2018年12月31日 更新

バドミントンダブルス!サーブとレシーブのコツとは?【初心者ガイド】

バドミントンダブルスにおいて重要な役割を果たすサーブとレシーブ。ダブルスならではの打ち方や考え方、そのコツについてご紹介します。初心者の方はこれを押さえてほしいというポイントもご紹介しますよ。

  
20,412 view お気に入り 0
バドミントンのダブルスでは、繰り返しますが心理の読みあいが大変重要です。バドミントンのダブルスを制するプレイヤーは、身体だけではなく精神面や頭脳面も駆使して勝ち残っています。

サーブとレシーブの応酬は、その心理戦において先攻・後攻の奪い合いをしているようなものです。当然、バドミントンのように試合の流れが速いスポーツにおいては一手でも速く勝負手をかけられたほうが良いです。

とにかく相手の裏をかきましょう。目線、体の動き、ラケットのさばきなどを観察する癖をつけてください。

バドミントンサーブ・レシーブのポイント②

サーブは正確に、種類を見分けづらく

バドミントンダブルスの実戦におけるサーブは、基本的にはショートサーブ、裏をつくためのロングサーブと考えておきましょう。そのいずれも、できる限り同じ姿勢から正確に使い分けられるようにしておくと効果的です。

サーブで狙うゾーンは、バドミントン初心者の方ならばまずは入ることを意識すれば良いですが、より効果的なサーブにしたいのであれば、ライン際の取りづらいポイントを確実に落としましょう。

バドミントンサーブ・レシーブのポイント③

レシーブは素早いフットワークと隙をつく一撃を

レシーブは、サーブの手を正確に読み、かつサーブを打ち返せるポイントに自分の体を持っていく必要があります。
バドミントンダブルスのレシーブについてフットワークは非常に重要で、かなり広い範囲を守備する必要があると考えておきましょう。
また、レシーブは相手の隙をついて「攻撃手」を取らせないことがポイントです。
57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テニスのサーブを徹底解説!3種類の基本的な打ち方とフォームとは?【テニスコーチ監修】

テニスのサーブを徹底解説!3種類の基本的な打ち方とフォームとは?【テニスコーチ監修】

テニスのサーブには、フラット、スライス、スピンと3種類のサーブがあります。テニスの3種類のサーブを打ち分けることで、テニスの試合でサーブが武器となり、優位に試合を進めることができます。そんな3種類のサーブの打ち方やフォーム、コツを徹底解析します。
SKコーチ | 9,298 view
バドミントンサーブの打ち方!ロングサーブとショートサーブ

バドミントンサーブの打ち方!ロングサーブとショートサーブ

バドミントンサーブにはロングサーブとショートサーブの2種類のサーブがあります!バドミントンサーブ(ロングサーブとショートサーブ)について打ち方、種類、初心者へのおすすめ方法ややり方を徹底的に分析しご説明していきたいと思います!!
moriko48 | 21,461 view
バドミントンルール!正しいサーブのやり方とは?

バドミントンルール!正しいサーブのやり方とは?

バドミントンのルールと、正しいサーブの打ち方や反則(フォルト)には何が含まれているのかを解説していきます。 バドミントンを楽しくプレイしていくうえで必須となる知識なので、しっかりと押さえておきましょう。
yuki | 67,438 view
バレーボールのサーブの打ち方のコツ!種類と合わせて徹底解説

バレーボールのサーブの打ち方のコツ!種類と合わせて徹底解説

バレーボールはサーブに始まり、サーブに終わると言っても過言ではありません。相手コートに確実に入れるのは基本。いかにしてレシーブからスパイクまでの流れを崩せるサーブを打てるかが、上級バレーボーラーとなる境目となります。ここではとにかく確実に「入れる」ための基本的なサーブの種類、そして相手の攻撃を崩す上級向けサーブの種類と打ち方を解説します。
activeldirector01 | 106 view
ホームランの打ち方を徹底解説!大事な6つのコツをおさえよう

ホームランの打ち方を徹底解説!大事な6つのコツをおさえよう

ホームランを打ちたいと考えている人へ伝えたいことは・・・ホームランを打つためにはコツがあるということです。 構えからスイングに続けバットの力の抜き方など6つのコツを解説します。1つ1つ確認して、ホームランを打てるようになりましょう。
Act | 127 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuki yuki
【RIZAP KIDS】 })();