2020年1月10日 更新

バレーボールのルールとは?ゼロから理解できる6人制バレーボール

6人制バレーボールは、1チーム6人でネットを挟んでボールを打ち合います。試合は、サーブから始まって、ボールが落ちたり反則があった場合などに得点が入り、先に25点を取ったチームがセットを獲得します。基本的なバレーボールのルールをわかりやすく説明します。

  
49 view お気に入り 0

バレーボールの基本的なルールとは?

バレーボールの基本的なルールは、サーブからプレーが始まり、ボールが床に落ちるまでに、手や腕などの体のどこかを使ってネット越しに相手コートにボールを返します。

サーブを失敗すれば相手チームに得点が入り、サーブ権が移動します。チームがボールを受けそこなった場合や3回以内で相手に返球できなかった場合に相手チームに点数が入ります。

このような流れで先に25点を獲得した方が1セットを獲得します。通常は5セットマッチで試合が行われ、先に3セット取った方のチームが勝利となります。

バレーボールの基本的ルールの特徴とは?

 (100741)

バレーボールは、床にボールを落としてはいけません。

コートにボールを落とすことなく3回以内で相手コートに返さなければなりません。これから解説していくバレーボールのルールは、この事が重要になります。

出場選手とローテーションの登録

試合の前に、試合に出場する選手の背番号と氏名を記入したラインアップシートを審判団に提出します。

後ほどローテーションに関するルールを説明しますが、出場選手は全てこのシートに記載したローテーションや選手交代を行わなくてはなりません。

試合開始のルール

ファイル:3 AVC Cup 02.JPG - Wikipedia (100743)

主審の吹笛があった後、サーブを打ってゲームが始まります。

吹笛後8秒以内にサーブを打たないと、遅延行為として反則を取られてしまうので注意しましょう。また、吹笛前に打っても無効になってしまいます。

ラリーポイント制とは?

サーブ権の有無に関わらず得点が加算される制度を、ラリーポイント制といいます。
ラリーポイント制は1999年に採用された制度で、それ以前はサイドアウト制という制度が取られていました。サイドアウト制とは、サーブ権を持っている時のラリーに勝った場合にだけ、サーブ権を持つチームの得点となる制度です。

以前のサイドアウト制では、サーブ権を持たないチームがラリーを制した場合、サーブ権を獲得するだけで得点に変動はありませんでした。15点のポイントマッチではありましたが、どうしても試合に遅延が起こりやすく、現在のラリーポイント制に改定されました。

バレーボールのローテーションのルール

6人制バレーボールの特徴として、ローテンションがあげられます。小学生のバレーでは6人制ではありますが、ローテーションは行いません。また9人制バレーにもローテーションはありません。

ローテーションに関しても様々なルールがあり、それに伴うフォーメーションの反則があります。守備専門のリベロを登録できるのも、6人制・ローテーション制の特徴です。

ローテーションとは?

バレーボールのローテーションとは? (99745)

via バレーボールのローテーションとは?
ローテーションのルールとは、コート内の6人が、サーブ権が移動するごとに時計回りに1つずつポジションを移動する規定です。​

サーブは、バックのライトに来た選手①が打ちます。

サーブの時に注意するルールは、ポジショナルフォルトという反則です。このポジショナルフォルトのルールについては後述で解説します。

ポジションの解説

 (99742)

6人制バレーボールでは、ネット寄りの3人を前衛(フォワード・フロント)、後ろ側の3人を後衛(バック)といいます。そして、ネットに向かって左からレフト・センター・ライトです。

これはあくまでポジションの名称であって、役割としての名称、例えばレフトアタッカー・センタープレーヤーなどとは違います。上図はローテーションによって移動した時にいる場所の名称です。

バレーボールの選手に関するルール

バレーボールでは、ボールに関するルール以外にも、選手に関するルールがいくつも存在します。登録選手の人数、選手交代そしてタイムアウトなど、それぞれに細かい規定が設けられています。

また、バレーボールにはリベロプレーヤーという特殊なポジションが設けられていて、リベロに関しても様々な決まり事があります。リベロプレーヤーはどういう役割でどう動くかのルールも併せて説明していきます。

選手人数のルール

@k.sarina2 on Instagram: “負けてしまったけど次は勝って欲しい!#古賀紗理那 #古賀紗理那選手 #vリーグ #vリーグはバレーだよ #火の鳥nippon #火の鳥nipponメンバー #necレッドロケッツ #バレーボール” (100748)

63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールって足を使っていいの?気になるルールを解説します

バレーボールって足を使っていいの?気になるルールを解説します

バレーボールの現在のルールでは、足を使ってレシーブをすることが認められています。意図的に足を使うことも、思いがけずボールが足に当たって上に上がった場合も反則にはなりません。以前は認められていなかった、足を使ってのレシーブについて説明していきます。
まる蔵 | 14 view
フットサルとサッカーの違いとは?人数やルールのポイントを簡単に解説!

フットサルとサッカーの違いとは?人数やルールのポイントを簡単に解説!

フットサルとサッカーはどちらも人気の高い競技ですが、フットサルとサッカーにはルールの違いがあります。例えば、フィールド上の競技人数は、サッカーは11人、フットサルは5人。ボールはサッカー5号球、フットサルは4号球。このようにフットサルとサッカーには違いがありますので、1つ1つ解説します。
KAERUNABE | 46 view
サッカーのベンチの人数やルールとは?気になる疑問を解説

サッカーのベンチの人数やルールとは?気になる疑問を解説

サッカーを観戦していて、ベンチに座っている人数は多いけれども、具体的に何人までベンチに入れるかを回答できる人は意外と少ないです。サッカー観戦初心者の方やサッカー観戦暦が長いけれども今更ベンチに入れる人数を知らないと言えない方へ、サッカーのベンチの人数について説明していきます。
kiyotsuka0616 | 52 view
卓球ダブルスのルールとは?シングルスと違うところを比較して解説

卓球ダブルスのルールとは?シングルスと違うところを比較して解説

卓球のダブルスでは、シングルスと異なるル―ルがいくつか存在しています。基本的にはシングルスの練習を行う機会が多いですが、ダブルスにしかない魅力もたくさんあります。卓球のダブルスルールについて解説していきます。
KAERUNABE | 125 view
アウト・オブ・バウンズとは?【バスケの基本ルール】

アウト・オブ・バウンズとは?【バスケの基本ルール】

バスケットボールのルールの1つにアウト・オブ・バウンズというものがあります。簡単に言えば、ボールがコートの外に出ることを指しますが、特にライン上の扱いについて、他のスポーツと一緒であったり異なったりするところがありますので、きちんと知っておく必要があります。
MARUO KAZUHIRO | 60 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵