2019年4月16日 更新

プルアウェイとは?意味やメリットを解説

サッカーは1試合90分の中で、実際にボールに触れている時間よりも、ボールに触れていない時間のほうが長いスポーツです。その中で、ボールに触れていない動きの中で、プルアウェイという動きがあります。今回はそんなプルアウェイについて意味やメリットを解説していきます。

  
374 view お気に入り 0

プルアウェイとは?

サッカーにおけるプルアウェイとは英語で pull(引っ張る)away(行く)という意味で、ボールを保持していないフォワードのオフザボールの動きとしてサッカーでは非常に重要な動き方として捉えられています。具体的には、パスを受ける攻撃選手がボールやマークマンから離れ、素早いステップワークを使って裏や前方のスペースへ動き出してパスを受けやすくする動きを意味します。

このプルアウェイは優秀なフォワードの選手に必要不可欠なオフザボールの動き方といえます。

プルアウェイのやり方

 (75540)

 (75541)

サッカーにおけるプルアウェイのやり方ですが、まず、足元でパスを受けるフリをして、ボールに近づいていき、相手マークマンはオフェンスがパスを受けた時、前を向かせないように付いてきます。そして相手マークマンがピッタリついてきたことを見計らって急ターンし相手の裏のスペースへ走り込みます

相手マークマンがオフェンスの足元で受ける動きについてきたことで、相手マークマンの裏にスペースを作ることができます。このようにプルアウェイは相手のマークマンを騙すフェイントともいえ、クイックネスが求められるオフザボールの動きともいえます。

プッシュアウェイとの違い

 (75343)

 (75542)

サッカーではプルアウェイに似た言葉でプッシュアウェイというオフザボールの動きがありますが、どのような違いがあるのかを確認しておきましょう。プッシュアウェイは簡単にいうとプルアウェイの逆の動きで、相手マークの裏でパスを受けるフェイントを入れ、相手マークの背後に動きます。

相手マークは裏を取られないようにオフェンスについていき、オフェンスは相手マークがピッタリついてきたことを見計らって、急ターンしてボールに近づきます。プルアウェイは相手マークマンの裏をとるオフザボールの動きですが、プッシュアウェイは、ゴール前でくさびのパスを受けるなどポストプレーのボールの受け方といえます。

プルアウェイに必要な3つのこと

①パスを受けるためのスペースを作ることを意識する

サッカーにおけるプルアウェイは、ただやみくもに動くだけでは体力を無駄に使うだけで何の効果もありません。最終的には前を向くためのスペースを作る動きが求められます。相手マークマンをできるだけギリギリまでひきつけて、素早く離れる動きが必要です。

そして、いつパスがきても対応できるようにボールとゴールを意識しながら、バックステップやサイドステップで動くことを心がけましょう。さらに相手マークマンは常にボールとマークから目を離すことができないので、フォワードはそれを逆手にとって、どんどん相手の背後に回るなど、ディフェンスの視野から消える動きを繰り返すと効果的です。

②ディフェンスラインを乱すことを意識する

サッカーでプルアウェイを仕掛けるフォワードは、常にゴール近くのオフサイドライン上の攻防に直面するため、オフサイドラインを意識しながらプルアウェイを仕掛けます。現代サッカーの守備戦術の主流はゾーンディフェンスとされています。つまりマンツーマンディフェンスのようにいつまでもついてくるわけではなく、スイッチが行われます。

ディフェンスラインがスイッチを行うことにより、ラインに乱れが生じ、フリーになりやすくスペースが生まれます。フォワードはディフェンスラインを乱すことを意識しながらプルアウェイを仕掛けると、相手ディフェンスからは非常に嫌がられます。

③緩急を意識する

フォワードが早く動けばマークも警戒して早く動きます。つまりプルアウェイを使う時、ボールに寄っていく動きが早ければマークはその動きに反応して警戒心を強めます。マークマンの裏を取りたいのであれば、マークマンを警戒させないことが鉄則です。すなわち、無駄に素早く動くことは避け、何気なくゆっくりと動きながら、マークマンの警戒心を緩め、裏に抜ける一瞬だけスピードを上げるといった緩急を意識することが必要です。

この緩急を実戦で有効活用するには、まずボールを受ける気がないというようなそぶりを見せます。オフサイドポジションにいれば警戒されることはありませんので、意図的にオフサイドポジションにいることも有効です。

プルアウェイのメリットとデメリット

メリット

プルアウェイの最大のメリットはマークを外して一瞬のチャンスを作り出すことにあります。フォワードに求められるテクニックに、決定力やスピード、キープ力といったものがあげられますが、実は一番重要なのがプルアウェイを含めたオフザボールの動きとされています。

サッカーにおいて、特にフォワードは1試合の中でボールに触れる時間はほんのわずかとされています。それ以外の時間はボールを持たないオフザボールの時間であり、その一番長いオフザボールの時間の動きが最も重要といえます。一瞬で裏を取ることができることはもちろん、ディフェンスの最終ラインがスイッチを繰り返すことで生じるラインの乱れを誘うという点も大きなメリットです。

デメリット

サッカーにおけるプルアウェイのデメリットとしてあげられるのが、パスの出し手と受け手のコンビネーションが合わなければ、ただのパスミスとなり相手ボールになってしまうという点です。いくらパスの出し手のパスの精度が高くても、プルアウェイの動きが中途半端だったり、逆にプルアウェイで完璧にマークマンの裏にスペースを作り出して動き出しても、パスの出し手がそれに気づいていなければ何の意味もありません。

そこで常日頃からチーム戦術としてパスのタイミングやプルアウェイのタイミングをトレーニングしておくことが求められるわけです。

プルアウェイが上手い選手

佐藤寿人

佐藤寿人のプレー集解説 ゴール前の職人技

32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9