2018年8月13日 更新

テニスのスマッシュの打ち方!打点の高さと速度がコツ?【テニスコーチ監修】

テニスのゲームでは、スマッシュを打つ場面機会が多々あります。そんな時、スマッシュでポイントを取れれば相手に相当のプレッシャーを与えることができます。テニスのゲームで自信をもってスマッシュを打てるようになるための打ち方やコツを詳しく解説していきます。

  
1,846 view お気に入り 0

テニスのスマッシュの基本知識

 (37716)

テニスの試合で決めボールとして使われるのがスマッシュです。特にダブルスのゲームでは、ロブを上げて前衛の頭の上を抜く戦略が多くなります。そんな時、スマッシュを確実に打つことができたら相手に相当なプレッシャーを与えることができます。テニスのゲームで自信をもってスマッシュを打つためには、正しい打ち方を知る必要があります。

スマッシュの打ち方のコツは3つです。
・準備の仕方
・ボールの待ち方
・体の使い方


スマッシュに必要な正しい打ち方と、実際にテニスの試合で使われる場面でのスマッシュについて詳しく解説していきます。

テニスのスマッシュの特徴

 (37717)

テニスのスマッシュの最大の特徴は、早いボールを打てることではなく角度をつけられることです。スマッシュの打点は握り方によっても変わりますが、基本はネットより高い位置で打つショットです。そのため、角度をつけてテニスコートを広く使える点で有効なのがスマッシュなのです。
また、テニスのゲームで使うスマッシュは、基本的に下がりながら打つスマッシュがほとんどとなります。 ゲームで必要なスマッシュのコツは3つです。
・フットワーク
・打点の位置
・重心の持ち方


スマッシュ=早いボールという認識はスイングを崩す原因ともなりますので、注意が必要です。

テニスのスマッシュの基本動作の4つのコツ

 (37718)

テニスのスマッシュの基本動作のコツは準備の仕方とリラックスした体の使い方にあります。正しい準備の仕方を知ることで、リラックスした状態を作ることができ、ボールが落下するまで待つことができるためタイミングよくボールを捉えることができます。

しかし、早いボールを打とうとしてテニスラケットを持つ腕に力が入ると、上半身のみのスイングとなってしまい、体全体で打点までのリズムが取れなくなってしまいます。まずはスマッシュの基本動作に必要な「正しい準備の仕方」と「スマッシュの基本的なスイング動作」について細かく解説していきます。

スマッシュの基本動作①ターンの仕方

 (37719)

テニスのスマッシュの最も重要な動作が、準備の仕方です。テニスの動作は下半身の回転からボールに威力を出しますが、スマッシュも同様の考え方です。
スマッシュでのターンのコツは3つです。
・構えた状態から軸足を下げて横向きを作る
・テニスラケットを持つ腕の肘を肩の高さまであげる
・左手は斜め上方向にあげる

テニス初心者によくありがちなものとして、相手のボールが上に上がったからといってすぐにラケットを上にあげて準備をしてしまいます。これでは、腕だけのスイングになり、威力のあるスマッシュが打てません。テニスの判断は左右、次に前後、最後に高さと覚えておきましょう。

スマッシュの基本動作②ボールの待ち方

 (37720)

スマッシュで正しい打点でボールを捉えるためには、ボールが落下する場所に早く入りボールを待つ形を作る必要があります。ですが、テニス初心者に限らず、どこにボールが落ちてくるのかといった判断が難しいという方は多くいます。

ボールとの距離を測るためのテクニックは、ボール全体を見るのではなく、ボールの下側を見ることです。テニスボールを漠然と見てしまうと遠近感がつかみにくいですが、ある一点に集中することで遠近感がつかみやすくなってきます。

ボールの待ち方の簡単な練習として、上げた左手でテニスボールをターンの形の状態でキャッチする方法がありますので、ぜひお試しください。

スマッシュの基本動作③体の使い方

 (37722)

スマッシュの体の使い方のコツは3つです。
・下半身からの始動
・テニスラケットを持つ腕の肘は肩の高さにセット
・左腕とテニスラケットを持つ腕を入れ替える


左手を高く上げるのは打点の位置を計るためというアドバイスがよくありますが、本来の目的は、腕を入れ替えることによってラケットの速度を上げることです。 左手を上げて打点を計っても実際に取る打点の高さはテニスラケットを持つ右手になりますので、かえって打点が合わなくなる可能性がありますのでご注意ください。

スマッシュの基本動作④スイングの仕方

 (37723)

スマッシュのスイングの仕方は下から上方向です。強く打とうとすると後ろから前にテニスラケットが動いてしまい、その結果ラケット面が色々な方向を向いてしまいます。ボールがアウトになるという方は、スイングの方向が原因となります。

下から上方向へとスイングをすることによって、上半身が突っ込まなくなり、テニスラケットのスイング速度があがります。強く打つイメージではなく、正しい打点のイメージを持つことで上方向へのスイングができますので、意識して練習をしましょう。

テニスのスマッシュが上達する3つのコツ

 (37796)

スマッシュの基本動作の次はテニスの試合で実際に使うためのスマッシュ上達方法です。スマッシュは、踏み込んで打球をする場面がテニスの試合ですとほとんどありません。ダブルスのゲームでは相手は前衛の頭を越そうとしてロブを打つわけですし、そもそも前衛とネットの距離が2mほどしかありません。そのため、自分の前にきたロブを打つよりも下がって打つスマッシュの方が圧倒的に打つ機会が増えてくるのです。

上達するために必要な動作は3つです。
・下がるためのフットワーク
・下がりながらのラケットのスイング速度の上げ方
・移動した際の正確な打点の位置

フットワークの使い方

59 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンのカットスマッシュの打ち方!コツややり方とは?

バドミントンのカットスマッシュの打ち方!コツややり方とは?

カットスマッシュの打ち方とコツを紹介します。カットスマッシュをマスターすることで、バドミントンの戦術の幅は大きく広がるので、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか?練習方法も詳しく解説していますのでぜひご覧ください。
yuki | 12,177 view
バトミントンスマッシュの打ち方とコツとフォームのポイント!

バトミントンスマッシュの打ち方とコツとフォームのポイント!

バドミントンのスマッシュを打つ時の打ち方とコツを徹底解説します。基本のフォームをマスターして、スマッシュを上手く決める方法や決めるためのやり方を解説します。スマッシュは得点を決める重要なショットとなりので、基本的なトレーニングを忘れないようしましょう。
yuki | 70,827 view
バドミントン打ち方11選!種類や打ち方のコツ【初心者上達ガイド】

バドミントン打ち方11選!種類や打ち方のコツ【初心者上達ガイド】

バドミントンは緩急をつけたシャトルの打ち方と読みあいが醍醐味のスポーツです。今回はバドミントン初心者向けの打ち方の名前・わかりやすい動画などそしてどういう時に各打ち方のショットを打つべきかの基本的なアドバイスを網羅します。
yuki | 139,003 view
ライジングショットの打ち方と5つのコツ【テニスの上達ガイド】

ライジングショットの打ち方と5つのコツ【テニスの上達ガイド】

テニスの戦術の1つにライジングショットがあります。ライジングショットは難しいイメージがありますが、ライジングショットの原理と打ち方のコツを知ることでマスターすることが可能です。テニスの試合でライジングショットを使いこなせるように打ち方の解説をしていきます。
SKコーチ | 674 view
ツイストサーブの打ち方!気になるコツとは?【テニスの上達ガイド】

ツイストサーブの打ち方!気になるコツとは?【テニスの上達ガイド】

ツイストサーブはテニスのサーブの中でも、ネットミスが少なく相手がリターンしにくい特徴を持つ、とても優れたサーブです。打ち方が特殊なサーブですが、コツを押さえて練習すれば誰でも習得できます。基本を学んでテニスにおけるツイストサーブの打ち方をマスターしましょう。
木人 | 3,765 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ