2018年5月6日 更新

バドミントンのフェイント!やり方や打ち方のコツ

初心者の方に向けてバドミントンのフェイントのメリット、やり方、打ち方、練習方法を紹介していきます。騙し合いのバドミントンの試合において、フェイントはとても効果的なショットです。試合を制するために、初心者の方もフェイントをマスターしていきましょう。

  
8,154 view お気に入り 0

バドミントンは騙し合いのスポーツ

ギャンブルでも競輪は知恵の駆け引きが多いです (11609)

バドミントンは騙し合いのスポーツです。
バドミントンの試合を制するためには、ラリーの中のここぞというときにフェイントをかけて相手を騙すことがポイントです。

しかし、一口に相手を騙すといってもやり方が分かりません。
フェイントのショットの打ち方が分からないという方も多いと思います。

何となく打ち方を真似してみたりしてみても、相手がフェイントにかかってくれなくて困りますよね。

・フェイントはどうバドミントンの試合に役立つのか分からない
・相手を騙したいけど、やり方と打ち方が分からない
・騙すためにどうフェイントを練習したらいいのかやり方が分からない

ここでは、上記のような方に向けてバドミントンのフェイントのメリット、やり方、練習法を紹介していきます。

騙し合いのバドミントンの試合において、フェイントはとても効果的なショットです。
試合を制するために、初心者の方もバドミントンのフェイントで実力アップしてしまいましょう。

バドミントンのフェイントとは

Instagram (11090)

バドミントンでのフェイントとは相手を騙す技術のことをいいます。
相手にとって想定外のショットを打ち、逆を突きます。
フェイントを使うことで相手の足を止め、試合を有利に運ぶことができるという点がポイントです。

やり方と打ち方の例を挙げると、相手が右にシャトルが飛んでくると思ったところで左に打ったり、
後ろに打つと思ったところで前に落としたりといったテクニックがバドミントンのフェイントになります。

ときには時速400km/h以上にもなるシャトルを追いかけるバドミントン。
一瞬の判断が要求される試合のなかで、フェイントによる騙し合いの駆け引きはバドミントンの試合の大切な要素です。

フェイントのメリットや種類を理解することで、騙し合いの駆け引きを有利に進めることが出来ます。
ポイントをしっかり押さえて、バドミントンのフェイントのやり方、打ち方をマスターしましょう。

バドミントンのフェイントのメリット

Instagram (11094)

そもそも何のためにフェイントを使うのか?
バドミントンのフェイントには様々なメリットがあります。

大きく3つに分けたので順に紹介します。

相手の足を止めて体力を削ることができる

まず、フェイントに一度かかると、打たれたシャトルに向かってスタートを切りなおさなくてはなりません。

バドミントンにおけるこのストップ&スタートには強い力が必要になるので、体力が削られます。

素直に打つより楽にポイントを奪うことができる

次に、フェイントを使うと素直に打つよりも楽にポイントを奪うことができます。

例えば、こちらに甘い球が上がってきたときは相手も強打を警戒します。
そこであえて、別のショットを打つことで相手の裏を付き、楽にポイントを奪うことができるのです。

相手が勝手に警戒してくれる

最後に、試合中フェイントを混ぜると相手が勝手に警戒します。

相手は一度フェイントにかかると警戒し、こちらが素直に打った球に対しても反応が遅れるようになります。

バドミントンのフェイントショットの種類・コツ

Subscribe to read (11602)

バドミントンにはあらゆる種類のショットがあります。
やり方、打ち方もそれぞれありますが、その中でも、バドミントン初心者の方が習得しやすいフェイントのショットを紹介します。

バドミントンのフェイントのショットを打つ上で、やり方と打ち方の共通のポイントは早くシャトルに追いつくことです。
つまり、まだシャトルが床から遠い位置であるうちに、いつでも打てる体勢をつくるということです。

シャトルに追いつくのが遅いと騙す時間がなくなってしまうので、相手を騙すことが難しくなります。

バドミントンのフェイントをかけるためには、まずはシャトルの下に早く入れるようにしましょう。
早く入れるようになると、以下3つのショットのフェイントもすぐにマスターできるようになります。

サーブのフェイントのやり方、打ち方

バドミントンのフェイントショットの中でも一番簡単なのが、サーブのフェイントです。

バドミントンのサーブのフェイントはラリーの中ではなく、止まった状態で打つため比較的容易であり、初心者の方にもおすすめです。

バドミントンのサーブのフェイントのやり方、打ち方は主に2通りです。
ロングに打つと見せかけてショートに打ったり、逆にショートに打つと見せかけてロングに打つことで相手を騙します。

コツは同じフォームで動き始め、打つ瞬間だけ力を抜いたり入れたりすることです。
ロングに打つからといって、動き始めから腕に力が入っていたり、動きが速かったりすると相手に気付かれてしまいます。

ロブのフェイントのやり方、打ち方

サーブの次に簡単なのがロブのフェイントです。
ネットに近いところで打つので、コントロールがつけやすく、相手の状況が分かりやすいです。

バドミントンのロブのフェイントは、ネット際の球に対してヘアピンで前に落とすと見せかけて後ろに打ち、相手を騙します。

やり方と打ち方のコツはサーブのフェイントと同じで、打つ瞬間だけ力を入れるということです。
ヘアピンと同じフォームでネット際に入り、打つ直前に手首を返して力を入れて後ろに打つ。

上手く決まると、相手は真後ろに動き出さないといけなくなるため体勢が崩れ、フェイントだけでポイントが奪えます。

ドロップのフェイントのやり方、打ち方

サーブとロブのフェイントに比べると難易度が上がりますが、ドロップのフェイントも初心者の方にはおすすめです。

クリアーを打つと見せかけて、打つ直前にドロップに変えてシャトルをネット際に落とします。
やり方と打ち方のコツは、できるだけ同じフォームでシャトルの下に入り、打つ瞬間にラケットを止めることです。

相手はクリアーがくると思った時点で身体が後ろに倒れているので、前に落とされたシャトルに追いつくことができません。

一度決まると、普通にクリアーを打つときも相手が警戒するようになるので強力なフェイントといえます。

バドミントンのフェイントショットの練習方法

36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ツイストサーブの打ち方!気になるコツとは?【テニスの上達ガイド】

ツイストサーブの打ち方!気になるコツとは?【テニスの上達ガイド】

ツイストサーブはテニスのサーブの中でも、ネットミスが少なく相手がリターンしにくい特徴を持つ、とても優れたサーブです。打ち方が特殊なサーブですが、コツを押さえて練習すれば誰でも習得できます。基本を学んでテニスにおけるツイストサーブの打ち方をマスターしましょう。
木人 | 3,597 view
テニスの打ち方の種類とコツ!6つのストロークをまずは覚えよう【テニスコーチ監修】

テニスの打ち方の種類とコツ!6つのストロークをまずは覚えよう【テニスコーチ監修】

テニスはあらゆる場所にボールがとんでくるため、状況に応じて様々なショット打つ必要があります。その中でも、もっとも基本となる打ち方の種類を6ストロークと言います。テニスをプレーするうえで必ず必要になる各ショットの基礎となる打ち方を解説していきます。
SKコーチ | 15,879 view
バドミントンのバックハンドの打ち方!コツやポイントを解説

バドミントンのバックハンドの打ち方!コツやポイントを解説

バドミントンのバックハンドはバドミントンゲームで重要なショットのひとつです。バックハンドの打ち方やコツ、ラケットの握り方などをマスターして練習を強化し、スマッシュレシーブを中心に克服しましょう。
moriko48 | 14,395 view
バドミントンサーブの打ち方!ロングサーブとショートサーブのコツ

バドミントンサーブの打ち方!ロングサーブとショートサーブのコツ

バドミントンのサーブには、ロングサーブとショートサーブという種類があります。それぞれをしっかりと打つことができればバドミントンの試合での大きな武器となります。バドミントンでのロングサーブとショートサーブの打ち方を覚えて、バドミントンのサーブの技術を上げていきましょう。
MOSK | 8,637 view
バドミントンのロブとは?打ち方やコツをまとめて特集【初心者OK】

バドミントンのロブとは?打ち方やコツをまとめて特集【初心者OK】

バドミントンのロブは、ドロップやカット、ヘアピンのリターンとして使われることが多いです。ピンチの時に次へとつなぐことができるショットですので、確実にコツをつかんで習得をしておきたいショットです。しっかりと打ち方を覚えて、良いロブを打てるようになりましょう。
MOSK | 9,911 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ratinalife01 ratinalife01