2019年1月3日 更新

パルクール&フリーランニング筋トレ方法!【必要な身体作り】

パルクール、フリーランニングを知っている人、実際にトレーニングしている人達に向けて、パルクール、フリーランニングの筋トレのメリットを3つ、パルクール筋トレ方法を5つと、フリーランニング筋トレ方法を5つ、詳しく紹介していきます!

  
7,516 view お気に入り 0

パルクール、フリーランニングの筋トレのメリット三選

Parkour Wallpaper 2015 Parkour Wallpapers Hd - Wallpapersafari - Graffiti Art Collection (23788)

パルクールやフリーランニングに限らず、筋トレによって、スポーツの上達の早さは違ってきますよね。

サッカーや野球などの、日本でメジャースポーツとなっているものは、部活動やクラブなどで、筋トレのやり方などが確立されていますが、パルクールやフリーランニングはまだまだマイナースポーツなので、初心者の方は、走る、飛ぶ力を付ける、パルクールやフリーランニングの筋トレによって自分に何をもたらすのかが分からないと思います。

そこで今回は、パルクール、フリーランニングの飛ぶ、走る力を付けることによる筋トレのメリットを3つ、紹介していきます!

筋トレによるメリットその1

 (23798)

パルクール、フリーランニングの飛ぶ、走る筋トレのメリットの1つとして、技に必要な運動の細かい部分、いわゆる基礎部分まで知ることが出来る、というメリットがあります。

この知識はパルクール、フリーランニング初心者が上達するにあたってとても重要なことで、初心者のうちは、技の動きが1つだと考え、走る、飛ぶ際に使うべき筋肉を使っていない場合があります。

それは感覚のみで身体を動かしていく、という訳ですが、このパルクール、フリーランニングのトレーニング方法では、上達に限界があります。

なので、筋肉の部位ごとの筋トレをすることによって、部分的な筋肉の使い方を学ぶことも必要になってくる訳ですね。

筋トレによるメリットその2

 (23796)

パルクール、フリーランニングの筋トレをすることによって、部分的な動きをタイミング良く組み合わせ、動きに無駄が無くなる、というメリットがあります。

これは、パルクールやフリーランニングの技を動画で撮ってみたら、思っていたより技が汚かった、でもどこを直せば綺麗になるのか分からない、というパルクール、フリーランニング初心者にとってとても重要です。

何故かというと、パルクールやフリーランニングの技のトレーニングの際に、形を変えようとすると、感覚が分からなくなり、失敗による怪我に繋がるからです。

しかし、部分的な筋トレによって形の補正をすることによって、感覚の狂いを最小限に抑えることが出来るんですね。

筋トレによるメリットその3

 (23797)

パルクール、フリーランニングの、走る、飛ぶ力を養う筋トレの3つ目のメリットとして、環境に囚われずにトレーニングすることが出来る、というメリットがあります。

これは具体的にどういうことかというと、パルクールやトリッキングはまだ日本ではスポーツとして認められていないので、パルクール初心者が練習する場所は、基本的に外しかありません。

なので、天候が悪い時は、パルクールやフリーランニングを練習できない日もある訳ですね。

しかしそんな日に、パルクール、フリーランニングに必要な基礎的な走る、飛ぶ力の身体作りのトレーニングをすることによって、上達させることが出来るのです。

基本的なパルクール筋トレ方法5選

今回は、パルクールとフリーランニング、両方の特徴に合わせ、初心者でもトレーニング出来る様な筋トレ方法を紹介していきます。

なので、パルクールの場合は、走ることにおいて重要な筋トレ方法を紹介しますが、実際にパルクールをトレーニングする際に、筋トレの効果が発揮されなければ意味がありませんので、実際にパルクールをトレーニングしてることを想定して、初心者の方は筋トレをしましょう。

パルクール筋トレ方法その1

 (23789)

パルクールの飛ぶ力を養う筋トレ方法の1つとして、ジャンピングスクワットというパルクール筋トレ方法があります。

このパルクール筋トレ方法は、パルクールの基礎的な、飛ぶ力が付くことになり、より遠くに飛ぶことが出来るようになります。

このパルクール筋トレのやり方は、両脚を肩幅に開いて、胸を張って背筋を伸ばし、スクワットと同じ要領で膝を曲げて腰を落とし、太ももと床が平行になったら、足の裏で床を蹴り上げ、ジャンプします。
着地したら、そのまま続けて腰を落とし、10回×3セットを繰り返しトレーニングします。

この筋トレ方法をすれば、パルクール初心者でも、早い時間で飛ぶ力を付けることが出来ますね。

パルクール筋トレ方法その2

 (23790)

パルクールの筋トレ方法の一つとして、バーベルスクワットという筋トレ方法があります。

こちらも、基礎的な飛ぶ力を鍛えるためのパルクール、フリーランニング筋トレ方法ですが、難点として、バーベルが無いと出来ないというデメリットがあります。

このパルクール筋トレ方法のやり方は、首の付け根辺りにバーベルを乗せ、ラックからバーベルを外しましょう。

次に、両脚を肩幅程度に開き、背筋を伸ばして、その後両膝を曲げて腰を落としていきます。
最後に、膝を伸ばして腰を起こせば終わりです。

このパルクール筋トレ方法を、一日10回×3セット行なってください。

パルクール筋トレ方法その3

 (23791)

パルクールの筋トレ方法として、次は基礎技の、wall climb upなどの技で使う筋肉を鍛える筋トレを紹介します。

この筋トレはメジャーで、誰もが知ってる筋トレだと思うので、パルクール初心者でも始めやすいと思います。

懸垂の基本的なやり方は、まず懸垂が出来るバーを肩幅より拳二個分ほど広く握ってぶら下がります。

次に、足を後ろで組み、目線を上げ、肩甲骨を寄せる様にし、背中の力で体を引き上げていきます。

上げきったら一秒間静止し、ゆっくりと腕を伸ばして体を下げ、スタートのポジションまで戻ります。

だいたい15回×3セット位トレーニングすると良いでしょう。

パルクール筋トレ方法その4

 (23792)

46 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

上手くなりたい!バスケ初心者の基礎を鍛える練習メニュー15選

上手くなりたい!バスケ初心者の基礎を鍛える練習メニュー15選

子供がバスケットボールを始めようとしていて、どのような練習をさせれば上達するのか、初心者の基礎を鍛えるためにはどのような練習メニューが効果的なのかと悩んでいる親御さんも多いかと思います。そこで今回はバスケ初心者の基礎を鍛える練習メニュー15選を紹介します。
masamiohdaira9 | 63 view
釣りの仕掛けの基本とは?仕掛けの作り方を初心者向けに徹底解説!

釣りの仕掛けの基本とは?仕掛けの作り方を初心者向けに徹底解説!

釣りは、狙う魚種に合わせた仕掛けで魚を釣りますが、必ずしもターゲットが釣れるわけではありません。釣れない状況の場合は、その場で仕掛けを変更して違う魚種を狙うこともしばしばあります。どんな状況にも対応できるよう多くの仕掛けを覚えておくと楽しみが広がります。
skynetasia391k | 48 view
V字バランスの腹筋を鍛える効果と具体的なやり方&コツとは?

V字バランスの腹筋を鍛える効果と具体的なやり方&コツとは?

V字バランスは座るスペースさえあれば手軽にできる効果的なトレーニングです。V字を作るためには腹筋や腕を使ってバランスをとる必要があるため上半身全体を鍛えることができ、さらにウェスト引き締め効果もあります。V字バランスのやり方やコツをお伝えしていきますので、ぜひ参考にして下さい。
Act | 326 view
減量期の筋トレメニュー5選!効率よく体重や体脂肪を減らす方法

減量期の筋トレメニュー5選!効率よく体重や体脂肪を減らす方法

鍛えあげた筋肉は、体脂肪を削ることで現われます。そのため、増量期にバルブアップした後は、余分な体脂肪を落とす減量期が必要です。ただし、減量といってもただのダイエットとは異なります。筋肉を維持しつつ体脂肪を落とすために効果的な筋トレメニューを解説します。
sotomama | 795 view
サッカー初心者がまずやる6つの基礎練習メニューとは?1人でもできる!

サッカー初心者がまずやる6つの基礎練習メニューとは?1人でもできる!

サッカー初心者の子供をもつ親にとって気になるのが子供のレベルです。うちの子に何を練習させれば良いのか?特にサッカー経験の無い方には心配です。そこで今回は入門編として、チームの練習以外に、1人でできるサッカー初心者がまずやる6つの基礎練習メニューを紹介します。
masamiohdaira9 | 396 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みかん🍊 みかん🍊