2019年4月20日 更新

サッカーのハンドの定義とは?いまさら聞けないルールを解説

サッカーのハンドはルール上、ボールを手または腕を用いて意図的にボール触れる行為と表記されていますが、その反則を犯した場所やシチュエーションによって試合に及ぼす影響は変化します。どのような行為がハンドになるのか、またレッドカードとイエローカードが出される基準などを紹介します。

  
654 view お気に入り 0

サッカーのハンドとは?

ハンドのルール上の定義

サッカーのハンドのルールは、公式競技規則に以下のように定義されています。

「ボールを手または腕を用いて意図的にボールに触れる行為はボールを手で扱う反則である」

サッカーのルール上の定義によると、意図的にボールを手や腕で触ったかどうかということが判断の基準となり、またそれをどのエリアやシチュエーションで行ったかによってイエローカードやレッドカード、もしくは警告を出さないということが考慮され決められます。しかし、意図的であるかどうかということは非常に判断が難しいため、その判断のベースとなるものが設けられているとともに、審判によって一定の権限が考慮されているということもサッカーの試合では事実として存在しています。

ハンドは試合の流れを左右する

サッカーのハンドは、その反則が行われた場所によっては試合の流れを大きく変えてしまいます。具体的には、拮抗したサッカーの試合でペナルティエリア内でハンドを犯してしまい、ペナルティキックを与えてしまい失点したり、決定的なシーンをハンドで防いでレッドカードで退場になり一人減るなどということが挙げられます。

そのため、ハンドの判定に関しては明らかな場合はまだしも、微妙な判定が下された時には常に物議をかもす対象となります。近年ではVARが取り入れられたことにより、その判定の明確性がより問われるようになっていると同時に、選手はよりハンドを犯さないように気をつけるシーンが増えてきています。

ハンドは指の先から肩までを指す

 (75938)

サッカーのハンドのルール上の定義であるように、手または腕を用いてはいけないとされていますが、どの部分までを示すのかということが曖昧です。公式的にはハンドの範囲としては指の先から肩までの範囲を指し、その部分を使ってプレーするとハンドの反則が取られます。

肩と腕の境界線というのは非常に判断しづらい部分ではありますが、腕を下に伸ばした際に脇の下から肩へ向かって切った際のラインより指よりの部分を具体的には示しています。よくこの部分については議論が交わされたり、試合中にもハンドと混同される分ではありますが、その基準をしっかりと審判は見て判断しなければいけません。

サッカーのハンドの反則は大きく2つに大別される

①ペナルティエリア外でのハンド

 (75939)

サッカーのハンドは大きくペナルティエリア内でのハンドと、ペナルティエリア外でのハンドに大別することができます。
ペナルティエリア外でのハンドにも2種類ありまる。

1つ目はフィールドプレーヤーがプレー中に腕にボールが当たって取られる反則で、これは多くの場合故意であってもなくても腕に当たった時点でファウルが取られます。しかし、プレーを流した方がフリーキックを得ることになるチームに優位になるのであれば、そのままプレーオンで試合は続行されることもあります。

2つ目はゴールキーパーがペナルティエリア外で腕を使ってボールに触れた反則で、この時はそのシチュエーションによってカードの種類が変わると同時に、故意であると判断されファウルを取られます。

ペナルティエリア内でのハンド

 (75940)

サッカーのペナルティエリア内におけるハンドの判定は、非常に審判を悩ませる部分であり多くの誤審が起こる場所でもあります。何故ならば、ペナルティエリア内においてはそれが意図的であるかどうかが考慮され、またそれがレッドカードなのかイエローなのかという部分まで、ジャッジを即座にしなければいけないからです。

またペナルティエリア内はサッカーにおいて得点が動く非常に重要なエリアであり、その判定次第でゲームの流れが大きく変わってしまいます。さらに、多くのプレーヤーが密集する場所でもあるため、手に当たったかどうか審判にとっては非常に見づらく、ファウルを見逃すことも多々あります。

サッカーのハンドの判定基準

腕が体から離れているかどうか

サッカーのハンドの判定基準として、規則上は意図的に行われたかどうかということがピックアップされますが、意図的かどうかを判断するための基準として、腕が体から離れているかどうかということが用いられます。

腕が体から離れているということは、ハンドを犯すリスクのある行為であるため、それを分かっていて離しているのであるから意図的であると判断されます。少しこじつけのような理由ではありますが、腕が体にくっついている際はハンドにはならないという規則上の定義がされているので、シュートをブロックする際にプロ選手が腕を後ろにくっつけて隠すのはそのためです。

ボールに対して手が寄って行ったかどうか

サッカーのハンドの判定基準になるポイントとして、ボールに対して手が寄って行っているのか、それとも手にボールが寄ってきたのかによってファウルかどうかが変わります。

ボールに対して手が寄って行った場合、それは故意的に腕を使っていると判断され、ルール上ファウルが取られ場合によってはカードも提示されます。一方、手にボールが寄ってきた場合、つまり手が先にそこにあり、ボールが当たってきたという場合は故意ではないと判断されファウルにはなりません。しかし、ペナルティエリア内など、そこに手がある必要性がないと判断された場合は、ファウルとなりカードも表示されることもあります。

サッカーのハンドでイエローカードが出される場合

攻撃時に意図的に行うハンド

 (75941)

サッカーの試合では攻撃時に意図的にハンドを行うケースが稀に見られ、例えば有名なマラドーナの神の手ゴールなどは当時ではハンドと判定されませんでしたが、あのような行為を行うと現在のサッカーのルール上はイエローカードが提示されます。

攻撃時にはなぜレッドカードではなくイエローカードで済むのかというと、自チームの攻撃による得点機会がハンドによって取り消されたことよって損を被るのは自チームであるからです。しかし、意図的に得点するために手を使うという行為は反スポーツマンシップ行為のため、イエローカードが提示されます。

守備時に決定的場面ではない時に相手の攻撃を阻んだハンド

45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ペナルティエリア内のハンドについて徹底解説!警告?一発退場?

ペナルティエリア内のハンドについて徹底解説!警告?一発退場?

サッカーの試合でペナルティエリア内でハンドをした場合、相手にPKが与えられると同時に反則を犯した選手にはイエローカードもしくはレッドカードが与えられます。またその基準は決定機阻止や故意であるかどうかなどが関連しており、今回はその判定基準や試合で起こるシチュエーションを徹底解説します。
nosedori | 901 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nosedori nosedori