2021年7月2日 更新

風速6mはどのくらい?自転車やバイク・スポーツへの影響とは?

風速6mの風は、大枝が揺れ動き傘が少しさしにくくなる強さです。日常生活や乗り物に与える影響は少ないですが、髪が乱れ砂埃が舞うことで目や口に入る可能性があり少し気を付ける必要があります。スポーツでは、風速6mの向かい風が吹くとボールの飛距離がいつも以上に飛ぶ可能性があります。

6,500 view お気に入り 0
釣りは風速6mの中でも楽しむことはできますが、快適に釣りをすることは難しくストレスを感じることが多くなることがあります。

風が吹くことで釣りにどれくらいの影響があるかは、投げ釣りの場合は仕掛けが風の影響を受けて思っているポイントに飛ばすことができません。仕掛けを投入した後の釣り竿は、風に煽られ続ける最中はずっと支える必要があり魚が仕掛けに食い付く当たりを見分けにくくなることもあります。

風速6mは注意が必要

 (247713)

風速6mの風は、日常生活や乗り物には影響がなく普段通りの生活を送ることが可能です。ただし、スポーツでは、風の影響を受けてボールの飛距離も変化していくことが多く、アウトドアでは身を守るために安全を意識した準備や行動が必要になります。普段からどれくらいの風で影響が出るかを理解して、自分の中で判断基準を決めて行動することを意識していきましょう。
54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

hiro0716 hiro0716