2019年1月3日 更新

ドッジボール投げ方特集!変化球や速い球の投げ方コツとは?

誰でも一度はやったことあるスポーツ【ドッジボール】その投げ方や、球を早くするコツなどを紹介していきます。ドッジボールには様々な投げ方があり、その投げ方次第で相手を惑わすような変化球を投げることも可能です!そんなドッジボールの投げ方のテクニックをお教えします。

  
144,633 view お気に入り 0

①ドッジボールの投げ方について

ドッジボールをプレイする際に重要なのが、ここに紹介する投げ方です。
投げ方には主に2種類あり、オーバースローという投げ方とサイドスローという投げ方です。また、ごく少数ではありますが、アンダースローという投げ方もあります。また、より速く、力強いボールを投げる方法としてランニングスローという投げ方があります。

②ドッジボールの投げ方:オーバースローとは?

 (2287)

一番基本となる投げ方で、多くの選手がこの投げ方をしています。

オーバースローの投げ方のコツとしては、なるべく高い位置に構え、上から下に思い切り振り下ろしスローイングします。投げる際に反対の腕を投げる方向へ伸ばすと勢いが付き速い球が投げれます。

また、投げる際に軸足をしっかりと踏ん張り、踏み出す足へ体重を乗せて投げると、より速い球になります。投げるスピードももちろん重要ですが、狙ったところに投げる技術も必要なので、ただ闇雲に力いっぱい投げれば良いわけではありません。

③ドッジボールの投げ方:サイドスローとは?

サイドスローとは横投げで体の横から放つ投げ方

 (2288)

サイドスローは別名横投げと言い、体の横から放つ投げ方です。

ボールをしっかりと支え、肘を伸ばしながら、腕を振ります。投げる際に体を回転させると遠心力でより力強いボールを投げることが可能です。このサイドスローは基本的に回転の際の遠心力を利用し投げるので、筋力の弱い方でも比較的力強いボールが投げることができます。

また、ボールをリリースするタイミングで投げる方向が変わるので、相手が読みづらいボールを投げることが出来ます。重要な点は、投げる際の回転とコントロールです。

④ドッジボールの投げ方:アンダースロー

 (2289)

アンダースローに関しては、たまに野球のピッチャーで投げる方を見ますが、ドッジボールではあまり見かけないです。理由としては、野球と違いボールのサイズが大きいので、力が入れづらくコントロールも難しいです。

⑤ドッジボールのボールを早く投げるコツ

ここでは相手選手を確実に倒せるための速い球を投げるコツを紹介します。

ボールを早く投げるコツ①

ドッジボール投げ方【ランニングスロー】

ランニングスローという投げ方があります。

この投げ方は、名前の通り走りながら投げる方法です。なるべく助走がつけられるように内野の後ろから思い切りダッシュし、自分の投げやすいタイミングで全身の力を入れ放ちます。ボールに速さと勢いがつくので、相手がキャッチしづらいボールとなります。

1つ注意点としては、勢いがあり過ぎて、ボールを投げた後にラインを踏んでしまったり越えてしまうことがあるので、投げた後の止まる練習も必要です。コツとしては、走りながらリズムを取って投げるのと、ラインを踏まないように踏み切る位置に注意をすることです。

ボールを早く投げるコツ➁

次に紹介するコツは、投げ方はどんな種類できます。

その投げ方のコツとは、ボールをリリースする際に手首のスナップを効かせます。そうすることにより、腕が最後まで勢いよく振り切れるようになり、力がうまく伝わり球速が伸びます。

また、ボールに回転が掛かりキャッチするのも難しくなります。練習する際は少し距離を取り、壁などに向かって行うと、より分かりやすいです。

ボールを早く投げるコツ③

ドッジボール投げ方 【オーバースロー】

最後に紹介するのは、オーバースローの基本動作でもある投げる時に左腕を前に出す動作です。

イメージとしては、野球のピッチャーが投げる時に左腕が前に伸びていますが、この動作をドッジボールでも行います。

注意点としては、ただ前に出すだけではなく、水泳のクロールをする時のように思いきり後ろへ向かって動かして下さい。そうすることで、身体の勢いがより一層増し、速い球を投げることが出来ます。

⑥ドッジボールの変化球を投げるコツ

ドッジボールでは野球と同じくボールに回転をかけることにより変化球を投げることが出来ます。
今回は3つの変化球の投げ方を説明したいと思います。

また、変化球の投げ方のコツは野球の変化球の投げ方と基本は同じなので、分からない方は野球の変化球の投げ方を参考にしてみるのもいいですね。

ドッジボールの変化球【カーブ】

32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハンドボールのフェイント特集!種類や練習方法のコツ【技術編】

ハンドボールのフェイント特集!種類や練習方法のコツ【技術編】

 ハンドボールではフェイントはオフェンスで最も肝な能力です。  フェントが遅いとDFに捕まってしまったり、シュートも狙えなく厳しい展開となってしまいます。  今回はこの記事を見てフェイント能力をぜひ磨き上げていきましょう!
aaakm | 23,417 view
ボレーシュート!やり方のコツや練習方法とは?【サッカーシュート】

ボレーシュート!やり方のコツや練習方法とは?【サッカーシュート】

サッカーのシュートの種類の1つボレーシュートのやり方を紹介いたします。またボレーシュートの細かい種類や、練習方法、そしてコツも併せて紹介いたしますので、ぜひ参考にしてボレーシュートを身に付けてください。
anton | 4,987 view
バドミントンのカットの打ち方!コツや練習方法とは?

バドミントンのカットの打ち方!コツや練習方法とは?

バドミントンの試合で最もわかりづらいだまし討ちショットはカットです。その打ち方や練習方法をご紹介します。バドミントン試合中のカットの注意や対策なども動画を交えて解説していきます。カットができればバドミントンはもっと楽しくなります!
yuki | 28,635 view
バドミントンのドロップのコツ!打ち方や練習方法とは?

バドミントンのドロップのコツ!打ち方や練習方法とは?

バドミントンの試合の鍵を握るドロップショット。その打ち方や練習方法をご紹介します。よく似ていると言われるカットとの違いや、バドミントン試合中のドロップの注意や対策なども動画を交えて解説していきます。これであなたもバドミントンドロップマスターです!
yuki | 39,734 view
バドミントンのフットワークの基本!練習方法やコツ【初心者ガイド】

バドミントンのフットワークの基本!練習方法やコツ【初心者ガイド】

バドミントンの基本となるフットワークの種類、考え方、練習方法、コツを紹介します。フットワークがマスターできると、相手からの球が打ち返しやすくなります。効率的な練習のやり方を身に着けて、もっと楽しく・素早くバドミントンをプレイできるようになりましょう。
yuki | 33,232 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K,K K,K
【RIZAP KIDS】 })();