2020年2月8日 更新

朝活ダイエットの秘訣とは?習慣化させれば簡単に痩せちゃう方法

朝活ダイエットとは、いつもより朝早くに起きてストレッチや有酸素運動をすることです。朝には昼間と比べて脂肪燃焼効果や基礎代謝力がアップします。さらに朝活ダイエットを習慣化すれば、効率的な1日を過ごすことも可能です。この記事では、朝活ダイエットに必要な考え方と具体的なやり方を丁寧に解説します。今よりも少しだけ早起きして、朝活ダイエットで美ボディを手に入れましょう。

57 view お気に入り 0

朝活ダイエットとは?

 (109329)

朝活ダイエットとは、いつもより少し早く起き、仕事や学校までの時間を上手く活用してダイエットに取り組むやり方です。

理想的なのは、今よりも1時間早く起きることです。1時間が難しければ、30分早く起きるところから始めてみましょう。

朝が苦手な人にとっては大変かもしれませんが、朝は他のどの時間帯よりも効率よくダイエットを成功させることができる時間帯です。それも、ハードな運動トレーニングは必要ありません。簡単なストレッチやお手軽な朝ごはんで効果的に健康に痩せることができます。

朝活ダイエットのメリット

脂肪燃焼効果が高くなる

朝活ダイエットのメリットの1つめは、朝は最も脂肪燃焼効果が高くなることです。

人間の体は、通常は運動をするとまずエネルギーとして糖を消費し、その次に脂肪を燃焼します。しかし、朝は前日の夜の食事から時間が空いて空腹状態のため、体内の血糖値が低くなっていて、運動をすると脂肪から燃焼されることになるのです。

つまり、朝はウォーキングやストレッチなどの軽い運動をするだけでも、効率良く脂肪を燃焼して痩せることができます。
 (109330)

基礎代謝がアップする

朝活ダイエットの2つめの大きなメリットは、朝に軽く運動をすることで基礎代謝がアップすることです。

基礎代謝とは、人間が生きていくために消費される必要最低限のエネルギーのことで、ダイエットを成功させるためには基礎代謝のアップは欠かせません。

朝起きて日光を浴びることで交感神経が刺激され、交感神経が刺激された状態で運動することで、全身の血行が良くなり体中からエネルギーを消費しようとする作用が高まります。

その結果、通常よりも基礎代謝が約10%もアップします。朝にこれだけ基礎代謝がアップすると、駅や会社まで歩いたり、階段を利用するなど普段の行動をするだけでも通常よりも脂肪を燃焼して痩せやすくなります。

仕事の効率が上がる

 (109331)

朝活ダイエットの3つめのメリットは、仕事の効率が上がることです。朝活ダイエットは効率よく痩せることができるだけでなく、精神面にも良い作用をもたらします。

通常は、朝起きてからゆっくりと交感神経が優位になって、頭と体に活動スイッチが入りますが、朝活ダイエットで軽く運動をすることで、より早く活動状態に切り替わります。

つまり、出社する頃には頭もスッキリしすぐに仕事に集中できるので、効率も上がります。

朝活ダイエットの方法とは?

朝活ダイエットで効率よく痩せるために、まずは正しいやり方を知りましょう。ダイエットは思い込みで間違ったやり方をしてしまうと、なかなか効果を得ることができず、逆に太ってしまうこともあります。

朝活ダイエットのやり方はとても簡単です。今までダイエットに取り組んだことが無い人や運動が苦手という人でも手軽に始めることができます。正しいやり方とポイントをしっかり押さえ、今すぐ朝活ダイエットに取り組みましょう。

早く寝る

 (109332)

朝活ダイエットで大切なことは、早く起きるよりも早く寝ることを意識することです。睡眠時間をしっかりと確保することはダイエットにも欠かせないので、朝活ダイエットのために睡眠時間を削ることは本末転倒です。

睡眠時間を確保した上で、朝活ダイエットのために早く起きるには必然的に夕食、入浴の時間を早めて早く寝る必要があります。

睡眠時間は最低7時間を確保することを考えると、23時には就寝するのが理想的です。早く寝る生活を習慣づけることで、間食や夜食をすることがなくなって摂取カロリーを制限することもできます。

起きてすぐにコップ1杯の白湯を飲む

朝活ダイエットは、起きた直後にコップ1杯の白湯を飲むことから始めましょう。

白湯の量は約200mlを目安にしてください。

人の体は、寝ているだけでも汗をかき、体内には水分が不足している状態です。白湯をゆっくりと飲み、体内に水分を浸透させてあげましょう。起きてすぐにコーヒーを飲む人も多いかもしれませんが、コーヒーや紅茶は起きてすぐの胃腸へ刺激が強すぎるのでおすすめできません。

また、起きた直後に白湯を飲むと胃腸の動きが良くなり、便秘を解消する効果もあります。便秘が解消されると、体内の老廃物も排出されて健康で痩せやすい体を手に入れることができます。

ベッドの上でストレッチ

 (109333)

起きて白湯を飲んだら、ベッドでストレッチをしましょう。

体は、夜寝ている間に筋肉が凝り固まり血行が悪くなっている状態です。ストレッチで全身の筋肉を伸ばすことで、全身の凝りがほぐれ、血行も良くなり基礎代謝アップにつながります。

背中や肩を伸ばすストレッチを、深呼吸をしながら約5分間おこないましょう。

朝にストレッチをすることは、疲労回復も早くなり美しい姿勢を保つことができます。

朝食前に軽く運動をする

 (109334)

ストレッチが終わったら、朝食の前に軽く運動をしましょう。

理想の運動は、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動を30分程することです。朝食前に軽い運動を30分分すると、ダイエットの効果を充分に得ることができます。

朝起きた直後は、空腹のために体内の血糖値が不足しており、運動をおこなうと脂肪から優先的に燃焼されます。日中や夜に運動をするよりも短時間で効果的に脂肪を燃焼できます。
60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

fujieht0207 fujieht0207