2019年4月29日 更新

スライスサーブの打ち方とは?初心者でも上手く打つコツ【テニス上達ガイド】

硬式テニスでのスライスサーブの打ち方と練習法、よくあるお悩みポイントと解決法、初心者でも上手く打つコツをご紹介します。硬式テニスのスライスサーブの打ち方は、自然に身体を使え、筋力を必要としませんので、初心者の方や非力な女性や高齢の方でもコツをつかめば十分に打てるサーブです。

  
11,062 view お気に入り 0

スライスサーブとは?

Tennis Sports Ball · Free photo on Pixabay (43499)

今回は硬式テニスのスライスサーブの打ち方について、初心者の方でも上手に打てるようになる練習法とコツについてご紹介しましょう。

スライスサーブの特徴

硬式テニスのスライスサーブの打ち方は、名前の通りテニスボールをナイフで削ぐ(スライスする)ように打ちます。打ったボールの特徴としては、右打ちの方ならテニスボールの右側を削ぐように打ちますので左に曲がりながら飛び、バウンドしてから左方向に滑るようにボールが回転し、バウンドも高くなりません。フラットサーブやスピンサーブに比べ、自然に身体を使え、力を必要としない打ち方ですので、初心者の方や女性や高齢の非力な方でもコツをつかめば十分に打てるテニスの基本的なショットの一つです。

スライスサーブの3つの長所

・非力な選手でも打てるサーブ
筋力的な負担が少なく、パワーがなくても打てるショットなので、コツさえつかめば初心者の方や女性や高齢者にも上手に打てるようになるサーブです。

・無理せず自然に身体が使える打ち方で身体に楽
テニスボールを投げるような感覚で、無理な動きが少ないため、コツをつかめば初心者の方々にも身体に楽なサーブです。

・セカンド(第二)サーブとして使いやすいサーブ
理想のセカンドサーブは、相手から攻撃されにくく、フォールトしにくいサーブです。スライスサーブは曲がりながら飛び、バウンドしてから滑るので相手から攻撃されにくいサーブです。

スライスサーブの実践での長所

・コートサーフェイスによってはさらに効果的なサーブ
  例えば滑りやすい砂入り人工芝や、ハードコート、カーペットコートなどは、スライスサーブがバウンドしてから低く滑るため、相手が返球しにくく効果が倍増します。

・風が強い時に使えるサーブ
風が強い時にはトスアップが高いと風に流され打ちにくくなります。スライスサーブは、トスを多少高く上げずに打てるので風の影響が比較的少なく済みます。

スライスサーブの試合で有利な点

・滑るスライスサーブはオープンコートを作りやすい
シングルスでは、右利きならデュースサイドで左に滑るサーブ、左利きならアドサイドで右に滑るサーブは、相手をサーブレシーブのためにコート外に追い出すことができます。相手を追い出してオープンコートを作ることで、ファーストボレーで決めたり、その後試合を有利に展開したりすることができます。

・バウンドしてから低く滑るため、相手は低い打点から持ち上げるショットになる
ダブルスでは、相手がボールを持ち上げるピックアップショットを打つ時にはボールが浮くので、ポーチのチャンスとなります。サーブで相手レシーブを浮かせると、味方の前衛がポーチしやすくなりポイントの確率が高まります。

スライスサーブの打ち方

それではスライスサーブの打ち方について初心者の方々にもわかりやすくご説明しつつ、ポイントをチェックしていきましょう。基本的に右利きの方を対象に打ち方の説明をしますので、左利きの方は左右裏返して解釈してください。

グリップ(ラケットの握り方)

コンチネンタルグリップ

コンチネンタルグリップ

まずグリップですが、サーブに共通のグリップとして使われるコンチネンタルグリップがおすすめです。イメージで言いますと、台所でものを切る時に使う包丁の握り方です。テニスラケットを地面に対して立てて持ってください。

初心者の方には最初はストロークを打つ時のグリップと違って違和感があるかもしれません。ただし、このグリップの方がスライスの回転がかけやすく、初心者の方が今後学ぶサーブ&ボレーの連続ショットなどでもスムーズに打ちやすいので、初心者の方が今後上達しやすいようにということも考えて、サーブでは初めからこのコンチネンタルグリップを使って練習してみることをおすすめします。

スタンス(足幅)

スタンスの位置

スタンスの位置

スタンスは、スライスサーブだけでなく、フラットやスピンなどのサーブに共通ですが、ネットに対して身体を横向きにし、肩幅より多少広めに、両足のつま先を結んだ線の延長線上に目標があるようにスタンスを取ります。デュースサイドでは右足が多少前(肩が開く感じ)、アドサイドでは右足が後ろに引けた(肩が内側に入った感じ)のスタンスになります。

トスアップ(テニスボールの投げ上げ)

サーブはテニスラケットを持たない方の腕でテニスボールを投げ上げ、テニスラケットを持つ方の腕で打ちます。スライスサーブでは、テニスボールを投げ上げる際には、右斜め前方に上げます。高さは右腕を高く伸ばした高さよりテニスボール2個ほど高めに上げます。

インパクト(打点)

スライスサーブの回転

スライスサーブの回転

スライスサーブの打点は右斜め前方になります。高さは右腕が伸び切った高さから多少低くても良いです。サーブでもストロークでも、打点はショットを決めるカギとなります。ご自分で打ちやすい打点があると思いますので、練習して打ちやすい打点を自分のものにしてください。

スライスサーブは、インパクトでテニスボールの右側を削るように打ちます。ちょうどテニスボールを地球と見立てると、赤道あたりをラケットで「シュッ」と風を切る音がするぐらいの速度で削り取るイメージです。

スイング

63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゼロからバスケが上手くなりたい!バスケットの練習方法20選

ゼロからバスケが上手くなりたい!バスケットの練習方法20選

バスケを始めたばかりの小学生や中学生におすすめの、上手くなるの練習方法20選を紹介します。バスケの練習を行なって、ドリブルやパス、シュートなどの基本をしっかり覚えましょう!初心者が簡単でも簡単なことからスタートして正しいやり方で上達する方法を教えます。
masamiohdaira9 | 124 view
ゴルフ初心者用おすすめクラブセットはコレだ!選び方のポイントは?

ゴルフ初心者用おすすめクラブセットはコレだ!選び方のポイントは?

ゴルフの初心者の方の中には、入門に必要なクラブ1式が揃うクラブセットの購入を検討されいてる方も多いのではないでしょうか。ゴルフのグラブセットを初心者の方へ選び方のポイントとおすすめのスターターセットをご紹介します。ぜひお役立てください。
nagg | 125 view
卓球ラケットの選び方!初心者が絶対知りたい情報まとめ

卓球ラケットの選び方!初心者が絶対知りたい情報まとめ

卓球のラケットと一口にいっても、シェイクやペンホルダーの種類、グリップの形、そして性能など幾つかのポイントがあり、卓球ラケットの選び方にはある程度の知識が必要となります。自分に合った最適なラケットの選び方について、初心者の方に向けた基礎知識を解説していきます。
skynetasia391k | 139 view
クロールのきれいな泳ぎ方とは?フォームをしっかり意識しよう

クロールのきれいな泳ぎ方とは?フォームをしっかり意識しよう

クロールの綺麗な泳ぎ方で大事なポイントを初心者向けに解説します。水泳で学ぶ4泳法の中でトップクラスのスピードを誇り、全ての泳ぎ方の基本となるのがクロールです。きれいなフォームを習得するためのちょっとしたコツを、一つ一つ確認していきましょう。
sotomama | 1,346 view
ガットのテンションを張る強さは?テニスコーチが適正について解説

ガットのテンションを張る強さは?テニスコーチが適正について解説

テニスのガットで重要な要素となるのがテンションです。テニス上達のきっかけや怪我の防止とガットの張りの強さの関わりは非常に大きくなります。意外と知られていないガットの適正なテンションについて、適正値の探し方や選び方について解説してきます。
SKコーチ | 323 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

園城寺 希 園城寺 希