが勝率が上がります。
ですので、フォルムについてはショートサーブで説明した点を意識しながら、ロングサーブも練習していきましょう。
違いはシャトルの打点に対して「弾く」ようなイメージを持つことです。

言葉の違いでは難しいかもしれませんが、ショートサーブは「押し出す」、ロングサーブは「弾く」と覚えましょう。

ダブルスのサーブで狙いたいポイント

サーブポイントの精度を上げる

 (14347)

図のオレンジ色の部分がサービスを入れたいゾーンだったと仮定して説明します。
バドミントンのダブルスでは、ショートサーブの場合赤色のポイント、ロングサーブの場合水色のポイントを狙うと相手は比較的反応しづらいでしょう。

いずれもサービスラインぎりぎりの場所に持っていければいけるほど、精度が高まります。
相手のレシーバーがどこに陣取っているかも加味する必要があるので一概には言えませんが、タイミングを崩せる位置を把握していきましょう。

サーブの種類による打ち方のコツ

思った場所に正確なサーブを入れるのは、バドミントン初心者の方にとって至難の業だと思います。
図に書いてあるような位置を意識しすぎると、ラインからアウトしてしまう可能性も高くなります。
バドミントン初心者の方は、とりあえずサーブを入れることを大前提として、下記の2つのみ気にしましょう。

ショートサーブの場合、できる限り「浮かない」ように意識してください。
サーブが「浮く」という表現はバドミントンプレイヤーの方がよく使うものですが、レシーブがしやすく、次の一手で相手に大きなチャンスを与えることになってしまいます。
ふんわりと浮く打球にならないよう意識しましょう。

また、ロングサーブは相手の頭上を通るよう意識してください。
一番打ちづらい軌道は、頭を越えていくものです。
バドミントン初心者の方は、イメージトレーニングだけでも良いので意識してみると変わるでしょう。

ダブルスのレシーブの打ち方

ダブルスレシーブの考え方

舛田圭太流 勝利への視点 第2回ダブルスの守備【レシーブ】

57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンサーブの打ち方!ロングサーブとショートサーブ

バドミントンサーブの打ち方!ロングサーブとショートサーブ

バドミントンサーブにはロングサーブとショートサーブの2種類のサーブがあります!バドミントンサーブ(ロングサーブとショートサーブ)について打ち方、種類、初心者へのおすすめ方法ややり方を徹底的に分析しご説明していきたいと思います!!
moriko48 | 12,327 view
テニスのスライスの打ち方と返し方とは?【テニスコーチ監修ガイド】

テニスのスライスの打ち方と返し方とは?【テニスコーチ監修ガイド】

テニスの試合ではスライスを使用することによって様々な利点があります。守備的なスライス、攻撃的なスライスなどを使い分けることでプレーの幅が広がってきます。ぜひとも覚えたいスライスショットの原理や考え方、打ち方やテニスの試合の状況に応じた返し方を解説していきます。
SKコーチ | 4,081 view
テニスのサーブを徹底解説!3種類の基本的な打ち方とフォームとは?【テニスコーチ監修】

テニスのサーブを徹底解説!3種類の基本的な打ち方とフォームとは?【テニスコーチ監修】

テニスのサーブには、フラット、スライス、スピンと3種類のサーブがあります。テニスの3種類のサーブを打ち分けることで、テニスの試合でサーブが武器となり、優位に試合を進めることができます。そんな3種類のサーブの打ち方やフォーム、コツを徹底解析します。
SKコーチ | 3,932 view
卓球サーブの打ち方!回転系サーブ5種類を徹底解説!【初心者ガイド】

卓球サーブの打ち方!回転系サーブ5種類を徹底解説!【初心者ガイド】

攻撃の第1球とも言われる卓球のサーブの打ち方、そしてやり方はとても大事です。これが習得できているか、いないかの違いで卓球の試合で勝つ確率が大幅に変わってくるからです。しっかりと卓球のサーブの打ち方とやり方を習得して、卓球の技術を上げていきましょう。
MOSK | 60,646 view
バドミントンダブルスの攻め方とフォーメーションの解説!

バドミントンダブルスの攻め方とフォーメーションの解説!

バドミントンダブルスでは、攻め方が勝利のカギを握ります。ダブルスではどのような攻め方や動きがあるのでしょうか。初心者の方にもわかりやすく、バドミントンダブルスの攻め方についてご紹介します。戦術の考え方や、攻め方のベースになるフォーメーションについてもご紹介します。
yuki | 20,801 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuki yuki