2019年11月2日 更新

ラバージグのトレーラーは何がおすすめ?釣れる付け方と釣り方を解説!

ラバージグのトレーラーにはそれぞれの釣り方に合わせてグラブ系、シャッド系、クロー系の3種類が使われます。付ける際はワームの動きを妨げないように綺麗に取り付けることも釣果アップのポイントです。ここではそんなバス釣り用のラバージグのトレーラーについておすすめのアイテムや釣り方を解説していきます。

  
30 view お気に入り 0

ラバージグのトレーラーとは?

 (87712)

ラバージグはスカートが取り付けられたバス釣り用のジグヘッド。通常のジグヘッドと同じくワームをトレーラーとして取り付けることがほとんどで、釣り方や使い方に合わせて様々なトレーラーが使われます。ラバージグを購入した方は必ず一緒に使うトレーラーワームを用意しましょう。

ラバージグのトレーラーの種類

ラバージグに使われるトレーラーには様々な種類のワームが使われます。ここではそんなジグトレーラーワームの中から定番の種類を紹介します。自分が使うシチュエーションに合わせたトレーラー選びの参考にしてください。

グラブ系ワーム

 (87713)

バス釣りで人気のグラブ系ワーム。様々なサイズとカラーのアイテムが販売されており、応用力の高いトレーラーワームです。フォールでのアプローチからスイミングまで使い方を選びにくいため、はじめてラバージグを使う方にまずおすすめしたいトレーラーワームです。

シャッド系ワーム

 (87714)

バスが捕食するベイトフィッシュなどをイミテートしたシャッド系ワーム。ラバージグのトレーラーとして使用する際はスイミングアクションでアプローチするスコーンリグが定番です。ワームの特徴を活かしたスイミングアクションは広範囲を素早く探りたいシチュエーションにもおすすめです。

クロー系ワーム

 (87715)

小魚と同じくバスが好むとされているベイトの一つである甲殻類をイミテートしたクロー系ワーム。ラバージグの中ではウエイトの軽いスモラバのトレーラーとして使われることが多く、カバー撃ちやボトムでの釣りに適したトレーラーワームです。

ラバージグのおすすめトレーラー5選

ラバージグのトレーラーワームは専用ワームを含めて様々なアイテムが販売されています。ここではそんなラバージグのトレーラーとしておすすめのワームを現役釣りライターが5つに厳選して紹介します。それぞれのトレーラーワームを悩んでいる方はこちらを参考にしましょう。

ゲーリーヤマモト シングルテールグラブ

 (87651)

メーカー ゲーリーヤマモト
サイズ 4インチ
入り数 10本
ゲーリーヤマモトから販売されているグラブ系ワーム。高比重のゲーリーマテリアルの恩恵で4インチながら非常に素早いフォールアクションを演出できます。通常のグラブ系トレーラーとしてはもちろん、テールをカットすることでイモ系ワームとしてカバー打ちなどにも応用できます。

ケイテック スイングインパクト

 (87657)

メーカー ケイテック
サイズ 3.8インチ
入り数 6本
60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

activeldirector01 activeldirector01