2018年8月13日 更新

テニスの練習メニュー5選!初心者が楽しく上達するためには?【テニスコーチ監修】

テニスで上達を感じる時は様々です。気持ちよく打てた時ももちろん上達を感じますが、試合でポイントを取った時がもっとも上達を感じ、テニスが楽しいと思える時です。テニス初心者が試合でポイントを取るための練習メニューを5つに分けてご紹介します。

  
14,755 view お気に入り 0

硬式テニス初心者が楽しく上達するには

 (39719)

硬式テニスを始めたばかりの方は、なかなか上達しないのではないでしょうか。硬式テニスは簡単そうに見えて非常に難しいスポーツです。そのため、上達するための基本となる練習法を知ることが、テニスを上達するために重要なこととなります。

硬式テニスは達成感・上達感・運動感の3要素を感じることでより楽しいテニスをプレーすることができます。そのために、テニスに必要な基本ショット「ストローク」「ボレー」「サーブ」とショットを使って相手とプレーをする「ラリー」「ゲーム」の5種類の上達するための練習メニューをご紹介していきます。

硬式テニス初心者が楽しく上達するための3つの基礎

 (39720)

各ショットの練習のやり方をより効率よく取り組むために、硬式テニスの3つの基礎を知っておきましょう。
①ラリーでテニスを楽しむ
②ボールをコントロール
③ボールを遠くへ飛ばす

硬式テニスを楽しくプレーするために必要不可欠な要素となります。テニスは相手と打ち合うスポーツですから、ラリーが続かないと楽しさを実感できません。まずはどんな形でも良いので相手と打ち合う楽しさを体感することが大切です。

ラリーをしていくといくつかの問題点に直面し、コントロールやボールを飛ばす技術が必要ということに気付いてきます。ラリーで何をすべきかを知った上で練習に取り組むことで上達度合が格段に上がってきます。

テニス上達の基礎①ラリーをする

 (39722)

硬式テニスは相手と打ち合うスポーツであるため、ラリーは絶対に必要な基礎となります。ラリーはテニスというスポーツの土台となるので、まずはラリーができることを目標に練習をしていくことが基本となります。
球出し練習はショットのフォーム作りがメインとなり、ラリーは硬式テニスに必要な予測・判断といった要素を上達させるために行う練習のやり方となります。

打ち方はさほど気にしなくても良いので、どんなボールが来るのか、どのくらいボールは弾むのか、どのくらいの力具合でラケットにボールを当てたら良いのかといった打ち方以外のことを意識してラリー練習に取り組むことが硬式テニス上達に必要な基礎となる考え方です。

テニス上達の基礎②ボールをコントロール

ラリーをするにも、ゲームでポイントをとるにも欠かせない技術の基礎として「狙う」があります。自身が狙ったところにボールをコントロールすることが、硬式テニスをプレーする際の目標となります。ボールをコントロールするための基礎は3つです。
①コース
②強弱
③高さ
テニスボールを打球する際に常に意識したい点となります。コースを決める基礎となる考え方は、打つ時の体の向きとラケットの面の方向、強弱はスイングスピード、高さはスイング軌道とラケット面の角度です。レベルが上がってくることで、さらに「回転」という要素が加わってきます。

テニス上達の基礎③ボールを飛ばす

ラリーをするための力の調節やコントロールするための基礎となる要素ができた後は、硬式テニスのスイングでボールを飛ばす段階になります。多くの硬式テニス初心者は、初めの段階でボールが飛びすぎてしまうといった経験をします。ですが、硬式テニスの基本となるルールはテニスコート内にボールを収めることです。テニスのルールの中でボールに勢いを出すためには、3つの基礎を理解することが重要です。
①グリップは握りすぎない
②下から上のラケット操作
③体の回転を使う

3つのテニス上達の基礎を踏まえたうえで、テニス初心者向けの基本の練習メニューを5つに分けてご紹介していきます。

硬式テニス初心者向け練習メニュー5選

 (39723)

硬式テニスをする上で基本となる5つの項目の練習メニューと目的は以下の通りです。
①ストロークの基礎
 体の回転を使って、ボールがまっすぐ飛ばせる
②ボレーの基礎
 ボールが狙ったところにコントロールできる
③サーブの基礎
 上からのスイングで、サービスコート内にコントロールできる
④ラリーの基礎
 ベースライン上で10往復できる
⑤ゲームの基礎
 相手のいないところに狙ってポイントを獲得できる

上記の目的を目指していく上で必要となるのがグリップ力です!グリップはしっかりと握らずに第一関節と第二関節で握り込むようにして、グリップを包み込むことで、力が抜けリラックスした状態を保てます。

硬式テニス初心者向け4つのストローク練習メニュー

 (39725)

硬式テニス初心者がストロークのショットを練習する上で基本となるやり方は4つです。
①ボールの落下地点を予測する
②インパクトの位置を知る
③体の回転を使ってボールを飛ばす
④ストローク動作のリズムを知る

ストロークは、ワンバウンドをするボールを打球するので、バウンド後のボール軌道の予測が非常に重要になります。予測さえできてしまえばラケットにボールが当たらないということがなくなってきます。
その後、コントロールの精度やボールの勢いなど、打球の質に重点を置き練習していくことが、テニス初心者のストローク上達の早道となります。上記の手順に合わせて練習メニューをご紹介していきます。

ストローク練習メニュー①

 (39729)

1つ目のストローク練習メニューは、ボールの落ちる場所を予測するため「ワンバウンド同士でキャッチボールをする」です。
まずは、テニスボールの弾み具合を理解することが目的となる練習メニューとなります。ワンバウンドのキャッチボールから 山なりでのキャッチボール 距離を離してのキャッチボール へと徐々に負荷をかけていきます。ラケットを使っての練習メニューへと移っていきます。

①ワンバウンドしたボールをラケット面に当てるだけ
②ワンバウンドしたボールをラケット面を上に向けた状態で当て、そのボールを自分でキャッチ

目的はあくまで落下地点の予測ですのでラケットを振る必要はありません。

ストローク練習メニュー②

 (39733)

2つ目のストローク練習メニューは、インパクトの位置を知るために「ラケットを短く持って打球する」やり方です。
硬式テニステニス初心者は、ラケットを使うことに慣れていないため、ラケットと自分の距離感を掴むのが難しく感じます。

①テニスラケットの三角形の部分をもって打球する
②テニスラケットのグリップの上部をもって打球する

徐々にラケットの長さを変えていくことで自分とラケットとボールの距離感を掴める練習メニューとなります。ボールを打つ時いつも体の近いところで打ってしまうという方には、おすすめの練習メニューです。
78 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンが上達・強くなるなるための練習方法やメニューを解説。練習方法については、1人でも行える練習方法も紹介しています。また、バドミントンのテクニックについても紹介!さらに、バドミントンが上達しないときの対処方法についても解説しています。
onomine777 | 2,427 view
フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者が上達するためのコツは、基本を押さえた練習をすることです。 フットサルは、足でボールを扱う競技ですから、とても難しいものですが、初心者だからこそコツを掴むことができれば、上達する速度は速くなります。コツを掴めば、一気にフットサルが上達します。
camarade20042000 | 8,320 view
バドミントン初心者におすすめしたい練習メニューとは?疑問を解決しよう!

バドミントン初心者におすすめしたい練習メニューとは?疑問を解決しよう!

バドミントン初心者の方に贈る、バドミントン上達の鍵を握る練習方法と気を付けるべきポイント、おすすめメニューなどをそれぞれ3つずつ簡単にご紹介します!ここからあなたのバドミントン上達方法が導きだせるかも!?わかりやすい参考動画付なのでトレーニングにご活用ください。
yuki | 21,828 view
サッカートレーニング法6選!上達するために必要なこととは?

サッカートレーニング法6選!上達するために必要なこととは?

今回はサッカーのトレーニング方法を6種類紹介いたします。1人トレーニング3種、2人トレーニング3種を紹介いたします。サッカー初心者の方でも上達できるようなメニューを選んだので初心者上級者問わずご覧になってください。
anton | 4,285 view
サッカーリフティングのコツ!上達方法や練習のやり方【初心者におすすめ】

サッカーリフティングのコツ!上達方法や練習のやり方【初心者におすすめ】

サッカーリフティングのコツを紹介。リフティングがあまり続かない、どうすれば上手くコントロールができるのか、初心者の方が初めにぶつかる壁だと思います。この記事では上達するためのコツや練習方法、やり方を動画を交えながら紹介します。
sayusayuman1031 | 4,090 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ