2019年3月13日 更新

センタリングとは?サッカー用語の意味を解説

数あるサッカー用語の中にセンタリングがありますが、このセンタリングとはどのようなものなのでしょうか?名前は聞いたことがあるという方はたくさんいるかもしれませんが、詳しいセンタリングの種類までは知らない方は多いはずです。今回はセンタリングを詳しく解説していきます。

  
104 view お気に入り 0

センタリングとは何か?

【サッカー】クロスプレーからの華麗なゴール集【凄技】

サッカーにおけるセンタリングとは、サイドからペナルティエリア内にいる味方選手へのパスを意味します。英語でcenteringと書き、アーチを作るときに組む木造の仮枠を意味します。サッカーでは主にオーバーラップしたサイドバックやサイドハーフ、ウイングの選手が行うパスで、ゴール前にいる選手はフォワードに限らず、大柄なセンターバックの選手であれば高さがあるのでヘディングシュートを狙うには効果的とされています。

centeringに似た用語で、クロスという用語がありますが、特に違いはないとされています。そしてcenteringには、いくつかの種類があり、様々なシチュエーションで使い分けられています。

サッカーにおけるセンタリングの種類

ニアサイドへのセンタリング

 (73491)

ニアサイドとはサイドからみて手前のゴールポスト側を意味します。つまりニアサイドへのセンタリングとはサイドから手前のゴールポスト付近へのセンタリンを意味し、この際に求められるボールは低くて速い軌道のグラウンダーのボールです。

合わせる側の選手はダイビングヘッドまたは足でのボレーシュート、またはニアサイドの選手がスルーして後方の味方選手がダイレクトで合わせるといった高度な連携プレーに繋がります。

ファーサイドへのセンタリング

 (73492)

ファーサイドとはサイドからみて逆サイドに近いゴールポスト側を意味します。つまりファーサイドへのセンタリングとはサイドからみて後方のゴールポスト付近へのセンタリング意味し、この際に求められるボールは山なりのハイボールです。合わせる側の選手はヘッドで合わせてゴールを狙うことになります

センタリングを蹴る選手は、センタリングをゴールキーパーに取られないようにカーブをかけたりニアサイドの味方がおとりになったり、様々な駆け引きが必要になります。

アーリークロス

 (73493)

アーリークロスとは、サイドを完全にえぐってセンタリングするのとは違い、早い段階でディフェンスラインとゴールキーパーの間のスペースを狙うセンタリングを意味します。アーリーは英語でearlyと書き、その意味は早いという意味です。

通常のセンタリングはサイドの選手がサイドをえぐって上げますが、アーリークロスはハーフェーライン付近からペンなルティエリアに到達する前に上げることにります。ディフェンス側は、後方にボールがいくため、下がりながらの守備をせまられるため、対応が難しくなります。

コーナーキック

 (73494)

コーナーキックはディフェンス側の選手が最後に触れてゴールラインを割った際の試合再開方法で、ノンプレッシャーの状態からセンタリングをあげることができます。しかし同時に相手ディフェンスには守備陣形を整えられる時間を与えられるため、味方選手へのセンタリンには、より正確さが求められることになります。このコーナーキックの際にも、ニアサイド、ファーサイドへの蹴り分けが必要で、キッカーには判断力が求められます。

サッカーにおけるセンタリングのやり方

センタリングのやり方は、ニアサイド、ファーサイドによって違いがあります。ニアサイドの場合には正確で早いグラウンダーのセンタリングが要求されるので、インステップキックで素早いセンタリングを入れるか、インサイドで正確に素早く蹴ることが求められます。

また、ファーサイドへのセンタリングの場合にはゴールキーパーやニアサイドにいる相手ディフェンダーの頭上を越すようなボールを蹴ることが要求されるので、インフロントキックでカーブをかけると効果的です。そしてアーリークロスはニアサイドへのセンタリングとファーサイドへのセンタリングの中間的なイメージで、ディフェンスラインの頭上を越す、インステップでの速いボールが要求されます。

サッカーにおけるセンタリングの効果

サッカーにおけるセンタリングにはどのような効果があるのでしょうか。もちろんサイドを突破して中央へボールを上げてゴールチャンスを演出するという効果があります。しかしセンタリングの効果はそれだけではありません。サイドからのセンタリングを繰り返すことにより、守備ブロックを敷くチームは徐々にディフェンスが外に広がっていき、中央にスペースが生まれやすくなってきます

さらに相手のサイドバックの選手は守備に奔走するため、オーバーラックし難くなり、相手チームに良い意味でプレッシャーをかけることに繋がります。

センタリングの達人

デイビッド・ベッカム

【サッカー】フィールドの芸術家ディビッド・ベッカムの美しすぎるセンタリング集!

現役時代のデビッド・ベッカムの右足から放たれるセンタリングは芸術的で多くのゴールをアシストしてきました。ベッカムの右からのアーリークロス、右サイドをえぐったセンタリングはもはや伝家の宝刀と呼ばれ、その精度の高さは凄まじいものがありました。

クロスを上げるタイミング、キック力、精度の高さはどれをとっても世界最高クラスで今や伝説となっています。その正確なセンタリングの秘密はトラップにあります。ベッカムはセンタリングを入れるためにどこにボールをトラップしておくか、蹴りやすいところにトラップしてボールを止めて蹴るわけです。見た目は華やかな選手ですが、実は基本を大切にする努力家だったことがわかります。

デブライネ

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーのセンタリングの蹴り方とは?クロスを上げるタイミングの重要性

サッカーのセンタリングの蹴り方とは?クロスを上げるタイミングの重要性

サッカーのセンタリングには様々な種類があり状況やタイミングで使い分けられています。ではどのようにセンタリングを蹴ればいいのか、そのシーンやタイミングを詳しく解説しています。また、クロスを上げる際に何を見るべきか、プレーヤーにとっても観戦者にとっても役立つ知識を紹介しています。
nosedori | 788 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9