2019年4月29日 更新

フォアハンドが安定する打ち方と練習方法とは?【テニスの上達ガイド】

テニスをプレーしていると、フォアハンドが安定しなくなるという方は非常に多いです。テニスにおいてフォアハンドの安定はラリーや試合で非常に大事になりますので、フォアハンドで安定したショットの打ち方のコツや、練習方法を詳しく解説していきます。

44,334 view お気に入り 0

フォアハンドで回転をかける打ち方のコツ

 (45902)

テニスのフォアハンドが安定する回転のかけ方のコツは、ラケットダウンからインパクトまでの動きです。ボールを回転させるためには、ラケットとボールの接触の仕方が重要となるからです。

ボールに対して下から上のラケット移動、打点時に地面と垂直の形を作る手首の形、ボールに当たるまでにスイングスピードをあげるための体の回転の3つの要素が回転をかけるコツとなります。

そしてボールに回転をかける最大のコツは、振りぬくことです。打点時に腕に力を入れてしまうとラケットの動きは止まってしまいボールを擦る動きではなく反発する形になってしまいます。

フォアハンドで回転をかけるための練習方法

硬式テニスのフォアハンドを安定させるボールに回転をかける打ち方のおすすめ練習方法はラケットダウンの状態からの球出しです。

①ラケットダウンした状態でボールを待つ
②テニスラケットの面の中でボールを転がすイメージでスイング
③テニスラケットのフレームが背中につくまで振り切る


先述した通り、回転をかけるコツはラケットダウンから打点までの動きです。そのため、まずは強制的にラケットダウンをした状態から打球することで回転の感覚を身につけることが重要です。

テニスのフォアハンドが安定する弾道を作るための練習方法

これまでフォアハンドを安定させるための打ち方のコツやフォーム、練習方法についてお伝えしてきました。ですが、人によっては理論的なアドバイスよりも感覚的なアドバイスの方が理解しやすいという方も多くいます。

これからお伝えするボールの弾道については、理論的にフォームを修正した結果を確認する効果もありますし、ボールの結果のイメージをすることで感覚的にフォームを身につける高価もあり、双方におすすめの練習方法となります。
どんなに良いフォームで打ってもボールがイメージと違ければ安定したボールとは呼べませんので、ぜひ安定したボールの弾道を身につける練習方法を参考にしてください。

フォアハンドが安定する弾道を作る練習方法①

 (45903)

テニスのフォアハンドで安定した弾道を身につけるための1つ目の練習方法は、カゴにボールを入れる練習です。先述した通り、直線的なボールではなかなか安定しません。
特にテニス初心者の方は速いボールを打とうとしてこの現象になります。正しい弾道である功を描くボールを打つためにはボールを落下させる考え方が重要となります。

①サービスライン上から球出し。カゴは上向きにした状態でサービスラインにセット
②かごの位置は変えずに徐々に打球する場所を後方にさげる


いきなりベースラインから球出しをしてしまうと、飛ばそうとする意識が働き腕に力が入りやすくなりますので、短いところから距離を離して練習しましょう。

フォアハンドが安定する弾道を作る練習方法②

 (45904)

テニスのフォアハンドで安定した弾道を身につけるための2つ目の練習方法は、アレーコート内同士でのラリーです。
アレーコートとは、シングルスラインとダブルスラインの横幅わずか1.5mの枠のことを言います。限られた枠の中でラリーをすることで、横降りのスイングではなく縦ぶりのスイングが身に付き、功を描いた弾道を身につけることが可能になります。

アレーコート内でのラリー練習の注意点は、速いボールを打たないことです。ラリーを繋げることで実際に打球されたボールに対して安定した弾道を作るためのスイングを身につけられるためです。

テニスのフォアハンドが安定する打ち方と練習方法まとめ

 (45907)

硬式テニスでフォアハンドが安定することで、自信をもってテニスをプレーすることができます。
左右の安定、距離の調整、ボールを落下させるの3つの指標を知ることでどこを修正すればいいかが一目瞭然となります。このように分析をすることは、フォアハンドを安定させる一番の近道となります。
そして、意外に見落としがちですが、フォームの修正ばかりではなく弾道のイメージをすることも、安定したボールを打つためのコツとなります。
打ち方の修正→弾道のイメージの手順で練習をすることで、初めて実戦で安定するフォアハンドを手に入れることができますので、ぜひ参考にしてください。

66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンのロブとは?打ち方やコツをまとめて特集【初心者OK】

バドミントンのロブとは?打ち方やコツをまとめて特集【初心者OK】

バドミントンのロブは、ドロップやカット、ヘアピンのリターンとして使われることが多いです。ピンチの時に次へとつなぐことができるショットですので、確実にコツをつかんで習得をしておきたいショットです。しっかりと打ち方を覚えて、良いロブを打てるようになりましょう。
MOSK | 27,810 view
バドミントンのカットの打ち方!コツや練習方法とは?

バドミントンのカットの打ち方!コツや練習方法とは?

バドミントンの試合で最もわかりづらいだまし討ちショットはカットです。その打ち方や練習方法をご紹介します。バドミントン試合中のカットの注意や対策なども動画を交えて解説していきます。カットができればバドミントンはもっと楽しくなります!
yuki | 33,803 view
バドミントンのハイバックの打ち方!コツやポイントを解説

バドミントンのハイバックの打ち方!コツやポイントを解説

バドミントンでハイバックを打つことができれば自分の攻撃の幅を広げることができます。バドミントンでのオーバーヘッドと違い初心者には難しいですが、繰り返し練習してコツをつかめば必ず習得できます。今回はそんなバドミントンのハイバックについて見ていきましょう。
MOSK | 20,560 view
バドミントンのドライブとは?打ち方のコツや練習方法をご紹介!

バドミントンのドライブとは?打ち方のコツや練習方法をご紹介!

バドミントンでドライブを打つことができれば、プッシュなどのネットプレーに対する返球に使うことができます。バドミントンでのネットプレーの幅が広がり、自分のバドミントンの実力を上げることができる、バドミントンのドライブについて見ていきましょう。
MOSK | 40,766 view
バドミントンのヘアピンのコツ!打ち方や練習方法とは?

バドミントンのヘアピンのコツ!打ち方や練習方法とは?

ネットを制する者がバドミントンを制す!とも言われるためバドミントンのヘアピンは重要なショット。今回はヘアピンの打ち方、練習方法、初心者がどのように練習すればいいかなど打ち方やコツを徹底的に説明していきますね。是非この機会にマスターしていきましょう!!
moriko48 | 38,162 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ
amazon