2019年9月12日 更新

ジャンプシュートの打ち方の7つのコツとは?【バスケ上達ガイド】

ジャンプシュートは、いくつかあるバスケットボールのシュートの中で最も多く使う打ち方です。ここでは、そのジャンプシュートの上達を目指す上で押さえておきたいコツを紹介します。コツを掴めば調子の波を小さくすることができるはずです。安定したシューターになろう!

  
58 view お気に入り 0

バスケットボールのジャンプシュートとは

オフェンス力向上トレーナー on Instagram: “. I'm chasing perfection.  僕は完璧を追い求めているんだ。  by Kobe Bryant  コービー ブライアント  #バスケ #バスケットボール #basket #basketball #nike #kobe #bryant #kobebryant…” (82608)

ジャンプシュートの定義

バスケットボールにおけるジャンプシュートは、その名の通りジャンプして放つシュートですが、具体的には次のような要素を含みます。

・ゴールに対して正対している
・両足でフロアに対して垂直にジャンプしている
・ボールを額の上あたりにセットしている
・ジャンプの最高点でボールをリリースしている


上記の要素を含むシュートはジャンプシュートと呼ばれ、片手で打つか両手で打つかや、3ポイントシュートか2ポイントシュートかなどはジャンプシュートであるか否かに影響を及ぼしません。

また、ジャンプシュートは一般的に最もゲームでよく使われるシュート(フィールドゴール)のバリエーションです。

セットシュートやジャンピングシュートとの違い

バスケットボールには様々なシュートのバリエーションがありますが、ジャンプシュートとよく比較されるバリエーションとして、セットシュートとジャンピングシュートがあります。

セットシュートでは、ジャンプせずに両足をフロアにつけてボールをリリースします。リリースポイントに高さは出ませんが、体がぶれにくく、よりボールに力を伝えやすいのでフリースローや距離が長めのシュートに使います。

ジャンピングシュートは、ボールを最高到達点に至る前にリリースします。ジャンプする勢いが使えるので飛距離が出やすいですし、リリースタイミングがずれるので、ジャンプシュートと使い分ければ、ディフェンダーをかく乱できます

その他のシュートの打ち方

@miwa_i1002 on Instagram: “8月24日(土) 初開催、北千住にある東京電機大学校内での3人制バスケットボール3×3premiereEXE 関東北カンファレンスのお気に入りの1枚〜‼️🏀🏀🏀 ・ 山ノ内 ジャン選手、気迫が凄かった件‼️笑 ・ #3x3exe…” (84040)

バスケットボールのシュートの打ち方には、ジャンプシュートの他に次のようなものがあります。

・レイアップシュート
・ダンクシュート
・フックシュート


レイアップシュートは専ら、ドライブあるいはカットインにより走りながら、ゴールにボールを置くように放つシュートで、ジャンプシュートより確率が高いシュートです。ダンクシュートは、バスケットボールプレイヤーの誰もが憧れるボールを直接ゴールに叩き込むシュートで、当然最も高確率です。フックシュートはゴールに対し遠いほうの腕にボール乗せ、そのままつシュートでリリース時に腕が鉤(フック)のようになるシュートで、ほかのシュートより難易度が高いシュートといえます。

バスケのジャンプシュートの打ち方のコツ①

ボールをまっすぐ飛ばす

バスケットボールでジャンプシュートを打つ際に最も重要なことはまっすぐ飛ばすことです。裏を返せば、リングに対してまっすぐ飛ばない場合は、外れる可能性が高いということとなります。但し、バックボードにボードに当ててからゴールを狙うバンクシュートを行う場合は、リングに対してではなくボードの狙ったところに対してまっすぐに飛ばすということとなります。

ボールをまっすぐ飛ばすことは、自分の手よりもはるかに大きいバスケットボールをコントロールすることです。ジャンプシュートの最初のコツは、まっすぐ飛ばすことであり、これは上手くなるための最低限の条件です。

ボールをまっすぐ飛ばす練習方法

 (83893)

日本人史上2人目のNBAプレイヤーとしてコートに立った渡邊雄太選手は、少年時代にゴールがない場所で電柱に対してシュートを放ち、自分のところにきれいに跳ね返ってきたらOKという練習を繰り返していたとのことです。電柱は円柱で、ボールは球体ですので、当たる瞬間の面積はすごく小さく、まっすぐに飛ばさなくてはまっすぐに跳ね返ってきません

ジャンプシュートをまっすぐ飛ばす練習は、ゴールがなくても可能で、電柱もそうですし、壁とボールがあればできます。要は、自分自身が狙ったところにボールが当たればよいのです。より効果を上げるには、その環境の中で上手に目印を作ることと何度も繰り返せることが重要となります。

バスケのジャンプシュートの打ち方のコツ②

 (83942)

ループを高くする

バスケットボールは、ボールをゴール(リング)に通して得点を取り合うスポーツです。使用するボールは、各カテゴリで5号球、6号球、7号球が使用されますが、リングのサイズは共通です。
リングの直径 45cm
5号球の直径 22cm
6号球の直径 23.2cm
7号球の直径 24.5cm
最も大きい7号ボールでも、直径はおよそ半分くらいです。

また、リングを面でとらえた場合、真上から見た時と真横から見た時では、その面積は大きく異なりますよね。真上から見た時のほうが横から見た時よりも面積が大きくなります。従って、バスケットボールはリングに対して、より上から飛んできたほうが入りやすくなるということになり、ジャンプシュートを打つ際には、できるだけループを高くするのがコツといえます。

ループを高くする練習方法

【バスケ初心者講座】シュート率を格段に向上させるシュートドリル・思考法

バスケットボールでジャンプシュートを放つ際にループを高くする練習方法の一つを紹介します。それは、ゴールの近くからシュートを打ち始め、徐々に距離を延ばしていく方法なのですが、ポイントはリングに当てずにシュートを決めるということです。いわゆるスウィッシュと表現されるシュートです。

特にゴール近くからシュートを打つ場合は、その放物線がUの文字を逆さにしたようになりますので、より高く上げなくてはスウィッシュしません。ジャンプシュートの練習を行うときは、ミドルレンジから始めることが多いと思いますが、案外短距離のシュートを安定してスウィッシュできるようにするには鍛錬が必要なものです。

バスケのジャンプシュートの打ち方のコツ③

58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MARUO KAZUHIRO MARUO KAZUHIRO
【RIZAP KIDS】