2020年5月24日 更新

卓球のバック向きラバーおすすめ13選!使いやすい安定するラバーとは?

卓球のバックラバーとして向いているのは、硬すぎず軽量で安定感のあるラバーです。バックラバーを選ぶときは、バックハンドの技術レベルや使う打法によってラバーを選択していきましょう。バックハンドのブロックやドライブにクセをプラスしたい場合には、粘着性ラバーを選択するのもおすすめです。

39,337 view お気に入り 0

卓球のバックに合うラバーとは?

卓球レポート(バタフライ) on Instagram: “日本代表の常連・松平健太(木下グループ)も同級生の上田同様、序盤の敗戦が尾を引いて波に乗れず。  強豪と連戦する選考会は初めにつまずくと盛り返すのが至難の技だと聞きますが、その難しさをまざまざと感じました。こちらも全日本での奮起に期待です!  #卓球 #tabletennis…” (126404)

卓球のバック側に合うラバーは、適度に柔らかく軽さを備えたものです。使い手の技術力によって違いはありますが、柔らかめで軽いものは初・中級者層には使いやすいバックラバーになります。バックラバーに球威を求める場合は、硬めで重いものを使ってみましょう。

バックラバーの選び方

HARUTO’s Instagram profile post: “テナジー80は最強っしょ!#テナジー80#テナジー #バタフライ #卓球” (126405)

バックラバーの選び方は、使い手の技術力で選ぶか、頻繁に使う打法の種類によって決めるのが大切です。バックハンドのスキルや頻繁に使う打法は使い手によって異なり、技術力や打法に合ったものを選ぶことが、勝つためのキーポイントになってきます。

バックハンドの技術レベルで選ぶ

バックラバーは技術力を考慮しながら、使い手のレベルに合うものを探していきます。上級者層であっても、フォアハンドが主体でバックハンドは苦手という人はいます。

バックハンドに自信がない場合は、大雑把でも使える柔らかめのラバーがベストです。バックで強いインパクトが出せて球威を求める場合は、バックラバーに硬めを貼って戦いましょう。
バックハンドのスキルを判断するときは、自分の試合を振り返ってフォアハンドと比較してみます。試合でバックハンドの強打やドライブが得点源になっているなら、硬めのラバーを貼ることで得点力はアップします。

得点源がフォアハンドばかりの人は、バック側は柔らかいものを貼ってミスを減らすのも賢い選択です。

使う打法で選ぶ

卓球レポート(バタフライ) on Instagram: “「浜ちゃん」こと浜本由惟(木下グループ)の端正なルックスと切れ味鋭い両ハンド攻撃は、世界卓球ブダペスト2019一次選考会の場内でも目を引いていました#卓球 #tabletennis #pingpong” (126390)

バックラバーを考えるときは、頻繁に使う打法が何なのかを把握しておきましょう。バック側でドライブを多用する人がいれば、ミート打ちを軸に戦う人もいます。練習でバックハンドを振り回していても、試合ではチキータや強打は打たずに、ツッツキやハーフボレーしか打てなくなる人も少なくありません。

たとえばドライブを多用する人は、回転量のある裏ソフトが合っています。自分の多用する打法に合ったものを探してみることが大切です。

卓球バックに使いやすいラバー

バックラバーとして使いやすいものを探す場合には、本体が軽量なものと人気の高い商品を要チェックです。軽量なものを合わせることによって、パワーに自信がなくても自然にラケットを振り抜けるようになり、人気のあるものはどのようなレベルの層にも使いやすい可能性が高くなります。

軽いバックラバー

Yasuaki Kawata on Instagram: “◎ 春の新製品レビュー  VJ-07シリーズとスワットSLIMの組み合わせです。 ・ ・板 スワットSLIM…” (126406)

本体が軽いラバーは、特に初級者やスイングが遅い人が使用するのに適しています。軽量なものを選択することで、パワーがなくてもしっかりとラケットを振り抜くことが可能です。

軽量なバックラバーを探す場合は、やわらかいラバーに注目してみましょう。柔らかいものは比較的軽く、硬めであれば重くなる傾向にあります。

ラバーの重量の考え方

ラバーの重量について考えるときは、ラケット本体の重量を合わせて考えることが大切です。使用するラケットによってラバーの重量は変化してくる(ブレードの大きさが異なるため)ので、卓球初級者であればラケット本体が180g以下にすることをおすすめします。

ラケットが180g以上で重いと感じる場合、多くの人にとってやわらかいラバーはバック側のほうが使いやすいので、フォアよりもバック側のラバーをやわらかくして軽量化してみましょう。

人気のバックラバー

人気のあるラバーは、幅広い層に使いやすいのが特徴です。人気の高いものは多くの人に支持されており、クセがなく扱いやすい可能性が高くなります。優れた性能を備えているものであっても、使いこなすのに難易度が高いものに人気が出ることは珍しいです。

初級者でバックラバーに何を合わせるか迷っている場合には、バックラバーとして人気のあるものを試してみましょう。
硬いラバーのほうが球威の最大値は高くなりますが、硬いラバーの性能を引き出すためにはある程度のスキルが必要です。トップ層から人気が高いのは硬いものですが、一般層から人気があるのは柔らかめの商品だといえます。

安定重視のおすすめバックラバー

安定感を重視する場合は、バックラバーとして以下の2つを要チェックです。

・VEGAヨーロッパ(XIOM)
・FastarcC-1(ニッタク)

安定性を重視する場合には、比較的柔らかめのものが最適です。卓球はフォアに比べてバックで打つほうが強く振り抜くことが難しく、球威が落ちてしまう傾向にあるので、バックラバーには球威よりも安定を求める選手が多くなるといえます。

ヴェガヨーロッパ(XIOM)

113 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球のラバーの貼り方とは?初心者にもわかりやすく解説!

卓球のラバーの貼り方とは?初心者にもわかりやすく解説!

卓球ラバーの貼り方は、古いラバーを丁寧に剥がし、卓球ラバー専用の接着剤をムラなく塗ったあと完全に乾かしてから、新しいラバーを貼り付けます。適切な道具を使って順序どおりにすることで、初めてでも簡単に張り替えることができます。貼り方のコツをつかんで張り替えを実践してみましょう!
dra.d | 677 view
キョウヒョウプロ3のターボオレンジを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウプロ3のターボオレンジを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウプロ3のターボオレンジとは、キョウヒョウプロ3に日本製高弾性スポンジラバーを貼ったものです。キョウヒョウプロ3のターボオレンジを使ってみた評価やレビューでは、粘着ラバーの持つ回転数の多さと球のスピードを兼ね備えた特徴を高く評価する声が多く寄せられています。
Anonymous | 445 view
家庭用の卓球台6選!家庭用サイズ・折りたたみができる自宅練習におすすめ

家庭用の卓球台6選!家庭用サイズ・折りたたみができる自宅練習におすすめ

家庭用卓球台は、公式の国際規格の卓球台よりもコンパクトに作られ、自宅でも気軽に楽しむことができます。家庭用の卓球台を選ぶときは、置くスペースや重さ、どのような用途で使用するのかを考えて選ぶことが大切です。タイプは、折り畳み式やセパレートタイプ、内折式などの卓球台があり、壁打ちの台を選べば1人でも卓球を練習することができます。
めーぷる884 | 414 view
キョウヒョウNEO3のブルースポンジを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウNEO3のブルースポンジを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウNEO3ブルースポンジとは、中国の省チーム用のキョウヒョウNEO3のブルースポンジ版です。キョウヒョウNEO3ブルースポンジは粘着性ラバーらしさがありながらも弾性も高く、バランスがよいです。実際にキョウヒョウNEO3のブルースポンジを使ったから人にも、弾性と使いやすさのバランスがが高く評価されています。
Anonymous | 1,445 view
キョウヒョウプロ3のターボブルーを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウプロ3のターボブルーを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウプロ3 ターボブルーは、待望のブルースポンジを搭載したキョウヒョウプロ3の粘着性裏ソフトラバーです。キョウヒョウプロシリーズは、キョウヒョウシリーズのなかでも上級者向けに作られたシリーズで、最大の特徴は硬さと重さです。プレーヤーたちは、キョウヒョウプロ3 ターボブルーに対して、スピードや回転量を実現できると高く評価しています。
Anonymous | 1,757 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous