2019年4月13日 更新

スライダーとは?カーブなどの変化球との違いを徹底解説

ピッチャーが投げる変化球には多種多様のものがあります。カーブやフォークなど多くの変化球がある中で、曲がり方の違いなどで球種が分けられています。その中でも、多くのピッチャーが投げているスライダーについて、握り方、投げ方など色々な面から考えていきます。

  
357 view お気に入り 0

スライダーの変化球の特徴とは?

ピッチャーは多くの変化球を使い分けて、バッターを打ち取ろうとします。ストレートがピッチャーにとって大事な球種であることに間違いありません。しかし、レベルが上がればそれだけでは打ち取ることが難しいです。
そこで、変化球を使ってバッターを惑わして打ち取ることになります。スライダーとは、そういった変化球の1種であり、昨今の野球界では使うピッチャーが多いです。スライダーは、変化球の中でも横に滑るように曲がることが特徴になります。

スライダーの特徴①横滑りする変化球

橋口 正邦 on Instagram: “メルボルンで武者修行中の西部ライオンズ・齋藤大将投手⚾️🔥 A Japanese pitcher are playing for Melbourne from Lions⚾️🔥” (63147)

スライダーとは、簡単に言い表すと、横に滑っていくような変化球です。変化球には、様々な動きをするものがあります。フォークのように、下にボールが落ちたり、曲がりながら落ちていくようなカーブなど種類が豊富です。

その中でも、スライダーとは、ストレートと同じようなスピードでボールが投げられますが、打者の近くに来た時に、横滑りするように曲がります。右投げのピッチャーであれば、右から左へ、左投げのピッチャーであれば、左から右へと滑るように曲がるのが特徴です。

スライダーの特徴②多くのピッチャーが使う変化球

スライダーとは、昨今では多くのピッチャーが使う変化球です。スライダーは、横に変化するボールと言いましたが、実際には縦に変化するスライダーも存在します。
ピッチャーによって、持ち方も違ってきますから、変化も変わり、ボールの動きが不規則です。基本は、横滑り、縦の変化になりますが、実際に投げたピッチャーがスライダーと言えば、そのボールの軌道に関係なくスライダーとなります。多くのピッチャーが使っている球種ですから、練習を積めば、使える変化球です。

スライダーの特徴③ストレートと同じように投げることができる球種

野球、釣り大好き ばーちー on Instagram: “久しぶりの野球、今年もあと1回か2回か  4時間みっちり、感が鈍っておりました。  #野球練習#休憩中#休憩#休憩時間 #休憩タイム#野球#野球すきな人と繋がりたい #野球が好き #野球場 #野球大好き #野球バカ #野球愛 #野球好きな人と繋がりたい #野球⚾️ #野球ばか…” (63228)

スライダーとは、ストレートと同じように投げることができる変化球です。持ち方が違いますから、かかる回転も違ってきます。しかし、スライダーは他の変化球と違い、ストレートと同じような軌道で進みながらバッターの手元で変化することが特徴です。
スライダーの特徴とは、ストレートと同じように投げることができます。わざわざ曲がるようにボールに捻りを加えるのではなく、ボールを指先から話す瞬間に引っ掛けるようにするだけで、ストレートと同じ投げ方から変化を加えることが可能です。

スライダーの特徴④覚えやすい変化球

全ての変化球は、投げる人の投げ方や、腕の使い方などで投げやすさや投げにくさがあります。変化球は、いかにして回転をかけたり、かけなかったりするかによって、ボールに空気抵抗を与え、軌道を変化させる技術です。
スライダーは、多くのピッチャーが利用していることからも、投げやすい球種であることは間違いありません。変化の大きさは、回転の数にもよってきますから、それをいかにしてコントロールしたり、スピードを乗せることができるかが、それぞれのピッチャーの技術と言えます。

スライダーとカーブの違いとは?

スライダーとカーブの違いを上げるならば、スピードとボールの軌道の違いが挙げられます。スライダーは、ストレートと同じように、高速の真っすぐな軌道で進みながら、打者の手前で変化することが通常です。それに比べ、カーブとは、山なりの軌道を描きながら、曲がりながら落ちるような感覚で投げられるボールと言えます。

これらは、それぞれに利点があり、打者の打つタイミングをずらすことできちんとバットに当てることができなくする方法です。

スライダーとカーブの違い①曲がり方

スライダーとカーブの違いは、曲がり方が大きく違います。スライダーは、横滑りするような曲がり方が特徴です。これに対して、カーブは、スローボール気味にボールが曲がりながら落ちていきます。

この曲がり方の違いからも分かるように、カーブとスライダーは曲がり変化球と言えども、全く性質の違うボールです。ストレートのような軌道から変化を付けたいのであればスライダー、スローの時点から大きく変化を出すのであれば、カーブといった使い分けができます。

スライダーとカーブの違い②スピードの違い

@og_baseball_ on Instagram: “#10 田中君右腕◎#高校野球 #聖カタリナ #camera #instagram #daily #ピッチャー” (63149)

2つの球種の違いとは、ボールのスピードに大きな差があります。スライダーは、投げるピッチャーによっても違ってきますが、ストレートに近いくらいの球速です。速いボールでストレートのように見せて、手元に近い場所で変化します。

対して、カーブとは、スローボールのようなスピードになることが多く、相手のタイミングをずらせたり、スピード変化を付けることによって、目を慣らせないようにするようなボールと考えるとわかりやすいです。

スライダーとカーブの違い③握り方の違い

スライダーとカーブの違いとしては、ボールの握り方が違います。カーブもスライダーもボールの縫い目に指を掛ける形です。スライダーは、中指を縫い目にかける握り方で、カーブは人差し指と中指を縫い目にかけます。
どちらも横に曲がる変化球ですから、ボールに回転を付けますが、手首を捻るのではなく、腕全体でボールに回転をかけるようにします。スライダーには、高速のものや縦に変化するものもありますが、どのような変化球も同じような投げ方です。

スライダーとカーブの違い④回転軸が違う

ゆーや on Instagram: “1番気に入ってる写真これが全盛期#1#強くなる#ピッチャー#エース#優勝” (63230)

細かな話になると、スライダーとカーブは回転軸が違います。回転軸とは、高速で動くボールにかかる回転の中心線のことで、変化球はこの回転軸をどこに作るように投げるかがポイントです。

スライダーは横回転がかかるように投げますから、回転軸は上から下になります。対して、カーブは曲がりながら落ちるので、回転は斜め方向です。この時の回転軸は、右投げであれば左上から右下になります。このように、変化球を投げる時には、回転軸も違うことを意識して投げることです。

スライダーのボールの握り方

43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000