2020年1月30日 更新

ツイスト打法の気になるフォームや打ち方とは?野球の打撃練習法

野球のバッティングの打法の1つであるツイスト打法とは?ツイスト打法がどんなもので、どのようなメリットがあるのか?プロ野球選手で巨人に所属する阿部慎之助選手を手本にして練習方法や打ち方などを紹介していきます。

30,014 view お気に入り 0

バッティング打法とは?

野球のバッティング打法には様々なものがあります。打ち方としてノーステップ打法や一本足打法、ツイスト打法や振り子打法など挙げたらきりがありません。

野球でバッティングをする際には打法が人それぞれ違います。同じ打法でもフォームやスイングの仕方などが少し違ったり多種多様なのが野球の打法です。

ツイスト打法とは?

野球のツイスト打法の打ち方とは通常スイングする際に腰をスイングする方向にひねりますが、ツイスト打法はインパクトの瞬間にスイングとは逆方向にひねって打つ打ち方になります。

理屈はわかるかもしれませんが実際にやろうとするとなかなか体勢が安定しなかったり、ぎこちないスイングや動きになってしまいがちです。
巨人軍の2016年を総括する その7 【阿部慎之助】 ( 野球 ) - 巨人が好きだ。何よりも野球が好きだ。 - Yahoo!ブログ (35574)

分かりにくいかもしれませんがプロ野球選手である阿部慎之介選手のバッティングフォームを参考にすると、画像下段の右から1番目と2番目がツイスト打法の流れになります。

ツイスト打法は野球だけでなく、ゴルフでも使用されている打法です。ちなみにですが阿部慎之介選手の打ち方を見ると、スイングはしっかりバットが上から出ており見本にしてほしいスイングになります。

ツイスト打法の代表的な選手

ツイスト打法で有名なプロ野球選手として巨人の阿部慎之介選手やヤクルトの青木宣親選手、元日本ハムの稲葉篤紀選手などがいます。どの選手もプロ野球界でハイレベルな成績を残していますが、その中でも今回は、数々のホームランを放った阿部慎之介選手のツイスト打法の打撃フォームやスイングについて注目していきます。
読売ジャイアンツ所属の阿部 慎之助捕手(36)が、今季通算333号、1000打点を達成されました | かずのりの☆ヒーロー☆彡ブログ (35566)

阿部慎之介選手は巨人で首位打者を1回、打点王を1回、最高出塁率を1回のタイトルを獲得しています。2001年~2017年まで17年間連続で二桁本塁打を放っており、近年では貴重な打てるキャッチャーとして活躍しています。

阿部慎之助が語るバッティング理論 パート1

阿部慎之介選手のバッティング・打撃理論を紹介します。野球のツイスト打法やスイングの仕方などを語っており、とても参考になる動画です。阿部慎之介選手の打撃に対する考え方やホームランの打ち方などが明かされています。

この動画では阿部慎之介選手のバッティングについて徹底解明しているのでツイスト打法はもちろんそれ以外の方にも、バッティングについて学べる点がたくさんありますので、ご覧ください。

ツイスト打法のメリット&デメリット

メリット

ツイスト打法のメリットは、緩急をつけられタイミングを外された際にも対応ができる点にあります。
これは通常よりもボールを長く見ることができ、より引き付けることで体を開かずに打つことができる打ち方だからです。また、体が開かないことで逆方向へ強い打球を打つことが可能になり、結果としてヒットとなるコースを増やすことになります。

デメリット

ツイスト打法のデメリットは、体への負担が大きいことです。

これは体のできてない小学生などがやってしまうとケガの原因となってしまうことがあります。ツイスト打法に挑戦する際には注意が必要です。また、野球において正しいフォームで打っていた場合、新しい打法に挑戦すると自分のフォームを崩してしまう原因にもなります。

ツイスト打法の練習方法

ツイスト打法の打撃練習①

野球指導〜ツイストティーバッティング・打撃練習〜

一つ目は同じ方向に向かってカットする打撃練習です。これはプロ野球選手の阿部慎之助選手もマシン相手ですが実際にやっていた練習になります。カットするためにはボールを長く見ることが大事なので、打つ際に前に突っ込まないようにします。

これはツイスト打法にかかわらず野球でバッティングを向上させたい方には実践してみるといいかもしれません。阿部慎之助選手の打撃練習でフォームの流れを見てもらうと、前に突っ込んでいないことがわかります。

ツイスト打法の打撃練習②

【解説・技術指導】一流プロは40年前から実践!テクニック大公開!

二つ目はティーバッティングの打撃練習です。プロ野球選手ならば誰もがやったことある打撃練習のトスバッティングもツイスト打法の練習の1つになります。

ティーバッティングでは軸足を残し下半身を固定することで上半身をうまく使って打つ練習です。体の開きが早かったりする際に確認するなどして、ツイスト打法の矯正を行います。野球のバッティング練習をする際は基本の練習ですが、基本が最も大事です。

ツイスト打法の打撃練習③

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

片手腕立て伏せとは?正しいやり方とフォームを覚えて効果的に鍛えよう

片手腕立て伏せとは?正しいやり方とフォームを覚えて効果的に鍛えよう

片手腕立て伏せとは、片手と両足の3点で支えで行う腕立て伏せです。片手腕立て伏せのやり方は、体の重心を地面についている腕に乗せながら行います。片手腕立て伏せのフォームは、地面につく腕を肩に対して垂直に伸ばすことが大切で、両手がつく腕立て伏せとは異なります。
Anonymous | 14,555 view
オーバースローの投げ方とは?フォームやボールの握り方を解説

オーバースローの投げ方とは?フォームやボールの握り方を解説

オーバースローとは、上から投げ下ろす投球フォームで、リリースが水平面から上の角度にある投げ方です。オバースローは、アマチュアからプロ野球まで、多くの投手投げている投げ方で、早い真っ直ぐやキレの良い変化球を投げるエース級のピッチャーも使用します。この記事では、オーバースローの投げ方やフォームのコツを解説します。
Act | 5,051 view
卓球フォアハンドの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球フォアハンドの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球のフォアハンドの打ち方は、肩幅以上にスタンスを広げ、コンパクトなスイングで打球します。卓球のフォアハンドを打つときのコツは、細かく足を動かす・体重移動を意識する・ボールと相手を見ながら打つことにです。卓球初心者の方は、まずフォアハンドの打ち方から覚えていきましょう。
Anonymous | 1,387 view
卓球フォアドライブの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球フォアドライブの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球のフォアドライブとは、フォアハンドで強い前進回転を加えてボールを飛ばす技術です。卓球のフォアドライブの打ち方を、基本のドライブ・カーブドライブ・シュートドライブ・下回転に対するループドライブ・下回転に対するスピードドライブに分けて解説していきます。また、安定したフォアドライブを打つコツは、足・ラケットヘッド・バックスイング・打球点・ボールを捉える位置・打球後のヒジ・フリーハンドを意識することです。
Anonymous | 3,959 view
スリークォーターの投げ方とは?理想のフォームやボールの握り方

スリークォーターの投げ方とは?理想のフォームやボールの握り方

スリークォーターとは、投手の腕が斜め上の角度から出てくる投球フォームを言います。単なる投球フォームの腕の出る角度の違いだけではなく、スリークォーターで投げることには大きなメリットがあります。こちらの記事では、スリークォーターで投げることのメリットや、理想的なスリークォーターでの投げ方について紹介します。
haru | 13,980 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

水無月 水無月