2020年1月14日 更新

2020年のサッカー戦術のトレンドとは?最新のフォーメションを考えてみる

サッカー戦術は、時代の流れによってトレンドフォーメーションが異なります。1990年代から2000年代にはポゼッションサッカー、2020年では3トップで高い位置からプレッシャーをかけ、ボールを奪ってショートカウンターにつなげるサッカー戦術がトレンドといえます。

  
188 view お気に入り 0

リーガエスパニョーラのサッカー戦術のトレンド

サッカー戦術のトレンドして、リガーエスパニョーラの2つのチームのフォーメーションと戦術を紹介します。
1つめはバルセロナ、2つめはレアル・マドリードです。この両チームの最新の戦術を解説します。

バルセロナ

 (101303)

バルセロナのサッカー基本フォーメーションはディフェンスライン4人、中盤4人、フォワード4人の4-3-3です。

バルセロナのこの4-3-3フォーメーションの特徴は、グリーズマン、スアレス、メッシという迫力ある最強3トップです。高いボール支配率をキープしながら、隙を狙っていくサッカー戦術で、ピケを中心に最終ラインから攻撃を組み立て、FWのメッシ、スアレス、グリーズマンが得点を狙いに行きます。

また、ボールを失えば素早くフォアチェックにいきながら高い位置でボールを回収し、ボールを回収したら素早くショートカウンターを狙います。
フォアチェック
ボールを奪われた局面でのディフェンス戦術の一つで、ボールを奪われたらすぐにそのボールホルダーの動きを止めるためにプレッシャーをかけにいきます。逆に、ボールを奪われたらプレッシャーに行かずにとにかく自陣内に素早く戻り、守備陣形を整える戦術をリトリートと呼びます。

レアル・マドリード

 (101305)

レアルマドリードの基本フォーメーションは、ディフェンス4人、中盤3人、フォワード3人のバルセロナと同じく4-3-3のフォーメーションです。

前線に魔術師の異名を持つイスコ、世界的ストライカーのベンゼマ、優れた得点力を持つベイルの強力3トップを配置し、さらにアザールも加入して抜群の得点力を誇る点が特徴です。

また、モドリッチ、トニクロースの中盤にカゼミーロがボランチに入って安定感を誇り、マルセロを中心とした攻撃的なディフェンスラインが相手チームに脅威を与えています。

プレミアリーグのサッカー戦術のトレンド

マンチェスター・シティ

 (101306)

グアルディオラ監督率いるプレミアリーグの強豪であるマンチェスター・シティの基本フォーメーションは、3バックに、中盤は4人配置して厚みを出し3トップで得点を狙う布陣です。

ポイントになるのが中盤を担うデブライネで、正確なパスコントロールで、ジェズス、フォーデン、マハレズという強力な3トップにパスを供給しています。

中盤を4枚にしてボール支配率を上げ、高い位置でプレスを仕掛けてボールを回収することを狙う、攻撃的なフォーメーションになっています。

リヴァプール

 (101307)

プレミアリーグで常に優勝争いを繰り広げているリヴァプール。

基本フォーメーションは、4バックに3人の中盤、3トップの4-3-3です。最大の特徴はマネ、フィルミーノ、サラーの破壊力抜群の3トップで、特に右ウイングのサラーはスピード感あふれるドリブル突破から多くの得点を稼いでいます。

フィルミーノは時には中盤に降りたり、サイドに開いたりして得点力の高いマネ、サラーの為のスペースを作ります。また、両サイドバックが攻撃時には積極的に攻め上がり、3トップが中央にスライドして5トップの形になります。

Jリーグのサッカー戦術のトレンド

横浜Fマリノス

 (101308)

2019年のJリーグ王者である横浜Fマリノスの基本フォーメーションは、ボランチを2枚置いた4-3-3で、マテウス、エリキ、仲川、マルコスの4人が攻撃の軸になる戦術です。

このフォーメーションの最大の特徴は、松原とティーラトンの偽サイドバックで、この2人が絞ることで中央の数的優位を実現し、それに対応して相手ディフェンスがサイドハーフが絞れることでウイングへのパスコースを広げることができる点にあります。そしてウイングにドリブラーを備えることで攻撃力が上がります。

浦和レッズ

 (101309)

Jリーグの強豪である浦和レッズの基本フォーメーションは3-2-4-1に近い3-4-3です。

2ボランチを採用し、ビルドアップのときは両サイドアタッカーに高い位置をとらせる、攻撃的なフォーメーションといえます。

トップの興梠を軸に、サイドからの攻撃は宇賀神、関根のサイドハーフ、中央からはシャドー気味の武藤、長澤がゴールを狙います。また、ボールを奪われたら高い位置から5人がボールを回収し、ショートカウンターにつなげます。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アラバロールとは?グアルディオラが見出した戦術を簡単に解説!

アラバロールとは?グアルディオラが見出した戦術を簡単に解説!

ダビド・アラバ選手、グアルディオラ監督によって見出された戦術がアラバロールです。見出された当時は今までのサイドバックの概念を覆す、斬新なアイディアでした。そのアラバロール戦術が今となっては現代サッカーで有効な戦術として認知されています。
K.Suzuki | 100 view
サッカーの個人戦術のデスマルケとは?マークを外す動きについて解説

サッカーの個人戦術のデスマルケとは?マークを外す動きについて解説

デスマルケはサッカーの攻撃時の個人戦術の1つでマークを外す動きのことを指します。デスマルケには2種類あり、状況に応じてタイミングよく行うことによって、良い状態でボールを受けることができ、試合で主導権を握ることができます。
K.Suzuki | 114 view
トータルディフェンスとは?【バレーボールの戦術ガイド】

トータルディフェンスとは?【バレーボールの戦術ガイド】

バレーボールのトータルディフェンスは、「6人で」自分のコートを守るという戦術です。一見すると普通のことかもしれませんが、レベルの高いトータルディフェンスのためには、自チームでの戦術理解が不可欠です。また、自分のチームはブロックが得意なのか、ディグが得意なのかによって、トータルディフェンスの軸も変わります。
aoii15 | 37 view
サッカーのレイオフとは?サッカーの戦術用語を解説!

サッカーのレイオフとは?サッカーの戦術用語を解説!

レイオフは攻撃戦術の1つです。難易度はそれほど高くないにもかかわらず、非常に効果的な攻撃が可能となり、世界トップクラスのチームも採用しています。ポイントを抑えることでどのチームでも取り入れることができ、攻撃力アップに大きく貢献します。
K.Suzuki | 298 view
ストーミング戦術とは?サッカーの攻撃重視のプレスのメリットを解説

ストーミング戦術とは?サッカーの攻撃重視のプレスのメリットを解説

ストーミングは現代サッカーのトレンドにもなっている戦術です。ストーミングの意味とは、圧倒的なプレッシング、相手に呼吸も差せないほどの攻守の切り替え、一瞬でゴールを陥れるカウンターアタックです。アグレッシブなスタイルで相手を圧倒するストーミングが、今サッカー界で戦術的優位を築いています。
K.Suzuki | 1,259 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9