2018年10月7日 更新

セーフティバントのやり方と3つのコツとは?【野球上達ガイド】

バント(Bunt)は野球における打ち方の打法の1つですが、バントの種類の1つにセーフティバントがあります。セーフティバントは打者自らが出塁することを目的としたバントになりますが、成功させるコツがあります。ここでセーフティバントを学びましょう。

  
45 view お気に入り 0

セーフティバントとは

@masssssssssan on Instagram: “源田さんのセーフティバント⚾️#埼玉西武ライオンズ #seibulions #源田壮亮 #6#セーフティバント” (59791)

野球におけるバント(Bunt)は、打撃技術の1つとして、次のように定義されています。

■バットをスイングしないで、内野をゆるく転がるように意識的にミートした打球

このようにバントが定義されている上で、バントという打撃技術を使った野球の作戦として、バントと聞いて多くの方が思い浮かべる犠牲バント(送りバント)であったり、スクイズバントがあり、バントヒットを狙うセーフティバント(SafetyBunt)があるわけです。

自らが出塁することが目的

セーフティバントの目的は、打者自身が出塁することにあり、バントヒットを狙うということが犠牲バントと大きく異なるところです。
このことから、成功した場合には犠打と認定され打席数が増えない犠牲バントと違い、セーフティバントを実行した場合、成否を問わず記録として打席数は1つ増えます。

また、バントは定義にあるように内野をゆるく転がるような打球であるため、自身が一塁に出塁しようとしてセーフティバントを試みる打者は専ら走力に長けた選手となります。

ランナーがいてもいなくてもやれる

日本ハムの西川遥輝選手が無死一塁の場面でドラッグバント成功

野球のセーフティバントは、打者自身が出塁することを目的としたバントですので、ランナー(走者)を進塁させることを目的とした犠牲バントと異なり、ランナーの有り無しに依らず実行できます。また、自チームの指示(サイン)に従って試みることもあれば、打者自らの判断で試みることもありますが、いずれにしてもセーフティバントをするかしないかの判断基準は、次のことに集約されます。

■バットをスイングして打撃するよりも出塁できる可能性が高いか否か

打者自身の打撃の調子や、相手ピッチャーとの相性であったり、相手守備陣のポジションや守備力などを考慮して判断します。

セーフティバントのやり方①ドラッグかプッシュか

日本プロ野球のセーフティバント集

セーフティバントに限らず野球のバントは、そのやり方次第で打球を転がす方向と打球の質を変えることができます。
当然ながら、転がすことが前提となりますので、フライ(飛球)はそれには含まれないのですが、一般的なバントのほかに次の2つのやり方があります。

■ドラッグバント
■プッシュバント


ここでは、セーフティバントを試みることを前提として、この2つについての特徴や実際のやり方について触れていきますが、重要となるのは、バットの角度と腕の使い方になります。また、キャッチャーに処理されることも避けなくてはなりません。

ドラッグバント

ドラッグバント成功

ドラッグバント(DragBunt)のドラッグは引きずるという意味で、ドラッグバントは左打者しかできないバントとなります。そのやり方は次の通り。

左打者が一塁側に走り出しながら一塁側にバントする

左打者が一塁側に走り出しつつ、自分自身と同じ方向に打球を転がすことから、引きずるという意味のドラッグという言葉があてはめられたのです。左打者でこれを狙う場合、体が一塁側に向かっていてバットの角度で一塁側に転がすのは難易度が上がるので、外角球は捨てた方が良いかもしれません。

プッシュバント

プッシュバント成功

プッシュバント(PushBunt)は、その名の通りプッシュ…押し込みながらバントするものです。一般的にバントは、バットにボールが当たる瞬間にバットを引くことで打球の勢いを殺しながら転がしますが、プッシュバントのやり方では、それの反対を行うわけです。そのため、プッシュバントでは打席の反対側に打球が飛び、狙いどころは次の通りです。

■右打者のプッシュバント:ピッチャーと一塁手を線で結んだ中間あたり
■左打者のプッシュバント:ピッチャーと三塁手を線で結んだ中間あたり


やり方を間違えると、平凡な内野ゴロになります。コツは、相手守備陣の動きの逆を突くことです。

セーフティバントのやり方②右打者の場合

dance23 on Instagram: “今日のヒョットコ②💕二試合目は途中からセカンド守らせてもらいました⚾️ #japanese#baseball #少年野球#セフティバント#激ウマ#帰ってきてから#Mr 武勇伝#小学二年生 #instagood” (60071)

野球のセーフティーバントは、打者が一塁に出塁することを目的としたバントで、いわゆる内野安打(バントヒット)を狙うものとなりますので、一塁ベースに近い左打者がより成功率が高いのですが、もちろん右打者でもできます。

やはり成功カギは、相手守備陣の虚をつくことと、狙ったところに打球を転がすことになりますが、それに加えてキャッチャーによる配球を読むことも重要です。体が走り出そうとして動いている分、理想通りの打球を転がすのは難しいですが、練習してコツをつかみ、それに近いものにする確率を上げていきましょう。

バントするフォーム

野球の犠牲バントでは、ピッチャーが投球する前から、場合によってはスタンスをピッチャーと垂直にしてバントの構えをして準備しますが、セーフティバントでは当然そうしません(バスターの構えから最終的にバントするのは除きます)。

セーフティバントを成功させるうえで、そのフォームは、相手守備陣にできるだけ長くヒッティングだと思わせることが重要です。コツは、左足をスイングする時と同様に動かしながらバットを体の前に持っていきバントすることです。

バットの動かし方

右打者は体がボールに近づきながらバント

右打者は体がボールに近づきながらバント

野球の右打者がセーフティバントを試みる場合は専ら三塁側に打球を転がすことが多いと思います。その理由は次の通り。

■三塁側の方が相手守備が一塁に送球する距離が長い
■コースを問わず転がしやすい


三塁側に打球を転がす際のバットの動かし方ですが、基本的なイメージとしてバットが三塁線に垂直な角度でボールを捉え、そこからバットを引くようにして打球の勢いを殺すのがコツです。一塁側に体は向かっているので、内外のコースによる難易度はあまり変わりませんが、微調整は必要です。
56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MARUO KAZUHIRO MARUO KAZUHIRO