2020年2月26日 更新

セリーグとパリーグの違いとは?なぜ2つに分ける理由があったのか。

セリーグとパリーグの違いとは、パリーグには指名打者を決めるDH制がありセリーグにはないことです。セリーグとパリーグの2つのリーグに分かれた理由は、1949年に新球団参入を巡って意見が分かれました。セリーグとパリーグが戦う試合は、日本シリーズとセパ交流戦があります。

744 view お気に入り 0

セリーグとパリーグとは?

セリーグとは?

Masashi Wata on Instagram: “#artworx #paintings #drawingart #paintingart #graphicdesign #popart #npb #centralleague #yakyu #baseballart #logodesigns #セリーグ #セントラルリーグ…” (112780)

セリーグとはセントラルリーグの略で、読売ジャイアンツ(巨人)、東京ヤクルトスワローズ、横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、阪神タイガース、広島東洋カープの6球団が所属しています。

読売ジャイアンツ、東京ヤクルトスワローズ、横浜DeNAベイスターズの3チームの本拠地は関東にあり、ホームはそれぞれ東京ドーム、明治神宮野球場(以上、東京)、横浜スタジアム(神奈川)です。

中日ドラゴンズはナゴヤドーム(愛知)、阪神タイガースは阪神甲子園球場(兵庫)、広島東洋カープはマツダスタジアムがホーム球場です。

パリーグとは?

Masashi Wata on Instagram: “#artworx #paintings #drawingart #paintingart #graphicdesign #popart #npb #pacificleague #yakyu #baseballart #logodesigns #パリーグ #パシフィックリーグ…” (112781)

パリーグとはパシフィックリーグの略で、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、福岡ソフトバンクホークスが所属しています。

北海道日本ハムファイターズが札幌ドーム、東北楽天ゴールデンイーグルスが楽天生命パーク宮城、福岡ソフトバンクホークスが福岡PayPayドームと本拠地は北海道から九州まであります。

埼玉西武ライオンズはメットライフドーム、千葉ロッテマリーンズはZOZOマリンスタジアム、オリックス・バファローズは京セラドーム大阪がホームです。

セリーグとパリーグの歴史

1リーグ制の時代もあった

プロ野球の歴史をさかのぼると最初はセリーグとパリーグの区別はなく、日本野球連盟という1つのリーグで行われていました。

1リーグ制で行われていたのは1936年から1949年までの計13シーズン(1945年は戦争の影響で中止)。球団数は5チームから9チームの間で変動していました。

東京巨人軍(現・読売)、大阪タイガース(現・阪神)、名古屋軍(現・中日)などは戦前からリーグに参加していました。

2リーグに分けられた理由は?

takuma-autograph on Instagram: “【286】小田野柏さん。日本初の天覧試合アーチスト。 #小田野柏 #阪急軍 #毎日オリオンズ #西鉄クリッパーズ #西鉄ライオンズ #近鉄パールス #高橋ユニオンズ #トンボユニオンズ #サイン #直筆サイン” (112783)

なぜプロ野球はセリーグとパリーグに分かれることになり、チームの分け方にはどういった意味があったのでしょうか。

2つのリーグに分かれることになったのは、1949年に毎日オリオンズ(現・千葉ロッテ)がプロ野球への新規参入を表明したことがきっかけでした。そのとき、新規参入を巡って賛成のチームと反対のチームに分かれてしまいました。

その結果、1950年から毎日オリオンズの新規参入に賛成した球団がパリーグ、反対した球団がセリーグとなりました。

セリーグの歴史

1950年に2リーグ制が始まったとき、セリーグには読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズ、松竹ロビンス、大阪タイガースの4チームが入りました。

そこに新球団の大洋ホエールズ(現・横浜DeNA)、広島カープ(現・広島東洋)、西日本パイレーツを加えて7球団。さらに、国鉄スワローズ(現・東京ヤクルト)も新たに加わって、8球団でのスタートとなりました。

その後、西日本パイレーツがリーグを脱退、大洋と松竹が合併して大洋松竹ロビンスとなったことで現在の6球団となっています。

パリーグの歴史

一方のパリーグには、阪急ブレーブス(現・オリックス)、南海ホークス(現・福岡ソフトバンク)、東急フライヤーズ(現・北海道日本ハム)、大映スターズが入りました。

そして、2リーグ制への移行のきっかけとなった新球団の毎日オリオンズ、西鉄クリッパーズ(現・埼玉西武)、近鉄パールズを加えた7球団でスタート。1954年には高橋ユニオンズが加盟し、その後、高橋と大映が合併、そのチームがさらに毎日と合併しました。

さらに、2004年には近鉄とオリックスが合併して東北楽天が参入し、現在の6球団となっています。

セリーグとパリーグのルールの違い

DH制があるかないか

🎀yumi@Ribbon🎀 on Instagram: “..心配してた#柳田悠岐選手 ..#上林くん..出たー♡..#ソフトバンクホークス #柳田悠岐 #指名打者#上林誠知 #0822#スタメン発表” (112784)

セリーグとパリーグにはいくつかのルールの違いが存在しますが、最も大きな違いは指名打者を意味するDHの有無です。セリーグはDH制を採用していませんが、パリーグは採用しています。

DHとはDesignated Hitterの略で、意味はDesignated=専用Hitter=打つ人です。言葉の意味通りに打つ専門の選手ということで、DHの選手は守備につくことはありません。

つまり、セリーグではピッチャーも打席に立ちますが、パリーグではピッチャーの代わりにDHの選手が打席に立ちます。

DH制の有無によるセパの違い

DH制を採用していないためピッチャーが打席に立つセリーグと、ピッチャーの代わりにDHの打者が打つパリーグ。そのルールの差によって戦い方にも違いがあります。

まず、DH制のあるパリーグでは守備力がなくても打撃力の高い選手をDHで起用することができます。一方でセリーグの場合は全選手が守備につく必要があるため最低限の守備力は欠かせません。

また、DH制のないセリーグでは中盤以降にチャンスでピッチャーに打順がまわってきたときに、代打を出すべきかという難しい判断を迫られる特徴もあります。

パリーグから始まった予告先発投手とCS

読売ジャイアンツをはじめとする人気球団が最初からあったセリーグに対して、最初は人気のなかったパリーグでは積極的に新しい試みをしていく傾向があります。

たとえば、事前に次の試合の先発投手を発表する予告先発制度もパリーグが始めたもの。パリーグがファンサービスとして始め、その後にセリーグでも行われるようになりました。

また、レギュラーシーズンのあとのプレーオフ制度であるクライマックスシリーズも、パリーグから始まったものです。2004年から2006年まではパリーグだけプレーオフ制度が行われていました。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tatsunari1205 tatsunari1205