2019年11月17日 更新

【大阪府】サッカーの強豪高校ランキングTOP10!

大阪府の高校サッカーの強豪校の特徴として、人工芝などの恵まれた練習環境があげられます。そんな中でも最も強豪とされているのが大阪桐蔭高校です。そして大阪府代表として唯一全国制覇を成し遂げている関西大北陽高校は名門校と呼ばれています。

1,942 view お気に入り 0

大阪のサッカー部の強豪高校 第10位

興國高校

【スカサカ!ライブ】高円宮杯企画~興國高校篇~(6月14日初回放送)

国公私立 私立
所在地 大阪府大阪市天王寺区寺田町1-4-26
創立 1926年
選手権 0回
インターハイ 0回
主なOB 古橋亨梧/南野拓実/丸岡満/船木翔/中島元彦
興国高校サッカー部はこれまで全国高校サッカー選手権、インターハイの出場が一度もないにもかかわらず、近年毎年のようにJリーガーを輩出している、今最も注目を集めるサッカーの強い高校です。その原点にあるのが、面白いことをやりたいというものです。

そんな興国高校を指揮するのが内野智章監督です。内野監督は、チームとして強くしたいというよりも、面白いことをやってやろうという感覚を大切に、選手育成を行っているということです。とにかく選手の技術にスポットを当てた育成理念が、多くのJリーガーを生み出す理由となっています。

大阪のサッカー部の強豪高校 第9位

関西大学北陽高校

20180128 ガンバB VS 関大北陽 前半2

国公私立 私立
所在地 大阪府大阪市東淀川区上新庄1-3-26
創立 昭和40年
選手権 出場10回(優勝1回/4強1回)
インターハイ 出場22回(優勝1回/準優勝1回/4強4回)
主なOB 西谷正也/西村昭宏/山口敏弘/佐藤慶明
関西大学北陽高校サッカー部は選手権に10回出場し1度全国優勝を果たし、総体には大阪で最多の22回の出場で1度優勝を経験している名門校です。大阪府では唯一全国制覇を成し遂げたことで有名です。そんな関西大北陽高校サッカー部は、チームコンセプトである全員サッカーのもと、厳しい練習を積み重ねています。

また、小学生を対象に定期的にサッカー教室を開催し、小学生にサッカーを教えることで、自分の考えを相手に伝え、相手の考えを理解するというコミュニケーション能力の向上を図っています。自らのサッカーの原点んを思い出す機会となり、現在のプレー面においてよい刺激となっています。このような取り組みが関西大学北陽高校の強さの理由となっています。

大阪のサッカー部の強豪高校 第8位

金光大阪高校

金光大阪 前半 ①

国公私立 私立
所在地 大阪府高槻市東上牧1-3-1
創部 不明
選手権 出場2回
インターハイ 出場6回(8強1回)
主なOB 金沢亮/中村太亮/林卓人/家長昭博
金光大阪高校はこれまで全国高校サッカー選手権に2度、インターハイには6度の出場を誇る大阪府では強さを発揮している強い高校です。そんな金光大阪高校の特徴は、堅守速攻で、固い守備ブロックを敷いたところでボールを奪い、カウンターをしかける試合運びが特徴とされています。

指導者の岩松哲也監督の指導方針は文武両道で、全国制覇を目標に掲げています。また、中学校からの中高一貫体制によろ、中学校のときか本格的にサッカーに取り組み、中学から一貫したサッカー指導を行っています。
・堅守速攻
・文武両道

大阪のサッカー部の強豪高校 第7位

大阪学院大学高校

大阪学院高校2019 選手権モチベーションビデオ

国公私立 私立
所在地 大阪府吹田市南正雀3-12-1
創部 1959年
選手権 1回出場
インターハイ 1回出場
主なOB 石櫃洋祐
大阪学院大学高校サッカー部は、大阪学院大学をトップチームとして、高校をユースチームとした7年計画の選手育成に努めています。チームの招致のためには一人ひとりが責任を持ち、考えて行動できる自立した選手になる必要があるため、重視するのは日々の練習から常に向上心を持ち、一日いちにちを大切に努力することを心がけています。

そんな大阪学院大学高校サッカー部を指揮するのは小野原監督です。小野原監督はミーティングを重視しており、1週間のうちミーティングにはじっくりと時間をかけるのが特徴です。ミーティングで使う映像は、自宅から学校までの通勤時間に小野原監督自らが両手にiPaoとスマホを抱えて分析・編集を行っています。
・高校から大学まで7年計画
・ミーティングを重視

大阪のサッカー部の強豪高校 第6位

近畿大学附属高校

近畿大学附属 サッカー部 2017 選手権 準決勝 モチベーションビデオ

60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大阪府の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介

大阪府の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介

高校の野球界において全国的に強豪校が揃う激戦区として知られる大阪。そんな大阪の中でも野球の強豪校として有名な学校が大阪桐蔭高校、履正社高校です。両校ともそれぞれ特徴のある指導方針を掲げており、良いライバル関係を築いて、さらに近大付属、大商大浪商、上宮高校が追いかけています。
masamiohdaira9 | 1,021 view
【奈良県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

【奈良県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

奈良県の高校サッカー事情は、公立の一条高校と五條高校、私立の奈良育英高校の強豪3校の争いを中心に、香芝高校、郡山高校が追う展開になっています。奈良県は公立高校が強く、上位の高校のどこが全国大会に出るのかわからない、いわゆるサッカーの戦国の県とされています。
masamiohdaira9 | 39 view
【大分県】サッカーの強豪高校ランキング7校を紹介

【大分県】サッカーの強豪高校ランキング7校を紹介

大分県の高校サッカー事情は、大分高校、柳ヶ浦高校、中津東高校の3校が強豪となっています。その後を公立高校の強豪高校が追う構図です。大分県の高校サッカーの特徴は、公立の強豪高校が多いという点にあります。また大分は全国では実績を残せていない実情があります。
masamiohdaira9 | 67 view
【兵庫県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介

【兵庫県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介

兵庫県の高校サッカーは、選手権に20回の出場を誇る名門の滝川第二高校と名将の谷純一監督が率いる神戸弘陵高校の2校が強豪です。この2強を市立尼崎高校、関西学院高等部が追うかたちになっています。兵庫の代表高校は全国に出場するとベスト4など上位に進出するサッカーでは強豪の県です。
masamiohdaira9 | 103 view
【和歌山県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

【和歌山県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

和歌山の高校サッカー事情は、全国手に有名な初芝橋本高校が選手権に15回、インターハイに16回出場している強豪校。公立の和歌山北高校は選手権に7回出場、近畿大学付属和歌山高校がインターハイに11回出場実績のこの3校が強豪です。和歌山の高校サッカーの特徴は、公立高校が活躍している点です。
masamiohdaira9 | 63 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9