2019年4月13日 更新

ドアスイングとは?間違ったスイングではバッティングは伸びない!

野球のドアスイングとはどのような打ち方なのでしょうか。ドアスイングになるとバットの芯に当たらないケースが増え、思うようなバッティングができなくなります。ドアスイングになってしまう原因と直し方、そしてバッティングを上達させる方法を詳しく解説します。

  
26,936 view お気に入り 0
ドアスイングを矯正しても、ステップ時の体重移動をうまく行わないとバットに十分な力が伝わらず、腰の回転を利用しなければ手打ちになってしまうため、軸足にしっかりと体重を乗せてタメを作り、腰の回転を利用したバットスイングをするのがポイントです。

特に腰の回転は下半身主動で行い、ステップした際に後ろの腰が押されて身体が回転するというイメージで、下半身が回転した後に上半身が回転して、最後にバットが出てくる、というバッティングの流れにすることが重要になります。

インサイドアウトのバットスイングを固める

 (42964)

インサイドアウトとは、脇を閉めてバットを最短距離で出し、フォロースルーは肘を曲げずに腕を伸ばして大きくするバットスイングのことで、ドアスイングとは逆のスイング軌道になります。
腰を回転させればバットは自然と出てくるため、バットを振ることよりもバットのグリップを前に出すことを意識するのがポイントです。

インサイドアウトのスイングができれば、ボールを長く見ることができるので、バットにボールが当たらないというケースが減り、バットのヘッドが遅れて出るため、バットがしなるような力強いスイングができるようになります。

ドアスイングの矯正が打率アップの近道

 (43177)

ボールをミートするのが難しくバットの芯に当たらないスイング、ボールが当たってもバットに力が伝わりにくく打球が飛ばないスイング、というのはバッティングにおいて致命的で、それがバットのヘッドが遠回りして無駄な動きが多いドアスイングなのです。

ドアスイングを矯正してバットスイング時の身体の使い方を覚えることができれば、理想的なバッティング内容が増え打率アップの近道になるため、前述したドアスイングの直し方やバッティングを上達させる方法を参考にしてみてください。
57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8
【RIZAP KIDS】 })();