2018年9月1日 更新

サッカーのジュニア用のトレーニングシューズ人気おすすめTOP10

子供の習い事ベスト10に入るサッカーですが、サッカーをするうえで特に気を付けたいのが、トレーニングシューズ選びです。成長期のジュニア世代にとって靴選びはとても重要です。ここでは、おすすめの靴の選び方をを始め、人気のトレーニングシューズをご紹介します。

  
674 view お気に入り 0

サッカージュニア用トレーニングシューズの選び方

Child Soccer Playing · Free photo on Pixabay (52229)

トレーニングシューズを選ぶ

ジュニア世代が使用するサッカーシューズは、基本的にトレーニングシューズがメインになります。トレーニングシューズという名前ですが、試合で使用してもかまいません。
スパイクは靴底にごつごつとしたスタッドというものが付いていますが、これが地面に食い込み、より安定したプレーを行うことができます。しかし足への負担はとても大きいので、ジュニア世代にはあまりおすすめできません。必要な場合は小学3年生になってから使うようにしましょう。
一方、トレーニングシューズは長時間の練習でも足への負担がないように作られています。靴底は凸凹していますがスタッドほどの突起ではなく、ラバー素材でできているのでクッション性に優れています。

サイズ合わせは「かかと」が重要

靴の選び方で最も重要なのがかかとを合わせることです。歩くときも走るときも、人は必ずかかとから着地をし、つま先で地面を捉えます。かかとに余裕がある状態では靴の中で足が動いてしまい、つま先に上手く力が伝わりません。
サッカーは足でボールを蹴りますが、力の移行が正しくできていない足で蹴ってしまうと、ボールのコントロールを上手く行うことがでないのです。酷い場合は地面を蹴ってしまい、足を痛めてしまう可能性があります。
このようなことにならないためにも、かかとはきちんと合わせましょう。
まずは、かかとをトントンと地面に叩いて合わせ、次にしっかりと靴紐をしめ、足が動かないかを確認しましょう。

指先が動き少し余裕のあるのものを選ぶ

つま先は少し余裕のあるものを選びましょう。とはいえ子供が履くものなので、どのような状態かを目で見て判断することができません。特にキッズ世代は上手く伝えることが難しい傾向にあるので、大人が正しい判断をしてあげましょう。
正しい選び方は、かかとをしっかりと合わせた状態でつま先を押さえます。中敷きまで到達せず、途中で足の指に触れるくらいが適切なサイズです。その際、靴の中で足の指を上下に動かすことができるものを選んでください。左右に動いたり、つま先を押さえたときに中敷きが触れるようでは大きすぎると判断して良いでしょう。
また、足は左右で大きさが違う場合があるので、試し履きは必ず両足で行います。靴紐があるものはきちんとしめましょう。

素材は合成皮革を選ぶ

サッカーのトレーニングシューズには本革や合成皮革などの素材があり、その素材によって価格が変わってきます。本革は足によく馴染みフィット感は抜群です。しかし少し高価になってしまううえに、種類も多くありません。
トレーニングシューズの多くが合成皮革で作られていますが、種類も豊富にあるため、子供の足にフィットするものも選びやすいでしょう。比較的安価なのが特徴で、成長期のジュニア世代には合成皮革がおすすめです。
サッカーはボールを足でコントロールするので、靴の消耗も激しくなってしまいます。素材も大切ですが、ボールをコントロールしやすく、なおかつ強度がしっかりしているかもシューズを選ぶ基準となります。

サッカーのジュニア用トレーニングシューズ人気おすすめ10位

hummel(ヒュンメル):プリアモーレⅢ TF Jr

Amazon | [ヒュンメル] プリアモーレIII TF Jr. プリアモーレIII TF Jr. HJS2113 | hummel(ヒュンメル) | サッカー (53223)

メイン素材:人工皮革
ソール素材または裏地:合成樹脂/ゴム
サッカーでの一流老舗ブランドとして知られているヒュンメルのトレーニングシューズです。このプリアモーレシリーズは日本人の子供の足を研究して開発された、ジュニア専用シューズです。
子供の足は左右対称ではありません。そこでヒュンメルは左右非対称にし、なおかつつま先の部分が広く甲の部分にゆとりを持たせたオブリークラストという技術が採用されています。これにより、海外ブランド品によくある窮屈な感じがなくなりました。
また屈曲性にも優れており、サッカーの複雑な動きにも対応しています。耐久性や安全性も考慮されていながら、成長期の足を衝撃からしっかりと守ってくれる、ジュニアに優しい機能が満載です。また、インソールは取り外し可能で、いつでも清潔を保てます。

サッカーのジュニア用トレーニングシューズ人気おすすめ9位

PUMA(プーマ):TRUORA TT JR

Amazon | [プーマ] サッカーシューズ TRUORA TT JR  (53241)

メイン素材:合成繊維
表地:人工皮革
ソール素材または裏地:合成底
ヒールの高さ:2 cm
ヒールのタイプ:フラット
留め具の種類:レースアップ
ソールの厚さ:1.5cm
世界で有名なスポーツブランドであるプーマの靴は、スタイリッシュでかっこいいのが特徴です。なかでも6色展開されているこのシリーズは、サッカーをしているジュニア世代にとても人気です。
また、靴の名前についているTTというのはターフトレーニングの略なのですが、名の通り動きの激しいサッカーの練習に適しており、アウトソールについているスパイクがサッカーキッズの動きをサポートします。
アッパー部分には柔らかい人工皮革を採用し、足にしっかりとフィットするので、練習による疲れを軽減させてくれるシューズです。

サッカーのジュニア用トレーニングシューズ人気おすすめ8位

Diadora(ディアドラ):BRASIL R TF JR

Amazon | [ディアドラ] サッカートレーニングシューズ BRASIL R TF JR 170887 | サッカー (53245)

メイン素材:人工皮革
ソール素材または裏地:ゴム
ヒールの高さ:3 cm
留め具の種類:レースアップ
ソールの厚さ:1.5cm
ディアドラの靴はサッカーやテニス、ランニングなどの動きを徹底的に分析し、開発・製造されています。プロのサッカープレーヤーが履いていたBLASILシリーズのジュニア用トレーニングモデルです。
広い履き口は小学生でもらくらくと履くことができるので、かかとを踏むことがありません。また、人工皮革を使用したアッパー部分には、ボールコントロールがしやすいように独自のステッチが施されています。
アウトソールはしっかりとグリップが効くように作られており、人工芝・天然芝・土のグラウンドにも対応しているので、練習にも試合にも使用でき場所を選びません。
高いクッション性を搭載し、成長期であるジュニアの足をしっかりと保護をしてくれます。
65 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

WTTF vo WTTF vo