2019年2月10日 更新

超回復と筋肉痛の関係性とは?気になる疑問を解決しよう!

みなさんは『超回復』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?上手に運動プログラムを組んで、適切な栄養補給をすると、翌日以降この超回復によって以前よりもパワーアップすることが可能になります。今回は、この超回復について解説しつつ、トレーニング翌日に付き物の筋肉痛と超回復との関係性についても取り上げます。

  
6,004 view お気に入り 0
Free photo: Despair, Alone, Being Alone - Free Image on Pixabay - 513529 (14660)

症状としては、運動能力の低下だけでなく、疲労が抜けない・全身の倦怠感や睡眠障害・食欲不振・体重の減少・集中力の欠如・安静時の心拍数や血圧の上昇・運動後に安静時の血圧に戻る時間が遅くなるなどの症状がみられます。特に疲労症状が高まるにつれて起床時の心拍数が増加するといわれています。

その他、心理的プロフィールテスト(POMS)・心理的競技能力診断検査(DIPCA3)・体協競技意欲検査(TSMI)のような心理テストもチェック方法として有効と考えられています。

原因は肉体的・精神的疲労の積み重ねにより、視床下部や脳下垂体から分泌されるホルモンのバランスが崩れるためと考えられています。重症になるほどトレーニングの減量・中止期間が延び、復帰が不可能になることもありますので早期に発見し対応することが必要です。

超回復と筋肉痛の関係 最後に

Free photo: Leisure, Man, Muscles, Pool - Free Image on Pixabay - 1869744 (14063)

『超回復と筋肉痛の関係』はいかがでしたか?

体を強くする秘密が超回復であり、超回復を理解しないことには真のトレーニング効果は得られません。
そして筋肉痛の発生と回復期間をうまく利用することで、超回復の完了を推測することができます。上手に『超回復』を活用したトレーニングを続けることが、筋肥大や筋力アップにもつながりますので、翌日以降の疲労にも注意して、超回復を促していきましょう。

ただし、近年『超回復』はより複雑なもので、ここまで単純ではないという説も出てきています。(疲労ーフィットネス理論)
超回復に興味のある方はこちらもぜひ調べてみてください。
55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

筋肉痛と超回復とは?どんな関係があるのか知っておこう!

筋肉痛と超回復とは?どんな関係があるのか知っておこう!

筋肉トレーニングや運動をした当日や翌日に、筋肉痛に悩まされることはよくありますよね。今回は筋肉痛と超回復の関係性について詳しく知ってボディメイキングを成功させましょう。筋肉痛や超回復の原理について知りたい人は必見!
Act | 1,918 view
筋肉痛で筋トレはしていいの?筋肉の回復・超回復との関係は?

筋肉痛で筋トレはしていいの?筋肉の回復・超回復との関係は?

筋トレを開始したばかりの時には激しい筋肉痛になります。次のトレーニングの日までに筋肉痛が治っていない可能性もあります。そのような時に筋トレをしてもいいのか気になりますよね。実際トレーニングはどのよう期間で行えばいいのか紹介したいと思います。
t.masa0256 | 13,766 view
筋肉痛とマッサージの効果!早く治すために効果的な方法とは?

筋肉痛とマッサージの効果!早く治すために効果的な方法とは?

筋肉痛のときは、マッサージをすれば早く治すことができるのか?また、マッサージをするならば、どのような方法で揉みほぐすと、疲労を和らげることができるのかを紹介していきます。自分でできるマッサージ方法と共に紹介しているので参考にしてみてください。
TOMIZU | 12,584 view
筋肉痛のおすすめ食べ物・飲み物!早く治すために必要な栄養とは?

筋肉痛のおすすめ食べ物・飲み物!早く治すために必要な栄養とは?

食べ物の栄養素を一つ一つ把握している人は少ないと思います。しかし、食べ物の栄養素によっては筋肉痛からの回復を早める効果があるのです。そんな知らないと損するような、筋肉痛時に効果的な、おすすめの食べ物や飲み物を紹介したいと思います。
TOMIZU | 3,863 view
筋肉痛にならないと筋トレ効果はないの?そもそも筋肉痛の仕組みとは?

筋肉痛にならないと筋トレ効果はないの?そもそも筋肉痛の仕組みとは?

筋トレをしたあとに筋肉痛にならなかった場合、鍛えた効果がないのでは?と思ってしまいがちですが、「筋肉痛にならない=筋トレ効果がない」という事には繋がりません。その理由を筋肉痛のメカニズムと共に、詳しく紹介します。
TOMIZU | 4,845 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cdoglove21 cdoglove21