2019年7月20日 更新

サークルチェンジの投げ方とは?理想のフォームやボールの握り方

野球の変化球にはサークルチェンジという球種があります。サークルチェンジはチェンジアップの一種とされており、身につける事ができれば投手にとって大きな武器になるでしょう。サークルチェンジを修得できるように、投げ方や握り方などについて紹介していきます。

  
486 view お気に入り 0

抜くことを意識しすぎない

鳥羽 直樹 on Instagram: “決して後ろにはやらない…投手を助ける捕手!#高校野球 #捕手 #女房役 #ワンバウンド #ナイスキャッチ” (80893)

サークルチェンジを投げるもう1つのポイントは抜くことを意識しすぎないことです。サークルチェンジの投げ方で紹介したように、サークルチェンジはストレートと同じフォームで投球します。したがって、抜くことを意識しすぎて腕の振りが緩くなるような投げ方では意味がありません。

サークルチェンジを投げる際に抜くことを意識しすぎると、指に力が入って引っ掛けてしまいます。上手くサークルチェンジが抜け切らない時は抜くことを意識しすぎて無駄な力が入っているからでしょう。ですので、無理に抜こうとせず、力が入らないような握りや投げ方で投げことがポイントです。

サークルチェンジを投げる際の注意点

サークルチェンジのポイントについて紹介しましたが、ポイントを理解すればすぐさま投げられるようになるわけではありません。ストレートと違って変化球はその人の投げ方に合うこともあれば合わないこともあります。

サークルチェンジを投げる際にはいくつか注意しなければいけないことがあります。注意点は修得する上での心構えみたいなものです。中でも、サークルチェンジを修得するにあたって特に注意しなければけいけないことを2つ紹介します。

コントロールがつきにくい

サークルチェンジを投げる際の注意点1つ目はコントロールがつきにくいということです。サークルチェンジの持ち方はストレートのようにボールが安定するような持ち方ではありません。したがって、初めて投げる際はコントロールが安定せず、打者が反応するようなゾーンに投げるのは難しいでしょう。

ちなみに、サークルチェンジは持ち方によって抜けやすく、引っ掛けやすい変化球でもあります。中には、サークルチェンジのコントロールがつかず、修得を諦めてしまう方もいるでしょう。負担の少ない変化球だからこそ優先して覚えたい変化球ではありますが、コントロールをつけるためには根気強い努力が必要です。

ストレートあっての変化球

 (81296)

サークルチェンジを投げる際のもう1つの注意点はストレートあっての変化球ということです。変化球だからといってサークルチェンジばかり投げていては打者も目が慣れてしまいます。打者の目が慣れてしまうと、打者のタイミングを外すことは難しくなるでしょう。

打者にはまず、ストレートのスピードを意識付けさせることが重要です。ストレートを意識させた上でサークルチェンジを投げると打者はストレートと錯覚し、空振りや当てるだけのバッティングになります。つまり、サークルチェンジはストレートのスピードを意識付けることで、打者のタイミングを狂わすことができるボールです。

サークルチェンジをモノにできれば大きな武器になる

野球 スポーツ 運動選手 - Pixabayの無料写真 (80945)

野球でサークルチェンジが投げられるようになれば、大きな武器になるでしょう。しかし、サークルチェンジはコントロールが難しく、真ん中近辺に失投を投げてしまうことがあるかもしれません。ですので、投げる際はコーナーや球威で勝負するよりも、タイミングで勝負することが重要です。


現代の野球でチェンジアップ系統の球を投げる投手は数多くいます。野球で打者と緩急で勝負したい方や駆け引きで勝負したい方はサークルチェンジの修得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

水無月 水無月