2020年4月16日 更新

サッカー選手になるには?プロを目指すときにジュニアが知っておくべきこと

サッカー選手になるには、高校、大学サッカーで活躍して、Jリーグのスカウト担当者に声をかけてもらうことが一番の早道です。ジュニアが選手がプロを目指すときには、高校や大学からの加入、Jクラブの下部組織からの昇格、地域リーグなど下部リーグからステップアップといった複数のルートがあることを知っておく必要があります。

6,414 view お気に入り 0

プロサッカー選手になるには?

Hitomi  (from POPURAN∞TO) on Instagram: “. ボールを蹴る次男の横で ビタミンDを浴びる。 . ありがとう太陽。 ありがとうビタミンD。 . バキバキの身体をじっくり伸ばす。 ヨガと言いたいところだけど そんなに美しいもんじゃない。 #ただのストレッチ . . 次男と…” (123998)

プロサッカー選手になるには、なるための方法、仕事内容、確率などを知っておく必要があります。
プロサッカー選手は憧れの職業ですが、たどり着くまでのプロセスが分からなかれば、ルールを知らないままスポーツをしているようなもので、練習も無駄な努力になってしまいます。

プロサッカー選手になるための資格

𝐘𝐮𝐮 on Instagram: “趣味読書とか久保くんが言うなら私も趣味にしたいから読もっと(単純” (123572)

プロサッカー選手になるための資格はありません。
しかし、日本国外でプロサッカー選手を目指す場合は、各国の外国人労働者に対する法律をクリアしなければなりません。
元日本代表の三都主アレサンドロ選手は、A代表出場試合数が足りなかったため、プレミアリーグへの移籍ができませんでした。

プロサッカー選手の仕事内容

プロサッカー選手の仕事内容は、年間50程度の試合と、試合に向けたトレーニング、ファンサービス、地域貢献活動です。
プロサッカー選手の、1日の練習時間の平均は2時間程度で、自由な時間が多い仕事なのが特徴です。
近年は、本田圭佑選手を筆頭に会社を設立して現役時代からビジネスを両立する選手も増えており、自由時間を有効に使う選手と無駄に使う選手では、プレーでもセカンドキャリアでも差がつきます。

プロサッカー選手になれる確率

Instagram post by @redsgrm • Apr 14, 2020 at 12:06am UTC (123576)

プロサッカー選手になることができる確率は東大に合格する確率より低いです。
JFAに登録されている高校生はおよそ18万人ですが、その中からJリーガーになる選手は年間100人程度で、1万人に4人しかJリーグに入団できません。
サッカー選手になるには、とてつもない狭き門をくぐりぬける必要があります。

プロサッカー選手になる方法

tomomi saito on Instagram: “サッカー⚽  スペインリーグでここ10年間50試合以上出場した選手の得点率ランキング上位5名を発表❗  1位 29.09%(Rマドリード在籍) イグアイン(現ユベントス)  2位 27.08%(バルセロナ在籍) アレクシス・サンチェス(現インテル・ミラノ)  3位…” (123579)

プロサッカー選手になる方法には、スカウト、入団テスト、昇格の三種類があります。練習参加をきっかけにして、プロサッカー選手になる道ができます。
実力が抜けている選手は、自然と情報が集まり、プロクラブの方から声がかかります。その他の選手は、実力をアピールする機会を調べ、自分のアピールポイントを売り込んでいく必要があります。
ONO YUTO / 小野悠斗 on Instagram: “#samutprakanfc#toyotathaileague#team#1日1投稿#soccer#football#thailand #タイ#サッカー#バンコク生活 #バンコク#stayhome#staysafe…” (123996)

スカウト

プロのサッカー選手になるときには、スカウトをきっかけにしていることが最も多いです。
Jリーグのクラブは新人選手のスカウト担当がいて、全国のアマチュア選手の情報を集めてデータ管理しています。Jリーグのスカウトは、インターハイや高校サッカー選手権などの大きな大会ではで、必ず視察しています。
また、実力の飛び抜けた選手は、必ず評判になるのでスカウトが足を運んで確認します。

入団テスト

入団テストは、Jリーグではなかなか行われていませんが、日本人選手が海外の下部リーグに挑戦する際には有力な選択肢となります。

入団テストは、国を問わず世界中で行われています。サッカー選手たちは、プロ契約を目指して世界中の入団テストを受けて回っています。Jリーガーになれなかった選手は、海外の入団テストを受けてサッカー選手になる場合が多いです。

昇格

昇格は世界のサッカーでは主流です。ユースチームと呼ばれる下部組織出身の選手が、トップに昇格するチームのサッカー選手になるには最短のルートです。
Jリーグの下部組織が作られてからまだ日が浅い日本では、今までは、高校、大学サッカーからの昇格のほうが強いため、下部組織からの昇格は少なかったですが、近年では徐々に増加傾向にあります。

下部組織からの昇格には、

・クラブが成長過程や選手の性格を把握したうえで決められる
・同じ下部組織出身の選手が多くチームにフィットしやすい


といったメリットがあります。

練習参加

井上 健人 on Instagram: “よろしくお願いします #サッカー好きな人と繋がりたい #サッカー#サッカー部 #サッカー少年” (123588)

プロチームの練習参加で契約を勝ち取る選手もいます。練習参加のメリットは、実際にチームの中に入って監督から直接評価を受けられることです。
フロントが選手を評価しても、監督の戦術と合わなければ、試合で活躍することが難しくなります。練習参加で運よく監督に気に入られた場合には、チーム加入後も干される心配がなく安心です。
本田圭佑選手は、高校2年生のときに、自身は招待されていないにもかかわらず、オファーを受けて参加する、星稜高校1年先輩の豊田陽平選手に便乗して名古屋グランパスの練習参加に飛び入りしました。

練習参加で実際に本田圭佑選手のプレーを見たフロントは、その場でプロ契約のオファーを出しました。サッカー選手になるには、遠慮は必要ありません。
65 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hoedama1 hoedama1