2019年1月3日 更新

バドミントンのクリア打ち方!しっかり相手に飛ばすには?【初心者ガイド】

クリアはバドミントンの試合を組み立てる上で重要なショットです。そのフォームや打ち方には少々コツが必要ですが、クリアがバドミントンの試合の中で正確に打つことができれば、戦略面で幅が広がります。この記事ではクリアーの打ち方や練習方法を紹介していきます。

  
43,237 view お気に入り 0

バドミントンのクリア

Instagram (13057)

自分としては正しいフォームで打っているつもりなのに、シャトルが飛ばない。
コートの中を動きながらだとシャトルを捉えることができない。

バドミントン初心者の方にとってクリアはコツを掴むのが難しいショットです。

バドミントンのクリアというショットは高く上がったシャトルを、動きながらラケットの小さな面で捉えなくてはいけません。

また、シャトルを捉えたとしても足から指先まで、身体を上手く使わなければバドミントンのシャトルはしてコートの奥まで飛びません。

バドミントンの初心者の方は大抵クリアを打つときに、
ラケットにシャトルが当たらなかったり、当たってもシャトルがしっかりと奥まで飛ばずに挫折します。

しかし、はじめはコツを掴むのが難しいバドミントンのクリアですが、自転車のようなもので一定期間正しい練習を繰り返せばすんなり打てるようになります。

ここではバドミントンのクリアが上手く打てないバドミントン初心者の方のために、クリアのフォームや打ち方のコツ、練習の方法を解説していきます。

バドミントンのクリアとは?

バドミントンのクリアとはどんなショットのことを指すのかというと、
スマッシュと同じようなバドミントンのオーバーヘッドの振り方で、相手コートの奥に高く打ち上げるようなショットを打ちます。

クリアはバドミントンのショットの中では守備的な要素が高いショットです。
相手コートの奥に高く打ち上げることで、自分が体勢を整える時間を稼ぐことができます。
また、奥にシャトルを打つことで相手をネットから遠ざけ、コート奥に追い込むという攻撃的な要素もあります。

バドミントン初心者の方は、クリアといえばどれも同じショットに見えるかもしれませんが、バドミントンのクリアには2つの種類があります。

バドミントンのクリアは「ハイクリア」と呼ばれるショットと「ドリブンクリア」と呼ばれるショットに分かれます。
この2つのショットは両方クリアという名前が付いていますが、打ち方や打つときのコツが少々異なります。

それでは、2種類のクリアをそれぞれ詳しく解説していきます。

バドミントンのクリア種類①

ハイクリア

【バドミントンマン】基礎打ちの「クリアー」は、こんなショット!

ハイクリアはどちらかといえば、守備的要素の強いクリアです。
できるだけ相手コートの奥に高く打ち上げることを意識して打ちます。

相手は高く打ちあがったショットが落ちてくるのを待たないといけないので、その時間を利用して体勢を整えます。

自分が不意をつかれたり、フェイントにかかってしまったりして打つ体勢を十分に整えられなかった時に多用します。

特にバドミントンのシングルスのコートは縦に長いので、相手コートのできるだけ奥に打つクリアは戦略上重要になってきます。

一方、ダブルスではクリアを打つとスマッシュを打ち込まれ防戦一方になる可能性が高いので、あまり多用はしません。

バドミントンのクリア種類②

ドリブンクリア

ドリブンクリアはどちらかというと、攻撃的要素が強いクリアです。
相手コートのできるだけ奥を狙うということは共通していますが、高さを抑えて早くシャトルが床に落ちるように打ちます。

イメージとしては「高く打つスマッシュ」です。
ハイクリアのように苦しい体勢のときに打つのではなく、十分体勢が整っているときに打ちます。

相手がネット際のショットやこちらのスマッシュを警戒しているときに特に有効です。
シャトルにスピードをつけて相手の横を抜くことで、相手をコートの奥に追い込むことができます。

ドリブンクリアは高く打ち上げるわけではないので、使った場合体勢を整える時間が取れません。
ですので多用はせず、あくまで相手の裏をかくときに使います。

バドミントンのクリアの打ち方

Instagram (13061)

バドミントンのクリアとはどんなショットなのかを理解できたら、次はクリアの打ち方をマスターしましょう。

クリア以外のショットにも言えることですが、バドミントンは間違ったフォームや間違った打ち方で練習を続けても打てるようにはなりません。

あくまでバドミントンの正しい打ち方を知って、それを繰り返し練習することで早く打ち方のコツを覚えることができます。

特にクリアはバドミントンのショットの中でも、正しいフォームで打たなければシャトルが飛ばないショットです。
バドミントン初心者の方は最初は自己流で振るのではなく、バドミントン上級者の人のフォームを真似するなどして正しいフォーム、正しい打ち方を覚えましょう。

もちろん、バドミントンのクリアのシャトルを飛ばす感覚というのは人それぞれあるかもしれませんが、
バドミントン上級者のフォームや打ち方には共通している部分がいくつもあります。

そこにクリアの打ち方のコツのヒントが隠れているので、見て盗んで練習で試してみましょう。

クリアの打ち方とフォーム

バドミントン初心者に教える9つの基本フォーム 打ち方をしっかり習得できるようになる

バドミントンのクリアのフォームと打ち方は途中まではスマッシュやカットと同じです。

バドミントンはクリア、カット、スマッシュのフォームが似ていれば似ているほど、
相手はぎりぎりまで動き出すことができないので、3つのショットのフォームを似せることは必ず意識しましょう。

シャトルがこちらに上がってきたら、半身になりながら左手(左利きの方は右手)でそのシャトルを捉えます。

シャトルとの距離がつかめたら、右足(左利きの人は左足)に体重を乗せます。

シャトルを打つ瞬間は、右足に乗せた体重の力を足→腰→お腹と背中→肩→肘→手首→指の順に伝えます。腕を振るというよりも、身体の力をぶつける意識で打打つのがコツです。

バドミントンのショットは全て、「より大きな力をラケットまで伝えること」が大切です。

クリアの打ち方のコツ

【バドミントン】楽してクリアを飛ばす打ち方

バドミントンのクリアの打ち方のコツは、ラケットを思いっきり振るのではなく、シャトルを弾くような意識で振ることです。

感覚的にはハエたたきに近いです。バドミントンのシャトルは非常に軽いものなので、伝えた力をできるだけ一瞬でぶつけてあげると良く飛びます。

また、この一瞬でぶつける力をより大きくするコツは、より大きな筋肉の力を伝えてあげることです。
腕の力だけに頼るのではなく、腹筋や背筋などより大きな筋肉の力をぶつける意識を持つと良いです。

バドミントンではシャトルを弾かずに押しつけるような打ち方をしてしまうと、軽いシャトルには力が伝わりません。

クリア以外のショットでも遠くにシャトルに飛ばしたい場合、弾く意識を持つと大抵は上手くいきコツを掴むことができます。

ただこのあたりのバドミントンの「弾く」感覚のコツは自分で掴むしかないです。
何度も打ってみて、自分で「飛んだ」と思ったときの自分の感覚と打ち方のコツをノートにメモしていくなどすると早く覚えられます。

初心者がクリアが飛ばすことができない主な原因

ハイクリアが飛ぶ人、飛ばない人【シドニーオリンピック日本代表 井川里美】

バドミントン初心者がクリアを飛ばすことができない原因は主に下記の3つが考えられます。

打点を高くすること、体重を乗せること、シャトルの下に早く入ることはクリアを飛ばす上で重要なことなので、以下のポイントを見直してみてください。

打点が低い、あるいは高すぎる

45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フェデラーのフォアハンドの凄さとは?フォームや打ち方を徹底解説!

フェデラーのフォアハンドの凄さとは?フォームや打ち方を徹底解説!

世界最高のフォアハンドを持つフェデラーのフォアハンドストロークの秘密を徹底的に解説していきます。高等技術が盛りだくさんである一方で、基本に忠実なフェデラーのフォアハンドは、一般プレーヤーでも参考にできる部分が多くありますので、ぜひご参考ください。
SKコーチ | 20 view
バッティングフォームの基本とコツ!野球の理想の打ち方とは?

バッティングフォームの基本とコツ!野球の理想の打ち方とは?

野球の理想的なバッティングフォームについて分かりやすく解説します。バッティングを6つのフレーズに区切り、構え、乗せ、運び、振り出し、インパクト、フォロースルーのそれぞれについてフォームの基本とコツを詳しく述べていきます。また、上達するための具体的な練習方法も紹介します。
nabekei.27 | 206,147 view
バドミントンのハイバックの打ち方!コツやポイントを解説

バドミントンのハイバックの打ち方!コツやポイントを解説

バドミントンでハイバックを打つことができれば自分の攻撃の幅を広げることができます。バドミントンでのオーバーヘッドと違い初心者には難しいですが、繰り返し練習してコツをつかめば必ず習得できます。今回はそんなバドミントンのハイバックについて見ていきましょう。
MOSK | 13,657 view
テニスの素振りの練習方法と効果とは?正しいフォームを身につけよう

テニスの素振りの練習方法と効果とは?正しいフォームを身につけよう

テニスの上達方法の一つに素振り練習があります。ただ、やみくもにラケットの素振りをしても効果はありませんので、正しいやり方で実践を想定した練習が必要です。テニスの素振りは自宅でも気軽にでき、実践向きで綺麗なフォームまで身につく素振りの練習方法をご紹介します。
SKコーチ | 14 view
バレーボールのスパイクの打ち方!フォームのコツと練習方法を解説

バレーボールのスパイクの打ち方!フォームのコツと練習方法を解説

バレーボールでの一番の攻撃手段はスパイクです。ここではそのスパイクの打ち方のコツ、特にフォームに関する基本と練習方法について詳しく解説していきます。バレーボールの正しいスパイクの打ち方のフォームを習得して、自身のスパイク力をアップさせる参考にしてください。
まる蔵 | 1,945 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ratinalife01 ratinalife01