2018年2月11日 更新

筋肉痛の治し方のポイント!原因やメカニズムとは!?

運動後やトレーニング後に起こる筋肉痛や疲労。誰もが一度は経験があると思います。そもそもなぜ筋肉痛は起こるのか。どういった状態で起こるのか。筋肉痛の時の筋肉の状態や筋肉の仕組みやメカニズムを考え、その原因と理由や疲労との関係性から筋肉痛の治し方を考えていきたいと思います。

  
711 view お気に入り 0

筋肉痛の起こる理由とは?

誰もが一度は経験した事はあるであろう筋肉痛。
運動後や筋トレ後にやってくる全身や局所の痛みが筋肉痛。筋肉痛とはなぜ起こるのか考えた事がありますか。

「筋肉が傷ついている」そう表現すればそれまでなのですが、
その筋肉痛の仕組や原因、筋肉の状態をしっかりと理解することで、それなりの対策ができて予防することもでき、治し方も考えることができます。

まずは筋肉痛の治し方を知る為に、人間の筋肉について考えていきましょう。

身体の仕組みで筋肉痛は起こる

筋肉痛が起こる理由としては、大きく分けて二つ考えられます。
まずはそこから治し方を考えてみましょう。
身体の仕組みを考える事で、筋肉痛の治し方や筋肉痛について理解できるようになります。
Free illustration: Man, Sexy, Male, Model, Muscles - Free Image on Pixabay - 1770309 (13910)

筋肉痛は筋肉の成長・筋肥大で起こる

1つめの筋肉痛が起こる理由として、筋肉が成長する過程。
すなわち筋肥大です。
筋肉痛の治し方を考える上で、筋肉が大きい人や小さい人、持久力がある人やない人といったように、人それぞれ筋肉は違います。
また、その人一人の身体の中の筋肉でも大きく強い部分もあれが弱い部分もあります。
筋肉痛、筋肉が傷ついた状態が起きたら身体はそれを修復しようとします。
そして、今後また同じように筋肉痛になり痛めないように、以前より強い状態にしようとする仕組みが人間の身体にはあるのです。
これを超回復と言ったりもします。これが筋肉痛の治し方に重要で、
これが筋肉痛の治し方に関係してきます。

筋肉痛は身体の防御反応

2つめの筋肉痛が起こる理由には、身体の防御反応で筋肉痛で筋肉が損傷してしまった場合、それ以上の無理をしないように身体が動きを制御して身体を守ろうとします。
筋肉や全身に痛みを発生させることで、余計な動きを制御して身体の内部の回復を早めようとしているのです。
その為、筋肉痛の状態では筋肉が硬くなってしまい、関節の可動域の低下や柔軟性が低下してしまします。そこに筋肉痛の治し方との関係があります。

筋肉のメカニズム

そもそも筋肉とは?

筋肉とは、細胞1つの単位としてはとても大きな細胞の筋繊維(筋細胞)が集まって構成されたものです。
エネルギーを使って力を発揮して収縮し、身体の関節を動かします。
筋肉には他にもいろいろな役割があります。
筋肉痛の治し方を考える際には、筋肉とはどのような目的で構成されていて、どのような状態が筋肉痛なのかを考える事で筋肉痛の治し方が分かってきます。

横紋筋と平滑筋

筋肉には細かい横紋模様の「横紋筋」とそうではない「平滑筋」があります。

横紋筋とは主に骨格筋、すなわち全身の関節を動かす筋肉と心臓の筋肉です。
平滑筋とは血管や内蔵の筋肉、内蔵筋ともよばれています。

一般的にイメージされる筋肉とは、横紋筋であり骨格筋のことです。本来の筋という定義は広く、筋肉のなかでも分類があります。
筋肉痛を感じる部分は主に骨格筋で、平滑筋では筋肉痛がないのかと言えば、一概にようだとは言えないのですが、筋肉痛の治し方を考える上では知っておく必要があります。

筋肉の分類

Instagram (13912)

筋肉には、大きく分けて意識的に動かせる筋肉と動かせない筋肉の2つに分類されます。

1,「随意筋」とよばれる意識的に動かせる筋肉が骨格筋にあたります。

2,「不随意筋」は心臓の筋肉や内蔵の筋肉がこれにあたります。

さらに骨格筋(随意筋)には、二頭筋・三頭筋・羽状筋・単関節筋・多関節筋といったように筋肉の形や役割によって分類されます。
筋肉痛や疲労の治し方を考えるうえで、この筋肉の形状や仕組みやメカニズムが重要になってきます。

骨格筋の構造

骨格筋は筋繊維という小さな細胞が集まって出来ており、その細胞の間を筋膜とい形で連結しています。
さらにその両端は、腱という結合組織になります。
この腱の部位が非常に硬くなりやすく、筋肉痛の治し方では非常に厄介になってくるので、この部分をしっかりとストレッチして伸ばしてあげることでも、血液の循環がよくなり、疲労や筋肉痛の治し方にも重要になってきます。

近年のマッサージや治療の方法のなかで、筋膜リリースなどと言った治し方が流行ってきていますが、その筋膜というのは、この細胞を密着させている結合組織の事なのです。
筋肉痛の治し方を考える上で骨格筋の構造は重要です。
どの部位がどんな筋肉で、どの程度の運動で損傷し易いかが分かれば、おのずと筋肉痛の治し方も見えてきます。

筋肉が動く仕組み

Free photo: Man, Male, Boy, A Person, Young - Free Image on Pixabay - 461195 (13913)

筋収縮の仕組み

筋肉の収縮の仕組みは、主に脳からの司令によって筋肉の周囲の神経へと伝達され、筋細胞の周囲にある筋小胞体という組織からカルシウムイオンが放出されて、これが筋収縮の始りとなります。
逆にカルシウムイオンが筋小胞体に吸収されると、筋肉は弛緩します。

足がつったり、こむら返りといった状態はこのイオン分子の影響もあります。

筋肉が動く伝達方法はさらに細かくあるのですが、詳細は未だに諸説あり、はっきりとしていなくて原因不明なところもあり、筋肉痛や疲労の治し方を考える上で、ここでは割愛します。
このミクロな筋肉内の仕組みが筋肉痛の治し方のポイントにもなりますので、頭に入れておきましょう。

筋肉痛の時の筋肉はどういう状態なのか

Free photo: Push Ups, Exercise, Fitness - Free Image on Pixabay - 888024 (13914)

92 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

筋肉痛とマッサージの効果!早く治すために効果的な方法とは?

筋肉痛とマッサージの効果!早く治すために効果的な方法とは?

筋肉痛のときは、マッサージをすれば早く治すことができるのか?また、マッサージをするならば、どのような方法で揉みほぐすと、疲労を和らげることができるのかを紹介していきます。自分でできるマッサージ方法と共に紹介しているので参考にしてみてください。
TOMIZU | 849 view
筋肉痛で筋トレはしていいの?筋肉の回復・超回復との関係は?

筋肉痛で筋トレはしていいの?筋肉の回復・超回復との関係は?

筋トレを開始したばかりの時には激しい筋肉痛になります。次のトレーニングの日までに筋肉痛が治っていない可能性もあります。そのような時に筋トレをしてもいいのか気になりますよね。実際トレーニングはどのよう期間で行えばいいのか紹介したいと思います。
t.masa0256 | 3,929 view
筋肉痛のおすすめ食べ物・飲み物!早く治すために必要な栄養とは?

筋肉痛のおすすめ食べ物・飲み物!早く治すために必要な栄養とは?

食べ物の栄養素を一つ一つ把握している人は少ないと思います。しかし、食べ物の栄養素によっては筋肉痛からの回復を早める効果があるのです。そんな知らないと損するような、筋肉痛時に効果的な、おすすめの食べ物や飲み物を紹介したいと思います。
TOMIZU | 1,370 view
筋肉痛にならないと筋トレ効果はないの?そもそも筋肉痛の仕組みとは?

筋肉痛にならないと筋トレ効果はないの?そもそも筋肉痛の仕組みとは?

筋トレをしたあとに筋肉痛にならなかった場合、鍛えた効果がないのでは?と思ってしまいがちですが、「筋肉痛にならない=筋トレ効果がない」という事には繋がりません。その理由を筋肉痛のメカニズムと共に、詳しく紹介します。
TOMIZU | 1,739 view
超回復と筋肉痛の関係性とは?気になる疑問を解決しよう!

超回復と筋肉痛の関係性とは?気になる疑問を解決しよう!

みなさんは『超回復』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?上手に運動プログラムを組んで、適切な栄養補給をすると、翌日以降この超回復によって以前よりもパワーアップすることが可能になります。今回は、この超回復について解説しつつ、トレーニング翌日に付き物の筋肉痛と超回復との関係性についても取り上げます。
cdoglove21 | 2,188 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act