2019年1月2日 更新

サッカーのボランチとは?どんなポジションで有名選手などを解説!

サッカーで重要なポジションと位置付けられる「ボランチ」の意味やポジションとしての役割について紹介します。試合中の動き方や練習方法についてのコツを動画を交えて説明しています。また、名ボランチと呼ばれる選手についてもご紹介していますので、是非参考にしてください。

99,593 view お気に入り 0
サッカー元スペイン代表でバイエルン・ミュンヘン所属のシャビ・アロンソ選手です。あの銀河系軍団であるレアルマドリードにも所属していた経歴があり、UEFAチャンピオンズリーグでも優勝に貢献した選手です。彼のプレイスタイルは、ロングパスで相手のスペースを利用したり、相手の裏を取ることで翻弄することです。レアル・マドリードでは主に「パサー」としての役割を全うしていました。

2016年バロンドール(世界最高選手)の候補選手ランキング

サッカー界では毎年1月にサッカー選手のランキングを決める「バロンドール」授与式が開催されています。バロンドールの意味とは、サッカー界のランキング一位を獲得した選手に与えられる賞のことです。

バロンドールを決める方法は、サッカー界で活躍をした選手の候補者を挙げ、その選手の中から世界各国のスポーツ記者が投票し、投票数が多い選手がランキング一位の選手として決まります。見事ランキング一位の選手はバロンドールの称号を与えられます。

これまでのバロンドールでは、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ選手やポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手がこの賞を獲得しています。
今回はボランチの選手に注目し、ランキングの上位に入賞したボランチの選手をご紹介します。

ランキング14位 アルトゥーロ・ビダル

バロンドール投票でランキング14位であるバイエルン・ミュンヘン所属の「アルトゥーロ・ビダル」選手です。

彼のプレイスタイルは、ボール奪取能力が高いことです。カウンター攻撃を受けている時、激しいプレスをかけることで相手の攻撃を防いだり、自分達が相手にボールを取られたらすぐに取り返すなど守備の面で貢献度が高い選手です。上記にアルトゥーロ・ビダル選手のプレイ動画を参照しています。
彼のボランチとしての守備の動き方は非常に参考となるので、是非動画を見て参考にしてみてください。

ランキング17位 ルカ・モドリッチ

バロンドール投票でランキング17位であるレアルマドリード所属の「ルカ・モドリッチ」選手です。

彼のプレイスタイルは、トラップの技術力とボールを扱う能力が非常に長けていることから、ボールを奪われず、味方選手の動き方に合わせて綺麗なパスを出したり、自らドリブルで攻撃の演出を行う選手です。ボランチでも主に、「パサー」としての役割を担っています。
また、相手の動き方に隙がある場合には即座にボールを奪い自分達のピンチをチャンスに変える選手でもあります。

上記にモドリッチ選手のプレイ動画を参照しています。彼がフリーの状態でボールを貰う動き方は非常に参考になりますので、技術が高いボランチを目指している人は是非参考にしてみてください。
2016年のヨーロッパチャンピオンズリーグで、レアルマドリードの優勝に陰ながら大きく貢献した選手です。

ランキング17位 トニ・クロース

バロンドール投票でランキング同率17位の「トニ・クロース」選手です。
現在は、レアルマドリードに所属しており、2014年のワールドカップでドイツを見事優勝に導いた選手です。

彼の特徴は、パス回しが抜群に上手いことです。パス成功率は、ほとんどの試合で90%以上で、パスの精度に関しては彼を超える選手はなかなか現れないのではないかという評価を受ける程です。それほどのパス精度があるため、攻撃の起点となる鋭いパスを供給したり、味方のリズムを作るためのパスを供給します。

上記にトニ・クロース選手のプレイ動画を参照しています。彼の正確なパスやボールを受ける動き方は、非常に参考になりますので、是非動画を見て参考にしてみてください。

その他のおすすめ選手

ボランチの動き方やコツを知るためには、上手い選手のプレイ動画を見ると理解がしやすいです。以下の動画には、ボランチの上手い選手ランキングにおいて必ずノミネートされる「セルヒオ・ブスケツ」選手のプレイ動画を参照しています。現在、彼はバルセロナ(2017年4月時点)に所属しています。

彼のプレイを見ると、ボランチの全ての役割を淡々とこなしていることが分かります。前線の選手にスルーパスを出したり、周りの選手とパス回しを行ったり、相手からボールを丁寧に奪っています。
また、味方チームの選手が空けているスペースを確実に埋め、相手に隙を与えていないのも役割を十分に達成しています。

歴代のサッカー日本代表のボランチ選手一覧

遠藤保仁

サッカー日本代表の試合出場するランキングで第1位の遠藤保仁選手です。類いまれなパスセンスとフリーキックの精度から常に代表監督から必要とされてきた選手です。

歴代日本代表のボランチランキングでも2010年ワールドカップでの活躍を含め、歴代No.1と言える選手です。また彼のPKの技術は、彼自身がボールを蹴る寸前まで相手ゴールキーパーの動き方を観察し、ゴールを決めるほど高いものを持っています。

稲本潤一

サッカー元日本代表で、現在コンサドーレ札幌(2017年4月時点)に所属している稲本潤一選手です。

彼のプレイスタイルの特徴は、フィジカルが強いためボールキープ能力が非常に長けているところです。海外のサッカー選手はフィジカルが強いことが多いため、貴重な選手です。ボール奪取能力も高いため、味方のピンチ時でのボール奪取は一気にチャンスに変わるほどの影響があるほどです。

長谷部誠

2010年及び2014年のサッカーワールドカップのキャプテンを務めた日本代表の主将である長谷部誠選手です。

長谷部選手の特徴は、攻撃から守備まで幅広いプレイがオールラウンドに出来ることです。サッカー代表選手のキャプテンという大きな役割を務める程のリーダーシップがあるため、理想の上司ランキングでも入るほどの人気選手です。

サッカーの「ボランチ」と「アンカー」の違いとは?

ボランチとアンカーの違いとは、中盤の底に居る選手としては同じポジションですが、役割が多少異なります。

ボランチとは、「舵取り」といった意味を持っていることから、チームの中心として攻守のバランスを取りながらプレイします。

一方アンカーとは、「錨」という意味を持ちます。船が流れないために底に沈める錨のように、中盤の底で相手選手が好き勝手にプレイすることを防ぐための守備力が要求されます。アンカーでは、「1対1のディフェンス力」「ボール奪取能力」「スペースを埋める」3つの守備能力に関して、高いものが要求されます。

ボランチの練習方法

ここでは、ボランチの役割を十分にこなすための練習方法やコツについてご紹介します。
ボランチの役割上、サッカーの基礎能力が高いことが要求されます。その能力とは、「ボールを綺麗にトラップする能力」「正確にパスをする能力」「1対1のディフェンス能力」です。

その3つの練習方法について説明していきます。
特に、「ボールを綺麗にトラップする能力」は、次のプレイに繋げる意味のあるプレイですので、非常に重要です。以下に、練習方法の動画やコツについて紹介しているので、是非参考にしてみてください。

ボールを安定してトラップする練習方法

トラップの練習は、友達やチームメイトと1対1での対面でパスを出し合って行いましょう。その際にボールのトラップをミスせず行いましょう。

安定してトラップするコツとは、以下の3つのポイントを押さえることです。

①1つ目のコツは、自分が一番パスが出しやすいと思える位置へトラップしましょう。
②2つ目のコツは、ステップを踏んで足を常に動かしておくことです。そうすることで、急な動きにも対応することが出来ます。
④3つ目のコツは、足首をしっかりと固定することです。そうすることで、トラップの位置がずれにくくなります。

ボールを正確にパスする練習方法

55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャーの一番の役割はバッターを抑えることです。ピッチャーの能力がチームの勝敗を大きく左右してしまうほど野球のポジションの中で大切な役割を果たします。同時に9人目の野手でもあり、守備面でもバント処理やベースカバーなど大切な役割があります。ピッチャーに求められる能力には、コントール・肩の強さ・土台となる下半身の強さがあげられます。
mblue1974 | 3,170 view
ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファーストの役割は、打球の処理や野手からの送球の捕球、そして、牽制球の処理など多岐に渡ります。また、球場ごとのグラウンドルールや守備妨害に関する知識も求められます。ファーストに求められる能力は、打球や送球に対する高い捕球力に加え、野球の知能も必要です。
Anonymous | 3,286 view
サッカーのリベロとは?ポジションの役割など【サッカー用語解説】

サッカーのリベロとは?ポジションの役割など【サッカー用語解説】

サッカーのリベロとは、イタリア語で自由という意味の言葉で、最後尾でゴールを守ることから得点を奪うことまで幅広い役割を与えられています。リベロに求められる能力の高さと、戦術の進化によって、現代サッカーでは採用させる機会がなくなりつつあるポジションです。
Anonymous | 12,902 view
バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケットは5人の選手が各ポジションに分かれてプレイする、チームスポーツです。5人の選手はそれぞれに役割がありとポジションあることで、スムーズに試合運びができます。バスケットの5つのポジションは1番ポイントガード・2番シューティングガード・3番スモールフォワード・4番パワーフォワード・5番センターとなっています。
activeldirector01 | 5,097 view
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。
Anonymous | 8,227 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

橙ラビット 橙ラビット