2019年1月3日 更新

ハンドボールのポストの役割や動き方とは?【ポジション理解編】

ハンドボールのポジションで最もフィジカルとパワーが必要とされるポストプレイヤー。今回はポストプレイヤーにとって必要な動き方や役割を徹底的に解説していきます。ハンドボールのポジションの中でも重要ですのでしっかりと理解を深めていきましょう。

25,794 view お気に入り 0

ハンドボールのポストプレイヤーとは?

ハンドボールの影の立役者的ポジション

ハンドボールの影の立役者的ポジション

ハンドボールでシュートも難しく、戦況に合わせてバックプレイヤーと連携をとったりとハンドボールの中では最も難しいポジション。

ポストプレイヤーとは?

ハンドボールにおいてオフェンスはやはりエースポジションの人が点取り屋でチームを活気づけているという印象があると思いますが、点を取るきっかけとして最も重要な動きをしなければいけないのがポストプレイヤーです。

ポストプレーなどを掛け合わせていくことで周りの選手の動き方が楽になったり、得点も取りやすくなります!

それだけハンドボールにおいてポストプレイヤーは影の立役者として重要なのです。
今回はハンドボールのポストプレイヤーにとってどのような動き方をすれば良いのかとお困りの方に徹底的に解説していきましょう!

ハンドボールのポストに必要なもの①

強靭なフィジカルとパワーが必要!

強靭な肉体でDFのミスをさそえ!

強靭な肉体でDFのミスをさそえ!

 ハンドボール1の肉体を誇るポストプレイヤー。フィジカルがなければDFを切り込むことは困難になってしまう。
ハンドボールのポストプレイヤーはDFとDFの間に立つポジションで、四方八方から凄まじいプレシャーと圧力がかかります。

それに伴ってハンドボールで必要なフィジカルはポストプレイヤーにとって最も重宝とせれておりパワープレースタイルで相手を跳ね除ける必要があります。

想像して見てください。体ごつく体幹、筋力共に強靭なフィジカルを持つ選手と、体は細く、押したらすぐにこけてしまいそうな選手。

どちらかをポストポジションに決める時どっちの方がDFに圧力をかけられるかと考えると、身体がしっかりしたポストプレイヤーの方が断然いいわけです。

ですから、ハンドボールで筋力が一番あるプレイヤーポジションはポストでなければいけないと考えられます。

ハンドボールのポストに必要なもの②

テクニックも大切!

 (13769)

先ほどは、パワー&フィジカルが必要と言ってきましたが他にも重要なこととしてハンドボールではテクニックも必要とされています。

ハンドボールは心技体全部が必要とされていて、特にハンドボールではテクニックで魅せるプレーも数多くあります!
ただただパワーだけでディフェンスを払いのけようとすれば、
例えばハンドボールを持っていない時などにはディフェンスを押したとみなされ反則となる場合もあります。

そのようにならないためにも動き方として利点の効いたテクニックのある動き方で、相手のディフェンスの進行方向をブロックしてシュートの道を開けたり、わずかに開いたスペースへ移動してシュートを狙いに行きましょう!

ハンドボールのポストの役割①

スペースを作る

スペースを切り開け!

スペースを切り開け!

 ハンドボールプレーで一番綺麗なセットプレーで味方のサポートとして活躍を目指しましょう。
ポストプレーヤーは動き方の基本としていかにハンドボールを持たない状況で、ディフェンスとのスペースを作ることが重要な役割です。

ボールを持たない状況で動き、ボールがある方向とは反対に動いて上のプレイヤーとあわせたりと、周りの動きを良く見てパスやポジション取りをし、味方のチャンスを広げるなどの戦術理解や状況判断に優れている必要があります。

ポストプレイヤーは攻撃が詰まった時の救世主としても活躍するポジションです。

ハンドボールのポストの役割②

ポストプレイヤーのプレースタイル

ハンドボール ポストプレー

 空いているスペースへハンドボールをパスしポストシュートを狙いにいく、理想の攻撃方法がこの動画にあるのでぜひハンドボール上達のためにも参考にしてください。
ハンドボールで優れているポストプレーヤーがいるチームは、オフェンスでの得点力もあり攻撃力も高いです。

ハンドボールでの試合展開の基本としてはバックプレーヤーがハンドボール持って動くと、相手ディフェンスも動くので、もしその動きと同時に一緒にポストが動いてしまったら、攻撃を助ける以前にオフェンスの邪魔をしてしまいます。

それを塞ぐための方法としては、バックプレーヤーが右に動けば、ポストはその反対、逆の左に動くなどして、相手のオフェンスのマークを混乱させ、バックプレーヤーの攻めるスペースを作る位置取りが大切です。

ハンドボールのポストの役割③

ブロックプレーを駆使しよう!

ハンドボール DFにブロックしてスペースを作りシュート

 ハンドボールではDFの意表を突くことでスペースでシュート練習。
 ブロックのタイミングを意識して見ましょう。
バスケットボールとの戦略の一つとしてスクリーンプレーがありますがハンドボールにも存在しています。ハンドボールでは相手のディフェンダーが動けないようにライン際で立ち止まり壁になりバックプレイヤーの道を切り開くのがブロックプレーです。
 
これをすることによりマークミスを誘ったり、相手の動きを遅らせたり、動ける範囲を制限するスクリーンプレーで、味方を生かすプレーをすることが出来るようになります。

さらに、相手デイフェンスの前に立って味方のロングシュートに対して詰めさせないようプレッシャーを与えるのが縦ブロック。


ディフェンスの横に位置取りしてバックプレーヤーが切り込むスペースをしっかり確保するのが横ブロックとバックプレイヤーとの連携で得点を切り開く鮮やかなハンドボールスタイルを目指してみましょう。

ブロックプレーはポストにとっては攻撃をアシストするための重要な役割です。

ハンドボールのポストの役割④

38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーのリベロとは?ポジションの役割など【サッカー用語解説】

サッカーのリベロとは?ポジションの役割など【サッカー用語解説】

サッカーのリベロとは、イタリア語で自由という意味の言葉で、最後尾でゴールを守ることから得点を奪うことまで幅広い役割を与えられています。リベロに求められる能力の高さと、戦術の進化によって、現代サッカーでは採用させる機会がなくなりつつあるポジションです。
soccer.life.from87 | 296 view
バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケットは5人の選手が各ポジションに分かれてプレイする、チームスポーツです。5人の選手はそれぞれに役割がありとポジションあることで、スムーズに試合運びができます。バスケットの5つのポジションは1番ポイントガード・2番シューティングガード・3番スモールフォワード・4番パワーフォワード・5番センターとなっています。
activeldirector01 | 70 view
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。
MARUO KAZUHIRO | 79 view
バレーボールのポジションと役割や動きとは?フォーメーションの解説

バレーボールのポジションと役割や動きとは?フォーメーションの解説

6人制バレーボールでは、ポジションごとに役割と動きが違います。ウイングスパイカー・オポジット・ミドルブロッカー・セッター・リベロという5ポジションに分類して、その役割と動きを、ルールとフォーメーションを絡めて詳しく解説します。各ポジションの名称や役割を知って、よりバレーボールを楽しんでください。
まる蔵 | 2,395 view
サッカーの11番の背番号の意味とは?どんな選手がつけるの?

サッカーの11番の背番号の意味とは?どんな選手がつけるの?

サッカーの背番号には様々な番号があります。背番号11番のポジションは、ウィングやトップ下というイメージがされています。そして、背番号11番に期待される役割や素質は、スピード感溢れるドリブル、得点能力、オフザボールの動きです。
masamiohdaira9 | 1,602 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

aaakm aaakm