2019年4月13日 更新

バレーボールのレシーブの基本的な構えとコツとは?【上達ガイド】

バレーボールのレシーブの基本的な構えは、正しい形を覚えることが必須です。今回はレシーブ上達のためのコツを基礎から詳しく解説していきます。特に必要な「腰を落とす」ことや、様々な場面でのレシーブの構えの方法について解説します。

  
890 view お気に入り 0
バレーボールのフライングレシーブは、受身ができないと怪我をする危険なプレーでもあります。足を強く踏み込んでスタート、重心を落としレシーブする、手を地面について胸をつく、そして滑り込む、このような流れになります。
この際、ボールの下を見てボールの下に手を差し入れることと、低い重心から飛び込むことがポイントとなります。高い位置から飛びこむと、床にあごなどを強打してしまいますので注意してください。

フライングレシーブは、フェイントや逸れたボールの処理に有効ですが、難しいプレーとなりますので、バレー初心者の方や身体能力のあまり高くない方にはあまりおすすめできません。

⑥ネットに近いボール(フェイント)の処理のコツ

フェイントボールの拾い方【必見バレー動画】

バレーボールでは、ネットに近いボールというのは、思いのほか処理が難しいものです。
フェイントは、ネットに近い場所にポトリと落とされるケースが多く、このボールの処理が上手くなることが失点を減らすポイントとなります。

ネット際にボールを落とされた時には落ち着いて落下地点で腰を落とす、これが第一です。そして腕の面の向きが大切で、床と平行だと真上に上がってしまいますし、傾けすぎると相手コートに入ってしまいダイレクトスパイクを打たれてしまうことになります。しっかりと腰を落とし自分があげたい方向(セッター)に向かって、すくい上げるようにボールを運ぶ、それがコツです。

レシーブの構えの際に意識すべき4つのポイント

のぞみ on Instagram: “☪︎.° ────────── 福井大会»20181103 ────────── この体勢でもしっかりセッターに 返せるのさすがだなって思う。 やっぱり面って大事!! .…” (75330)

バレーボールのレシーブの構えの際に意識すべきポイントはいくつかありますが、いずれも「意識しないでそのプレーができる」ために、普段の練習に心がけなければならないことです。何のためにその構えが必要なのか、バレーのレシーブの正しい構えを覚えることの利点を理解して練習を重ねていきましょう。
「こう構えなければいけない」ではなく、「こう構えればレシーブが上手くいく」そう思うことによって、自然と正しい構えが身についていきます。

①無理のない体勢で構える

前述したように、正しい構え方は一番動きだしやすく、ボールを正確にとらえることができる無理のない体勢なのです。低い姿勢とはいっても、しゃがみ込むような体勢では次の動きがし辛くなってしまいます。自分がすぐに動き出しやすい体勢、それがバレーボールのレシーブの正しい構え方、そして無理のない姿勢です。

静→動という動作を行うにあたって、スプリットステップをするのも一つの方法です。スプリットステップというのは、レシーブの構えの時に小さく予備ジャンプをして動き出しを早くする方法で、特に相手からのスパイクの際に行います。どんな時も、足の裏をべたっと床につけずにかかとを浮かせて構えましょう。

②体の向き・見るべき場所

バレーボールのレシーブで思った場所にボールが飛ばない場合には、様々な原因が考えられますが、体の向きが間違っているというケースが多くみられます。正面にいる人にパスをする場合でも、必ず足は前後させ、足先とへそをボールを飛ばす方に向けるのが基本です。
まず、ボールが来る方に正対して構え、ボールが来たら今度は上げたい方向に体を向けてボールを運ぶ、ボールを常に正面でとらえてまっすぐ前に運ぶことがボールコントロールの秘訣です。

バレーのレシーブの際に見るのはまず第一にボールですが、同時に周りの状況を見る視野の広さも大切です。

③視野を広く、周りの選手との連携を考える

@38_nao on Instagram: “‪2019.03.02#中島未来 選手#東レアローズ#Vリーグ” (75321)

バレーでは、レセプションでもディグでも、コート一面を自分一人で守備するわけではありません。あらかじめ決められたフォーメーションの中で、自分がレシーブすべき範囲というものは決まっています。守備の穴がないチームというのは、レシーブ力もさることながらそれ以上にフォーメーションがしっかりとしているチームということでもあるのです。

レシーブ力に多少自信がなくても、この範囲のボールだけを上げればいいと決まっていれば、プレッシャーがかなり少なくなるものです。シートレシーブの時から周りを見る癖をつけ、自分が取るべきボールと任せるボールの判断を早くしていきましょう。それがチームプレーです。

④声を出す癖をつける

バレーボールで周りの選手との連携を考えた場合、声を出すことが必須となります。この声出しは、対人パスの時から始めていき、試合はもちろんシートレシーブの際も常に声を出していきましょう。

大切な声は「返事、指示、ジャッジ」です。常にワーワー騒いでいたり、意味のない声を出し続けるのは逆効果です。自分がボールを取る時に「はい!」、チームメイトに「頼む・(自分にトスを)もってこい!」など、必要な指示の声をはっきり大きく出します。そしてジャッジは、アウトかインか自分で判断できない時に、周りの声が頼りになります。間違っていたらいけないと思って小声で言うのが一番いけません、自信をもって声を出しましょう。

バレーボールのレシーブの基本的な構えとコツまとめ

山口良二 on Instagram: “#新鍋理沙#戸江真奈 #野本梨佳 #久光製薬スプリングス #Vリーグ #サーブレシーブ賞 #アウトサイドヒッター#リベロ#Volleyball #volleyballgirl #sinnaberisa #toemana #nomotorika #outsidehitter…” (75331)

「バレーの基本の構えは腰を低く」よく言われる言葉ですが、正しい腰の落とし方についてはあまり言及されていません。今回は、バレーボールのレシーブの基本の構えについて、特に正しい腰の落とし方について詳しく解説しました。

繰り返しになりますが、バレーボールのレシーブの基本の構えは、正しい腰の落とし方から始まります。そしてそれが、素早くボールの下に入ることができる一番有効な方法となります。
ぜひもう一度自分やチームメイトの構えを確認して、チームの守備力をアップさせる参考にしてください。
69 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールのレシーブが上手くなる方法とは?練習メニュー10選

バレーボールのレシーブが上手くなる方法とは?練習メニュー10選

レシーブは、バレーボールの守備から攻撃までを担う大切な動作です。トスもアタックも全てはレシーブ次第で上手くいくかどうかが決まります。この記事では、レシーブが上手くなる練習方法を10メニュー紹介します。やり方・コツまでマスターしてリベロ並の技術を身につけましょう。
Kgsm14 | 57,040 view
バドミントンダブルス!サーブとレシーブのコツとは?【初心者ガイド】

バドミントンダブルス!サーブとレシーブのコツとは?【初心者ガイド】

バドミントンダブルスにおいて重要な役割を果たすサーブとレシーブ。ダブルスならではの打ち方や考え方、そのコツについてご紹介します。初心者の方はこれを押さえてほしいというポイントもご紹介しますよ。
yuki | 18,737 view
バドミントン練習メニュー5選!上達するために大事なこと

バドミントン練習メニュー5選!上達するために大事なこと

バドミントンをする上でダブルスやシングルスで初心者が意識して欲しいショット5選を選びました!繰り返し練習することで磨かれる腕と技。練習メニューを具体的にアップしていきます。あとは実践あるのみ!!さっそく始めて行きましょう。
moriko48 | 70,276 view
バドミントンスマッシュのレシーブのコツと練習方法!

バドミントンスマッシュのレシーブのコツと練習方法!

バドミントンスマッシュに対してレシーブはどう対処すれば良いのでしょうか。スマッシュの速い攻撃球に対するレシーブのコツと、それをマスターするための練習方法やトレーニング方法について詳しく紹介します!
yuki | 48,859 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵