2019年4月29日 更新

フォアハンドが安定する打ち方と練習方法とは?【テニスの上達ガイド】

テニスをプレーしていると、フォアハンドが安定しなくなるという方は非常に多いです。テニスにおいてフォアハンドの安定はラリーや試合で非常に大事になりますので、フォアハンドで安定したショットの打ち方のコツや、練習方法を詳しく解説していきます。

44,341 view お気に入り 0

フォアハンドが安定する手首の形の作り方のコツ

 (45896)

テニスのフォアハンドが安定する手首の形の作り方のコツは、インパクト時にラケットの裏側を覗くようにすることです。ラケットの裏側が見える位置というのが正しい打点の位置となり、その時の手首の形が左右のブレをなくすための形となります。

間違っても手首を固定させてといった考え方にならないようにしましょう。手首を固定させようとすると手首に力を入れようとしますが、そもそも手首に力は入りません。力が入るのはグリップを持つ手になりますので、固定させようと意識することが逆にグリップを握りラケット面が変わる原因となりますのでご注意ください。

フォアハンドで手首の形をキープする練習方法

硬式テニスのフォアハンドで方向を安定させる練習方法はボールをまっすぐ飛ばすです。3段階に分けて練習することで、手首のキープやラケット面の裏を見るための打点を理解しやすくなります。

①打点の位置にラケットを置き、ワンバウンドのボールを当ててまっすぐ転がす
②打点の位置にラケットを置き、ボールを打点から振り上げてまっすぐ飛ばす
③打点の位置からラケットを下に用意し、ラケットの裏側を見ながら振り上げてボールを飛ばす


上記の練習方法は腕の操作のみのため、ボールは遠くに飛ばないことが正解です。飛ばそうとして手首を使わないようにご注意してください。

テニスのフォアハンドが安定する打ち方のコツと練習方法②

 (45897)

硬式テニスでフォアハンドを安定させるための打ち方のコツの2つ目は、スイングの仕方です。距離の安定に分類され、山なりのボールを打つためとラケット面のキープの2つの目的があります。

スイングのコツは、肩を支点とした円運動の動作です。肩を支点とした腕は横回転はやりづらく、縦の円回転に動かすことが自然な動かし方となります。円運動をすることで下から上のスイングも可能になり、安定したボールを打つためのフォームに重要な動かし方となります。

フォアハンドが安定するスイングの打ち方のコツ

 (45898)

テニスのフォアハンドが安定するスイングのコツは、手首の形のキープと体の回転、そして肩を支点とした円運動の3つです。
ただ、肩を支点とした円運動をしただけですと、ラケット面は打ちたい方向へは向かず、先述した手首の形を満たすことができません。また、腕だけの動作ですと非常に窮屈になるため、体の回転も必要になります。体の回転と円運動を同時進行で行うことで、体は横回転の遠心力が働き、円運動のラケットは体の近いところから遠いところに離れていき、スムーズにスイングができるようになり(インサイドアウトという)、手首の形も作ることが可能になります。

フォアハンドが安定するスイングを作る練習方法

 (45906)

硬式テニスのフォアハンドを安定させるスイングのおすすめの練習方法は2つです。

①体を横向きにした状態で、肩を支点に腕を円運動した状態で球出しのボールをまち、打つタイミングに合わせて体を回転させて打球をする。
②球出しの時に、ペアの人に腰の高さにラケットを設置してもらい打球をする


テークバックを腕から引いてしまう方は、①の練習方法を行い、打点に合わせて力が入ってしまう方は、②の練習方法をすることで、フォアハンドで安定したボールを打つためのスイングフォームを作ることができます。

テニスのフォアハンドが安定する打ち方のコツと練習方法③

 (45899)

硬式テニスでフォアハンドを安定させるための打ち方のコツの3つ目は、下半身からのスイング動作です。テニスにおいて下半身からの始動でのスイングはすべてのショットの土台となる動きになります。
人間の部位で最も力があるのは下半身なので、力のある下半身から始動することで、腕の力に頼らずとも効率よくボールを飛ばすことができる打ち方となります。
また腕に力が入らないため、ラケットに負荷をかけるような動きもなくなるので、常に同じ軌道での腕のスイングが可能となり安定したボールを打つことにも繋がります。

フォアハンドの下半身を使った打ち方のコツ

 (45900)

テニスのフォアハンドが安定する下半身を使った打ち方のコツは、重心移動と体の回転です。

重視移動のコツは、後ろ足の膝を前足の膝に寄せる動作です。膝を寄せることにより重心移動ができ、体の回転をするための準備の意味合いを持ちます。また、膝を寄せることにより、ラケットを持つ方の肩が自然と下がり、腕の操作に頼らずともラケットダウンが可能になります。
体の回転のコツは、後ろ足を蹴り返す動作です。親指を軸として蹴り返すことによって体が回転し、腕に力をいれない効率的な動作のフォームを手に入れることができます。

フォアハンドの下半身を使ったスイング練習方法

硬式テニスのフォアハンドを安定させる、下半身を使った打ち方のおすすめ練習方法は素振りです。

①足の幅を肩幅に合わせて立ち、両腕を左右に振ります。
②次に足を蹴り返しながら腕を左右に同様に振ります(この時腕がより振られていればOK)
③これまでの動きをラケットをもって行います。慣れてきたらスイング軌道を意識しましょう。

上記の手順で体の動かし方を覚えることが重要です。
また、応用として長いもの(ホウキ)などをもって素振りをしてみましょう。長いものを振ることで遠心力が働き、より下半身からの動きを認識しやすくなり、フォーム作りに最適の素振り練習となります。

テニスのフォアハンドが安定する打ち方のコツと練習方法④

 (45901)

硬式テニスでフォアハンドを安定させるための打ち方のコツの4つ目はボールに回転をかけるです。距離の調整と弾道に分類され、テニスにおいてボールに回転をかけることは必須となります。
テニスボールに回転を加えるためには、これまでお伝えしてきた面の向き、下から上へのスイング、下半身から始動するスイングフォームの3つが必要不可欠となります。そのため、3つの動作をマスターすれば回転は自然にかかり、ボールを安定させることができます。

注意点として、腕の操作で回転をかけようとしないことです。これではボールに勢いが出ずネットを超えなくなります。
66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンのロブとは?打ち方やコツをまとめて特集【初心者OK】

バドミントンのロブとは?打ち方やコツをまとめて特集【初心者OK】

バドミントンのロブは、ドロップやカット、ヘアピンのリターンとして使われることが多いです。ピンチの時に次へとつなぐことができるショットですので、確実にコツをつかんで習得をしておきたいショットです。しっかりと打ち方を覚えて、良いロブを打てるようになりましょう。
MOSK | 27,827 view
バドミントンのカットの打ち方!コツや練習方法とは?

バドミントンのカットの打ち方!コツや練習方法とは?

バドミントンの試合で最もわかりづらいだまし討ちショットはカットです。その打ち方や練習方法をご紹介します。バドミントン試合中のカットの注意や対策なども動画を交えて解説していきます。カットができればバドミントンはもっと楽しくなります!
yuki | 33,803 view
バドミントンのハイバックの打ち方!コツやポイントを解説

バドミントンのハイバックの打ち方!コツやポイントを解説

バドミントンでハイバックを打つことができれば自分の攻撃の幅を広げることができます。バドミントンでのオーバーヘッドと違い初心者には難しいですが、繰り返し練習してコツをつかめば必ず習得できます。今回はそんなバドミントンのハイバックについて見ていきましょう。
MOSK | 20,560 view
バドミントンのドライブとは?打ち方のコツや練習方法をご紹介!

バドミントンのドライブとは?打ち方のコツや練習方法をご紹介!

バドミントンでドライブを打つことができれば、プッシュなどのネットプレーに対する返球に使うことができます。バドミントンでのネットプレーの幅が広がり、自分のバドミントンの実力を上げることができる、バドミントンのドライブについて見ていきましょう。
MOSK | 40,769 view
バドミントンのヘアピンのコツ!打ち方や練習方法とは?

バドミントンのヘアピンのコツ!打ち方や練習方法とは?

ネットを制する者がバドミントンを制す!とも言われるためバドミントンのヘアピンは重要なショット。今回はヘアピンの打ち方、練習方法、初心者がどのように練習すればいいかなど打ち方やコツを徹底的に説明していきますね。是非この機会にマスターしていきましょう!!
moriko48 | 38,168 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ
amazon