2020年1月10日 更新

バレーボールのルールとは?ゼロから理解できる6人制バレーボール

6人制バレーボールは、1チーム6人でネットを挟んでボールを打ち合います。試合は、サーブから始まって、ボールが落ちたり反則があった場合などに得点が入り、先に25点を取ったチームがセットを獲得します。基本的なバレーボールのルールをわかりやすく説明します。

1,293 view お気に入り 0

バレーボールの基本的なルールとは?

バレーボールの基本的なルールは、サーブからプレーが始まり、ボールが床に落ちるまでに、手や腕などの体のどこかを使ってネット越しに相手コートにボールを返します。

サーブを失敗すれば相手チームに得点が入り、サーブ権が移動します。チームがボールを受けそこなった場合や3回以内で相手に返球できなかった場合に相手チームに点数が入ります。

このような流れで先に25点を獲得した方が1セットを獲得します。通常は5セットマッチで試合が行われ、先に3セット取った方のチームが勝利となります。

バレーボールの基本的ルールの特徴とは?

 (100741)

バレーボールは、床にボールを落としてはいけません。

コートにボールを落とすことなく3回以内で相手コートに返さなければなりません。これから解説していくバレーボールのルールは、この事が重要になります。

出場選手とローテーションの登録

試合の前に、試合に出場する選手の背番号と氏名を記入したラインアップシートを審判団に提出します。

後ほどローテーションに関するルールを説明しますが、出場選手は全てこのシートに記載したローテーションや選手交代を行わなくてはなりません。

試合開始のルール

ファイル:3 AVC Cup 02.JPG - Wikipedia (100743)

主審の吹笛があった後、サーブを打ってゲームが始まります。

吹笛後8秒以内にサーブを打たないと、遅延行為として反則を取られてしまうので注意しましょう。また、吹笛前に打っても無効になってしまいます。

ラリーポイント制とは?

サーブ権の有無に関わらず得点が加算される制度を、ラリーポイント制といいます。
ラリーポイント制は1999年に採用された制度で、それ以前はサイドアウト制という制度が取られていました。サイドアウト制とは、サーブ権を持っている時のラリーに勝った場合にだけ、サーブ権を持つチームの得点となる制度です。

以前のサイドアウト制では、サーブ権を持たないチームがラリーを制した場合、サーブ権を獲得するだけで得点に変動はありませんでした。15点のポイントマッチではありましたが、どうしても試合に遅延が起こりやすく、現在のラリーポイント制に改定されました。

バレーボールのローテーションのルール

6人制バレーボールの特徴として、ローテンションがあげられます。小学生のバレーでは6人制ではありますが、ローテーションは行いません。また9人制バレーにもローテーションはありません。

ローテーションに関しても様々なルールがあり、それに伴うフォーメーションの反則があります。守備専門のリベロを登録できるのも、6人制・ローテーション制の特徴です。

ローテーションとは?

バレーボールのローテーションとは? (99745)

via バレーボールのローテーションとは?
ローテーションのルールとは、コート内の6人が、サーブ権が移動するごとに時計回りに1つずつポジションを移動する規定です。​

サーブは、バックのライトに来た選手①が打ちます。

サーブの時に注意するルールは、ポジショナルフォルトという反則です。このポジショナルフォルトのルールについては後述で解説します。

ポジションの解説

 (99742)

6人制バレーボールでは、ネット寄りの3人を前衛(フォワード・フロント)、後ろ側の3人を後衛(バック)といいます。そして、ネットに向かって左からレフト・センター・ライトです。

これはあくまでポジションの名称であって、役割としての名称、例えばレフトアタッカー・センタープレーヤーなどとは違います。上図はローテーションによって移動した時にいる場所の名称です。

バレーボールの選手に関するルール

バレーボールでは、ボールに関するルール以外にも、選手に関するルールがいくつも存在します。登録選手の人数、選手交代そしてタイムアウトなど、それぞれに細かい規定が設けられています。

また、バレーボールにはリベロプレーヤーという特殊なポジションが設けられていて、リベロに関しても様々な決まり事があります。リベロプレーヤーはどういう役割でどう動くかのルールも併せて説明していきます。

選手人数のルール

@k.sarina2 on Instagram: “負けてしまったけど次は勝って欲しい!#古賀紗理那 #古賀紗理那選手 #vリーグ #vリーグはバレーだよ #火の鳥nippon #火の鳥nipponメンバー #necレッドロケッツ #バレーボール” (100748)

63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは自陣ペナルティーエリア内での守備者のファウルに対して、退場、ペナルティーキック、次節出場停止の三つの罰が同時に適用されることをいいます。近年、ルール改正によって三重罰は適用されにくくなりましたが、ビデオ判定が導入されたことで判定の難解さが増しています。
hoedama1 | 1,291 view
ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは、打者が打ったボールが鋭く後ろに逸れ、直接キャッチャーが捕球したことを意味します。ファウルチップになった場合は、空振りと同じ扱いとなります。打者がツーストライクと追い込まれた状況であれば、空振り三振となり、アウトになります。
Anonymous | 3,314 view
プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは、審判の判定に対してビデオ判定を要求できる制度です。プロ野球のリクエスト制度のルールは、ビデオ判定を要求できるプレーはアウト・セーフに関連するものとされています。リクエストの回数は2回とされています。リクエスト制度のルールや条件を理解してプロ野球を楽しみましょう!
kimura | 1,499 view
ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは、バスケットのドリブル時のヴァイオレーションの1つです。ダブルドリブルは、オフェンス側の反則で、安易なミスではなく、絶対してはいけないミスです。連続的なドリブルをするなかで、ドリブル終了後に再度ドリブルをする反則のダブルドリブルのルールの基準を理解しましょう。
MARUO KAZUHIRO | 4,415 view
PKのルールとは?改正もあったルールを含めてわかりやすく解説

PKのルールとは?改正もあったルールを含めてわかりやすく解説

PKはボールの置く位置やボールから離れる選手の距離、ゴールキーパーが動くタイミング、キックフェイントの禁止など細かいルールがあります。また、PKにはゴールキーパーにもキッカーにもコツやセオリーがあり、技術的、論理的に成功確率を高めることができます。
hoedama1 | 727 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵