2018年11月3日 更新

走り幅跳びの練習法とは?トレーニングメニューや練習方法

走り幅跳びの記録を伸ばすための練習方法やトレーニングの方法を紹介。初心者でもこの記事の指導法に従って練習、トレーニングをすれば必ず成果が表れるでしょう。走り幅跳びのための筋トレや練習方法、メニューを知りたい方は必見です。

  
64 view お気に入り 0

走り幅跳びを物理的に考えてみよう

走り幅跳びは、走る事で助走をとり、なるべく遠くへジャンプする競技です。どんな方法を使っても、より遠くへ自力でジャンプする事ができればいいのです。天才物理学者ニュートンが築き上げた、ニュートンの運動の3方式を走り幅跳びに当てはめて例に一緒に考えてみましょう。ニュートンの3方式の内の第一法則、「慣性の法則」は、動いている物体はその動作を続けようとする事を証明しています。速く動く物質は、その速度での運動を続けようとするのです。速く走っている車は、足をアクセルから離しても勢いよく走り続けるのが良い例です。

走り幅跳びもこのニュートンの慣性の法則が示すように、スピードに乗った状態でジャンプし空中に飛び出すことで、身体を自然とより遠くへ運べるでしょう。 その為、スピードに乗った助走が、走り幅跳びの飛距離を上げてくれます。
この物理的な基本を走り幅跳びの練習方法や指導法に活用すると、効率良く走り幅跳びの記録を伸ばすことができるでしょう。初心者でも簡単な練習方法で、結果が表れるので貴方の指導法にも取り入れてみては如何でしょうか?
Sport Jump Long · Free photo on Pixabay (36899)

走り幅跳びの練習方法

3ステップに分解して各ステップの完成度を高めよう!

走り幅跳びは大きく3つのステップに分解できます。助走であるアプローチ、踏切のテイクオフ、空中での動作を含めたランディングです。走り幅跳びでより良い結果を出すためには、これらの3つのステップを別々に練習する方法が理想的です。走り幅跳びには様々な指導法や練習方法がありますが、3つのステップに分解し、別々に練習して、各ステップの完成度を上げる方法がベストです。この指導法で各ステップのレベルが改善されれば初心者でも必ず走り幅跳びの結果が改善されるでしょう。それぞれのステップで幾つかのポイントに焦点を絞って練習し、それぞれの完成度が高まった時点で一連の動作を練習する方法をおすすめします。

【1991年世界陸上走り幅跳び決勝③】マイク・パウエル5回目世界新記録

こちらの動画をご覧ください。これは1991年の世界陸上で世界記録を更新し、金メダルを獲得したマイク・パウエルの走り幅跳びの動画です。この動画を見て頂くと彼のジャンプが、3つのステップによって成り立っている事が理解できるでしょう。4分以上ある動画ですので、彼のジャンプを見るために4分40秒まで先送りしてください。
また、動画の再生速度をを変更して、スローモーションでこの動画を再生すれば、彼のジャンプ方法をより詳しく見ることが可能です。

アプローチはトップスピードを上げる事に尽きる!

Athletics Sport Long Jump Junior · Free photo on Pixabay (36910)

先ほど一緒に走り幅跳びを物理的に考えて頂きました。速く走れば速く走る事が、ニュートンの慣性の法則によって遠くに身体を運ぶ方法であると理解して頂けたはずです。まずはジャンプの事は一度脇に置いておいて、トップスピードを高める為の短距離走の練習を行うと良いましょう。特に初心者の場合、トップスピードが上がると、簡単に記録が伸びますので、簡単な指導法で走り幅跳びの練習が可能です。複雑なトレーニングや練習メニュー、筋トレを取り入れなくてもトップスピードの向上を促せれば、簡単に初心者の記録も改善できるでしょう。このアプローチの段階では、特別な走り幅跳びの技術に関する指導法は必要はりません。

スマホを使って45度の飛び出しと歩数マスターし、最高のジャンプを可能によう!

Marathon Run Sport · Free photo on Pixabay (36915)

テイクオフはジャンプする事によって、トップスピードの勢いに高さを加える作業です。斜め上45度に飛び出すのが理想的なジャンプ方法です。トップスピードに乗っている際の45度は、自分の想像以上に高く上へ飛び上がる必要がありますので、時間をかけて練習しましょう。トップスピードから斜め45度に、一番良い状態でジャンプでテイクオフできるように繰り返し練習して下さい。スマホやビデオを使って動画を録画する方法が良いでしょう。実際に自分のジャンプの角度を動画で確認する事ができる方法ですので、とてもお勧めです。 スマホは便利で手軽に動画を撮影できる方法ですので、スマホを利用すれば近代的な指導法が可能であるも言えるでしょう。指導者に口で言われるよりも、動画を利用すれば、自分で飛び出す角度を自分の目で確認できるメリットがありますので、これ程簡単な指導法はありません。動画は初心者でも角度のイメージを湧きやすくしてくれるの方法ですの、お勧めの練習方法です。

自分の理想的なテイクオフが出来るようになったら、今度はジャンプする位置を定める練習に取り掛かりましょう。走り幅跳びは踏切線を越えてはいけないルールがあります。踏切戦上で最高のテイクオフが出来るように、タイミングと歩数の調整を練習しましょう。トップスピードで踏切に入り、踏切戦上でジャンプできるように、自分の歩数やアプローチに必要な距離を正確に計算してください。この際にもスマホで動画を録画して動画を利用する方法が役立ちます。何歩でトップスピードにのり、それから何歩目でジャンプするか、自分の目で確かめられる簡単な方法です。動画を使って繰り返し練習を繰り返す事で、初心者でもアプローチを精密に計算できるはずです。とても地味な作業ですが、繰り返し練習する事で、初心者でも完成度の高いテイクオフが可能になるはずです。
Long Jump Pit · Free photo on Pixabay (36912)

何度でも理想のジャンプを再現できるように、音でタイミングを覚えよう!

Blood Pressure Ekg Health · Free vector graphic on Pixabay (36919)

走り幅跳びのアプローチとテイクオフのマスターには「音」を利用して練習する方法がおすすめです。自分の走っている足音や、加速するにつれて大きくなる足音は、貴方のジャンプの基準になります。理想のジャンプができた時の音を覚えておくと、同じジャンプを何度も繰り返すことができるようになるでしょう。自分の感覚を大切にしながら、自分のジャンプを音を使って覚えておきましょう。運動が苦手な方や初心者でも、音を覚えると自分のタイミングをマスターしやすくなるので音を使うのはおすすめの指導法です。

トランポリンを利用したランディングの練習方法

Trampoline Sports Equipment Sport · Free photo on Pixabay (36917)

走り幅跳びは、助走とテイクオフに意識が向けられがちですが、飛距離を伸ばすにはランディングのテクニックも大切です。助走のスピードは、短距離走のスピードを上げる必要があり、筋トレによって筋肉量を増やしたり、トレーニングによって身体能力を高めるには時間が掛かります。テイクオフは歩幅の調整やタイミングを掴む練習でかなり完成度を上げられますよね。しかし、空中の動作とランディングは、走り幅跳び独特のテクニックの取得が重要で初心者はしっかりと練習する必要があります。空中での動作やランディングの技術は、ジャンプしてから着地するまでの非常に短い時間で練習する必要があり、簡単ではありません。

より遠くへ飛ぶための空中の動作では、まず片足でテイクオフをして空中へ飛び出した直後に、両足をピッタリとくっつけて、両足を高く前に持ち上げます。この動作は全身の重心を後方、下向きから前方上向きにシフトを促してくれます。重力によって身体が下に引っ張られるのに逆らい、上向きに重心を移動させることで、より長い間空中にとどまる事ができるようになります。空中により長い間留まる事によって、助走で稼いだスピードが飛距離に転換されるのです。

この動作を練習するのに、一番おすすめな方法が、トランポリンを利用した練習方法です。トランポリンで上下真っすぐにジャンプを繰り返し、リズムを掴んだら空中で走り幅跳びの空中での動作の練習をして下さい。片足でジャンプして、両足をくっつけて上へ持ち上げて、前方に突き出しましょう。両足の膝は真っすぐと伸び、股関節がくの字に曲がるはずです。上半身は、胸を突き出してさらに重心を高めましょう。トランポリンで練習する際は、片足でジャンプしてから両足をくっつける一つの動作と、両足を高く前方へ持ち上げる動作の2つに更に細かく分類することをおすすめします。トランポリンを使用した練習法は、地面からジャンプするよりも滞空時間が長いので、身体の動作のテクニックの練習にぴったりです。初心者でも長時間空中でランディングの動作を練習できますので、簡単な指導法です。 指導法に工夫を凝らし、常にベストな練習方法やトレーニングメニューを提供すると初心者でも直ぐに記録が伸びますよ。他にも水中でランシングの動作をマスターさせる指導法や、鉄棒等にぶら下がった状態で下半身の動作を練習する指導法も利用できます。

ちなみに空中で両足を持ち上げて前へ突き出す動作は、空気抵抗も小さくしてくれるので、走り幅跳びの飛距離を更に伸ばしてくれる効果もあります。

このトランポリンを利用した練習メニューで空中での動作を習得したら、実際に陸上での練習に移りましょう。その際にはお尻ではなく、踵で着地できるように繰り返し練習してください。

走り幅跳びのためのトレーニング や筋トレ

アプローチのトップスピードUPとテイクオフで力強くジャンプするための下半身の筋トレ

Man Weight Lifter Muscular · Free photo on Pixabay (36918)

初心者向きではありませんが、走り幅跳びの飛距離を伸ばすには、下半身の筋トレが非常に役立ちます。下半身の筋肉量が上がると、アプローチの際のトップスピードの向上、テイクオフ時によりパワフルにジャンプに直結します。筋肉が骨を動かして身体の動作を可能にしているので、筋肉の生み出す力が大きくなれば、より早く走れるように、より高くジャンプできるようになるのは当たり前ですよね。

まずは基本的なスクワットから始める方法が最適です。走り幅跳びは無酸素運動で、一瞬の動作で最大限に大きな力を、爆発的な生み出す事が要求されます。その為、軽い負荷ではなく、大きなウェイトを利用し、最大負荷を使ったスクワットが最適です。1~3回程しか持ち上げられない重量で、4~6セット行うのが理想な下半身のトレーニング方法でう。

また、シングルレッグ・スクワットも、走り幅跳びの為の下半身の筋肉の筋トレに適したメニューです。走り幅跳びは、片足でジャンプして空中に飛び出します。そのため、片足で大きな力を生み出す必要があります。

また、片足でのジャンプは、両足で行う場合と異なり、バランスの不安定になりがちです。アプローチで準備したスピードを全身を使って片足の裏で地面に伝えることで、高さと距離のあるジャンプが可能になります。両足でジャンプする場合と違って、体幹回りがしっかりとしていないと、身体がぶれて、上手く地面に力を伝えられなくなってしまいます。シングルレッグ・スクワットは、片足のバランスの不安定な状態で行うスクワットですので、体幹を意識しながら片足で力を生み出す必要があるので、走り幅跳びに最適です。上級者は両腕を振って、走り幅跳びの飛び出しと同じ動作を行いながらのシングルレッグ・スクワットがおすすめです。異なるバリエーションを取り入れた方法として難易度を上げながら筋トレを可能にします。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

走り幅跳び用スパイクおすすめ10選【ナイキ/アディダス/ミズノ他】

走り幅跳び用スパイクおすすめ10選【ナイキ/アディダス/ミズノ他】

走り幅跳びのスパイクは短距離とは異なった走り幅跳びの踏み切り、助走パフォーマンスに欠かせない動作があります。走り幅跳び専用スパイクは普段走るための陸上競技用スパイクとは構造が違うので、ここでは走り幅跳び用のシューズとおすすめの選び方についてご紹介していきます。
syaki | 21,744 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act