2020年10月15日 更新

かぶはダイエットにおすすめ?かぶの効果やおすすめレシピを解説

かぶは低カロリー・低糖質で腹持ちがよい食材で、ダイエットにおすすめです。根と葉には違った栄養成分が含まれていて、一緒に食べるとさらにダイエット効果が高まります。クセがなく調理方法も豊富で、飽きずに続けることができます。かぶダイエットで体の中から痩せやすい体づくりをしましょう。

112 view お気に入り 0

かぶはダイエットにおすすめ?

 (185788)

かぶは糖質量とカロリーが低いため、ダイエットにおすすめの食材です。腹持ちのよい根菜は糖質が高いデメリットがありますが、かぶは根菜の中では糖質が低いため、低糖質ダイエットに活用できます

葉の部分は栄養価がとても高いため、根と一緒に食べるとダイエットに必要な栄養をたくさん摂取でき、痩せる効果も高まるため積極的に食事に取り入れましょう。

かぶの栄養・効果

Login 窶「 Instagram (185472)

かぶの栄養成分の効果は、3つあります。

・整腸効果
・胃もたれ・胸やけの解消効果
・むくみ予防・解消効果


薬膳では、胃腸を温める食材で注目され、体を中から温めることで痩せやすい身体を作ることができます。かぶは根の部分が淡色野菜、葉の部分が緑黄色野菜で、含まれる栄養成分が異なるため、1つの野菜で淡色野菜・緑黄色野菜両方の効能が期待できる一石二鳥の野菜です。

栄養・カロリー

栄養成分(100gあたり)
カロリー 20kcal
ビタミンC 19mg
葉酸 48μg
カルシウム 24mg
カリウム 280mg
かぶは他の野菜と比べカロリーが20kcalと低く、ダイエットに適した食材です。

【ビタミンC】
・コラーゲンをつくる
・免疫力を高め風邪を引きにくくする
・アンチエイジング効果

【葉酸】
・細胞の再生を助ける
・代謝に関係している
・赤血球の生産を助ける

【カルシウム】
・筋肉や神経の働きを正常に保つ
・ホルモンの分泌

【カリウム】
・利尿作用で老廃物を排出し体内をきれいに保つ
・むくみの解消
・コレステロールの吸収を抑える

効果

かぶの効能は、4つあります。

【整腸効果】
・食物繊維が豊富で、腸内の善玉菌を増やし腸の調子を整える
・便秘や下痢を解消する

【胃もたれ・胸やけの解消効果】
・消化酵素のアミラーゼが、消化の働きを高める
・胃酸の分泌をコントロールする

【むくみ予防・解消効果】
・カリウムの利尿作用で、体内の老廃物や余分な水分を排出する

【胃腸を温める効果】
・脂肪が燃焼する
・代謝が上がりカロリーを消費しやすくなる
・免疫力が上がる

かぶの葉の栄養や効果

 (184713)

栄養成分 含有量(100gあたり)
β-カロテン 2800μg
ビタミンC 82mg
ビタミンK 340μg
葉酸 110μg
カルシウム 250mg
カリウム 330mg
鉄分 2.1mg
【β-カロテン】
・抗酸化作用がある
・皮膚や肌を健康に保つ
・粘膜を丈夫にし、免疫力を高める
・肺や呼吸器系を守る働き

【ビタミンK】
・骨を丈夫にする
・血を止める作用がある

【鉄分】
・赤血球をつくり、全身に酸素を送る量を増やす
・細胞内でエネルギーを作り出す

葉の効能は、3つあります。
・免疫力アップ効果
・老化防止効果
・美肌効果
・貧血予防、改善効果

かぶを使ったダイエット方法

Login 窶「 Instagram (185508)

かぶを使ったダイエットの方法は、食事にかぶを取り入れるだけの簡単な方法です。代謝をあげて痩せる体づくりを目指すときは酵素をたくさん摂取したいため、熱を通さない生食を選びましょう。

糖質の摂取を抑えたいときは、煮たり茹でて調理すると生食と比べて糖質を抑えることができます。茹でたときのゆで汁には栄養成分が溶け出ていますので、スープやみそ汁にするのがおすすめです。

やり方

カブを使ったダイエットのやり方は、毎日夕食に2.3個のかぶを食事に取り入れるだけの手軽な方法です。

​​夜は代謝が低下し身体が脂肪を蓄えやすい時間帯です。夕食に低糖質で腹持ちがよいかぶを取り入れることで、カロリーを抑え食べすぎを防げます。
葉も一緒に食べると栄養バランスがさらによくなりますので、葉も捨てずに丸ごと活用するようにしましょう。

食べ方

部位 食べ方 糖質量/100g カロリー
生食 3.1g 20kcal
茹で 2.9g 21kcal
生食 1.0g 20kcal
茹で 0.7g 2kcal
食べ方は、栄養成分をすべて摂取できる生食か茹でるのがおすすめです。生食と茹ででは糖質量は変わりますがカロリーにあまり差は出ないため、できるだけヘルシーな食事をとりたいときは茹でましょう

茹でると水溶性ビタミンが溶け出てしまうためゆで汁を使って汁物にし、溶け出た栄養成分も一緒に摂取するのがおすすめです。
油で焼いたり揚げたりする調理方法を避けるとさらにダイエットの効果が期待できます。
葉は根と比べると糖質量が低いので、葉の部分を積極的に食事に取り入れるとよいです。

かぶを使ったダイエットレシピ

43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

野菜炒めダイエットとは?糖質を抑えた効果的な低カロリー野菜炒めレシピ

野菜炒めダイエットとは?糖質を抑えた効果的な低カロリー野菜炒めレシピ

野菜炒めダイエットとは、栄養価が高い野菜とお肉を主菜にして、糖質の摂取を控えて痩せるダイエット方法です。野菜炒めを食べて痩せるには、野菜やお肉の選び方や炒め方を工夫し、カロリーと糖質の摂取量を抑えます。低カロリーな野菜炒めレシピには、もやし・きのこ類を使用するメニューがおすすめです。
こんにゃくゼリーダイエットとは?痩せ効果をアップするやり方を解説!

こんにゃくゼリーダイエットとは?痩せ効果をアップするやり方を解説!

こんにゃくゼリーダイエットとは、普段食べているおやつや夜の食事をこんにゃくゼリーに置き換えることで痩せることができるダイエット方法です。痩せ効果を上げるには、カロリーや糖質が含まれていない商品を選び・食事と置き換えることがおすすめです。こんにゃくゼリーは、味の種類が豊富なため、飽きずにダイエットを継続することができます。
フジイメイ | 326 view
ソイプロテインダイエットとは?効果的に痩せるやり方を解説!

ソイプロテインダイエットとは?効果的に痩せるやり方を解説!

ソイプロテインダイエットとは、大豆から作られたプロテインを飲んで、筋肉を落とさずに健康的に痩せる減量方法です。ソイプロテインは、減量中に不足しがちなタンパク質と栄養素を補うことで代謝を上げてダイエットの効果を高め、大豆に含まれる有効成分が肌や体の調子を整えます。効果的に痩せるためには、食事と置き換えたり有酸素運動と併用するのがおすすめです。
田崎瑞子 | 203 view
パクチーはダイエットおすすめ?パクチーの効果・おすすめレシピを解説

パクチーはダイエットおすすめ?パクチーの効果・おすすめレシピを解説

パクチーはダイエットに必要な栄養素がたくさん含まれているため、ダイエット中の方におすすめの食品です。パクチーのデトックス効果や整腸作用で健康的に痩せることができるだけでなく、美肌効果やアンチエイジング効果があリます。パクチーを使ったおすすめレシピには、美しく痩せる効果があります。
anananna | 192 view
マッシュルームはダイエットおすすめ?マッシュルームの効果・おすすめレシピを解説

マッシュルームはダイエットおすすめ?マッシュルームの効果・おすすめレシピを解説

マッシュルームは、低カロリーで食物繊維やカリウムといったダイエットに必要な栄養素が豊富。うま味成分が多く クセのない味わいのため、さまざまな料理に活用できる優れた食材です。食べ応えがあり、満腹感を刺激してくれるため、食べすぎも防いでくれます。低カロリーで、安心して継続的に食べることができるのも、マッシュルームがダイエットに向いている理由です。ダイエットにおすすめの食べ方は、栄養素を無駄なく食べきれる生食やスープです。
中西由紀 | 147 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

keehan keehan