2019年4月13日 更新

牽制球の意味と投げ方!基本とルールをしってボークに注意しよう!

野球における牽制球にはどのような意味があるのでしょうか。盗塁を試みるランナーを警戒するだけではなく、バッターとの駆け引きにも役立ちます。牽制球において基本となる投げ方から、注意が必要なボークなどのルールや、有効的な牽制球の活用方法を詳しく解説します。

96,717 view お気に入り 0

二塁牽制

野球での二塁への牽制球は、体を左回りに回転させ、二塁の方向を向く投げ方と、逆に体を右回りに回転させ、二塁の方向を向く投げ方の二通りがあります。

体を左回りに回転させる投げ方が、ボールの速度を上げることができるため、二塁へ牽制球を投げる際は、このスタイルが基本になっています。

体を右回りに回転させる場合は、左足を上げた瞬間に、体を右回りに回転させて偽投し、周りの様子を見る意味で使用するケースが多い投げ方です。

偽投とは、投げるふりをすることを意味しており、二塁への牽制球のみボールを投げなくてもボークにならないのが基本ルールになっています。

三塁への牽制球の投げ方

三塁牽制

野球をした際の三塁への牽制球の投げ方は、左足を上げた後、三塁方向へ左足を踏み出しボールを投げます。

一塁への牽制球と同様に、左足が三塁方向を向いていないとボークとなります。

また、左足を上げた際、左足と軸足の右足が重なった状態で牽制球を投げてしまうと、こちらもボークとなってしまうので注意が必要です。

左ピッチャーの場合は、一塁へ牽制球を投げる際に同様の動作になります。

実際に野球をした際、顔はホームベース方向を向いた状態で左足を上げ、ホームに投げると見せかけ、三塁方向へ左足を踏み出した瞬間に、顔を三塁方向に向けて牽制球を投げると、ランナーが騙されやすいので効果的な投げ方になります。

三塁への牽制球での注意点

E on Instagram: “三塁側 藤浪&高城コーチ🎵 #Tighers #阪神タイガース #藤浪晋太郎 #高代コーチ #三塁#甲子園” (26531)

野球をする際に右ピッチャーだと、三塁への牽制球は難しくない動作ですが、注意しなければならない点があります。

それは、偽投に関するルールです。
偽投とは、前述したように投げるふりをすることですが、この偽投の基本ルールを把握しておく必要があります。

野球をした際にランナーが三塁にいる状態で審判にボークを宣告されると、他の塁でボークを宣告された場合と異なり、相手に無条件で1点を与えてしまうことになってしまいます。

では、野球における三塁への牽制球に関する偽投の基本ルールとはどのようなものなのか、見ていくことにしましょう。

三塁への牽制球の偽投はボーク

Free Images - Pixabay (26536)

野球でランナーが一塁と三塁にいた場合、ピッチャーが三塁への牽制球で偽投した後、すぐに体を一塁方向に回転して一塁に牽制球を投げる、という動作が行われていました。

三塁へ偽投する際に、一塁ランナーにピッチャーがホームへ投げたと勘違いさせ、飛び出してしまった一塁ランナーをアウトにすることが目的です。

しかし、これが野球における基本動作として頻繁に行われるようになったため、野球規則のルール改正で三塁への牽制球の偽投はボークとなるように変更されました。

実際に野球をする際に、このルール変更を把握しておかないと、相手に無駄な1点を献上することになってしまうので、気を付けるようにしましょう。

プレートの前に軸足を外す牽制球の投げ方とは

@chi_san_photo on Instagram: “【09/19 ヤフオクドーム】 #岸田護 #Bs18 #orixbuffaloes #オリックスバファローズ #bs2016  #牽制球” (26539)

野球でプレートの前に軸足を外して投げる牽制球は、プレートから軸足を外さないで投げる牽制球と同じ意味になります。

このため、牽制球の動作は一連で行い、二塁への牽制球を除いて必ずボールを投げるのが基本ルールです。

野球をした際に、プレート付近の形状や、履いているスパイクの種類などによって、プレートの前や横に軸足を移動させた方が投げやすい、という意味から容認されている動作です。

ただし、原則として野球でプレートから軸足を外す場合は、プレートの後ろ、二塁の方向へ外すことが基本ルールになっているので、あまりにも軸足の移動が激しような場合は、ボークとなってしまう可能性があるため、注意が必要です。

意味のある牽制球にする投げ方とは?

Free Images - Pixabay (26587)

野球で牽制球を投げる際、何も考えずに闇雲に行っていても意味がありません。

実際に野球をして牽制球を投げた際、ランナーに気付かれていたのであれば意味がなく、無駄な時間を使ってしまうだけです。

ランナーが牽制球を投げてこないだろう、と思っている時に牽制球を投げてこそ、初めて意味のある牽制球となり効果を発揮するのです。

では、野球をした際にランナーが牽制球を投げてこないと思うタイミングとは、どのような場面が考えられるのか具体的に見ていくことにしましょう。

セットポジションに入る前に牽制球を投げる

kayo on Instagram: “いよいよ、シーズンIN! 2/17㈯ 今年 初練習試合でした。 近隣の強豪チームにボコスカ打たれて散々な結果だったけど、これで自分たちの実力を理解したかな💧 ・ #少年野球 #野球少年 #新6年生 #少年野球の母 #練習試合  #ピッチャー からの #レフト…” (26594)

野球でランナーが牽制球を投げてこないと思うタイミングとは、ランナーがピッチャーから目線を外す可能性が高い場面のことを意味しています。

ピッチャーがキャッチャーのサインを見ている時は、まだ投げる体勢に入っていないため、ランナーが油断しやすくなります。

このため、キャッチャーのサインを見ている最中に牽制球を投げると、意味のある効果的な牽制球になります。

また、投球後にキャッチャーがピッチャーに返球する際も、一度ランナーは塁に戻るため、ピッチャーから目線を外しやすい状況です。

野球をした際にキャッチャーからボール受け取った直後に牽制球を投げるのも、意味のある牽制球と言えます。

牽制球を異なるタイミングで複数回行う

mayumi on Instagram: “20170405#メットライフドーム最近こういう写真を撮るのが好き。#牽制球 と #帰塁” (26605)

野球で牽制球を何度も続けて投げることは、ランナーがもう牽制球はこないだろう、という心理を抱きやすいため、意味のある効果的な手段です。

しかし、同じタイミングで投げていては、ランナーが牽制球がくる予測がしやすいため、効果が薄れてしまいます。

このため、野球をした際に、セットポジションの体勢に入ってからすぐに牽制球を投げ、次はセットポジションの体勢に入ってから少し時間をおいた後に牽制球を投げる、というように、タイミングをずらすことでランナーに予測しにくい状況を作ることが重要です。

ただし、セットポジションの体勢をあまりにも長く続けていると、審判から注意されるので気を付けましょう。

野手との連携で行う牽制球の投げ方とは?

Free Images - Pixabay (26620)

75 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

野球の投げ方の基本とコツ!正しいボールの投げ方をマスターしよう

野球の投げ方の基本とコツ!正しいボールの投げ方をマスターしよう

野球の基本の投げ方について初心者でも分かりやすいように説明します。ボールの握り方、両腕の動かし方、足の使い方、そして、体重移動。これらの野球の基本的な動作を理解し見直すことができます。また、野球の投げ方の具体的な練習方法についても最後にご紹介しています。
nabekei.27 | 152,976 view
三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは自陣ペナルティーエリア内での守備者のファウルに対して、退場、ペナルティーキック、次節出場停止の三つの罰が同時に適用されることをいいます。近年、ルール改正によって三重罰は適用されにくくなりましたが、ビデオ判定が導入されたことで判定の難解さが増しています。
hoedama1 | 71 view
ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは、打者が打ったボールが鋭く後ろに逸れ、直接キャッチャーが捕球したことを意味します。ファウルチップになった場合は、空振りと同じ扱いとなります。打者がツーストライクと追い込まれた状況であれば、空振り三振となり、アウトになります。
Anonymous | 77 view
キャッチボールの正しい投げ方とは?誰でもわかる基本のフォームを教えます

キャッチボールの正しい投げ方とは?誰でもわかる基本のフォームを教えます

キャッチボールが正しい投げ方でできるかは非常に大切です。投げ方やコントロールがバラバラではキャッチボールになりませんし、ひいては野球をプレーすることもできません。キャッチボールの正しい投げ方を詳しく、ボールの握り方や上手に投げるポイントなども解説します。
Act | 207 view
プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは、審判の判定に対してビデオ判定を要求できる制度です。プロ野球のリクエスト制度のルールは、ビデオ判定を要求できるプレーはアウト・セーフに関連するものとされています。リクエストの回数は2回とされています。リクエスト制度のルールや条件を理解してプロ野球を楽しみましょう!
kimura | 107 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8
amazon