2019年1月3日 更新

パルクール&フリーランニング筋トレ方法!【必要な身体作り】

パルクール、フリーランニングを知っている人、実際にトレーニングしている人達に向けて、パルクール、フリーランニングの筋トレのメリットを3つ、パルクール筋トレ方法を5つと、フリーランニング筋トレ方法を5つ、詳しく紹介していきます!

  
8,298 view お気に入り 0

パルクール、フリーランニングの筋トレのメリット三選

Parkour Wallpaper 2015 Parkour Wallpapers Hd - Wallpapersafari - Graffiti Art Collection (23788)

パルクールやフリーランニングに限らず、筋トレによって、スポーツの上達の早さは違ってきますよね。

サッカーや野球などの、日本でメジャースポーツとなっているものは、部活動やクラブなどで、筋トレのやり方などが確立されていますが、パルクールやフリーランニングはまだまだマイナースポーツなので、初心者の方は、走る、飛ぶ力を付ける、パルクールやフリーランニングの筋トレによって自分に何をもたらすのかが分からないと思います。

そこで今回は、パルクール、フリーランニングの飛ぶ、走る力を付けることによる筋トレのメリットを3つ、紹介していきます!

筋トレによるメリットその1

 (23798)

パルクール、フリーランニングの飛ぶ、走る筋トレのメリットの1つとして、技に必要な運動の細かい部分、いわゆる基礎部分まで知ることが出来る、というメリットがあります。

この知識はパルクール、フリーランニング初心者が上達するにあたってとても重要なことで、初心者のうちは、技の動きが1つだと考え、走る、飛ぶ際に使うべき筋肉を使っていない場合があります。

それは感覚のみで身体を動かしていく、という訳ですが、このパルクール、フリーランニングのトレーニング方法では、上達に限界があります。

なので、筋肉の部位ごとの筋トレをすることによって、部分的な筋肉の使い方を学ぶことも必要になってくる訳ですね。

筋トレによるメリットその2

 (23796)

パルクール、フリーランニングの筋トレをすることによって、部分的な動きをタイミング良く組み合わせ、動きに無駄が無くなる、というメリットがあります。

これは、パルクールやフリーランニングの技を動画で撮ってみたら、思っていたより技が汚かった、でもどこを直せば綺麗になるのか分からない、というパルクール、フリーランニング初心者にとってとても重要です。

何故かというと、パルクールやフリーランニングの技のトレーニングの際に、形を変えようとすると、感覚が分からなくなり、失敗による怪我に繋がるからです。

しかし、部分的な筋トレによって形の補正をすることによって、感覚の狂いを最小限に抑えることが出来るんですね。

筋トレによるメリットその3

 (23797)

パルクール、フリーランニングの、走る、飛ぶ力を養う筋トレの3つ目のメリットとして、環境に囚われずにトレーニングすることが出来る、というメリットがあります。

これは具体的にどういうことかというと、パルクールやトリッキングはまだ日本ではスポーツとして認められていないので、パルクール初心者が練習する場所は、基本的に外しかありません。

なので、天候が悪い時は、パルクールやフリーランニングを練習できない日もある訳ですね。

しかしそんな日に、パルクール、フリーランニングに必要な基礎的な走る、飛ぶ力の身体作りのトレーニングをすることによって、上達させることが出来るのです。

基本的なパルクール筋トレ方法5選

今回は、パルクールとフリーランニング、両方の特徴に合わせ、初心者でもトレーニング出来る様な筋トレ方法を紹介していきます。

なので、パルクールの場合は、走ることにおいて重要な筋トレ方法を紹介しますが、実際にパルクールをトレーニングする際に、筋トレの効果が発揮されなければ意味がありませんので、実際にパルクールをトレーニングしてることを想定して、初心者の方は筋トレをしましょう。

パルクール筋トレ方法その1

 (23789)

パルクールの飛ぶ力を養う筋トレ方法の1つとして、ジャンピングスクワットというパルクール筋トレ方法があります。

このパルクール筋トレ方法は、パルクールの基礎的な、飛ぶ力が付くことになり、より遠くに飛ぶことが出来るようになります。

このパルクール筋トレのやり方は、両脚を肩幅に開いて、胸を張って背筋を伸ばし、スクワットと同じ要領で膝を曲げて腰を落とし、太ももと床が平行になったら、足の裏で床を蹴り上げ、ジャンプします。
着地したら、そのまま続けて腰を落とし、10回×3セットを繰り返しトレーニングします。

この筋トレ方法をすれば、パルクール初心者でも、早い時間で飛ぶ力を付けることが出来ますね。

パルクール筋トレ方法その2

 (23790)

パルクールの筋トレ方法の一つとして、バーベルスクワットという筋トレ方法があります。

こちらも、基礎的な飛ぶ力を鍛えるためのパルクール、フリーランニング筋トレ方法ですが、難点として、バーベルが無いと出来ないというデメリットがあります。

このパルクール筋トレ方法のやり方は、首の付け根辺りにバーベルを乗せ、ラックからバーベルを外しましょう。

次に、両脚を肩幅程度に開き、背筋を伸ばして、その後両膝を曲げて腰を落としていきます。
最後に、膝を伸ばして腰を起こせば終わりです。

このパルクール筋トレ方法を、一日10回×3セット行なってください。

パルクール筋トレ方法その3

 (23791)

パルクールの筋トレ方法として、次は基礎技の、wall climb upなどの技で使う筋肉を鍛える筋トレを紹介します。

この筋トレはメジャーで、誰もが知ってる筋トレだと思うので、パルクール初心者でも始めやすいと思います。

懸垂の基本的なやり方は、まず懸垂が出来るバーを肩幅より拳二個分ほど広く握ってぶら下がります。

次に、足を後ろで組み、目線を上げ、肩甲骨を寄せる様にし、背中の力で体を引き上げていきます。

上げきったら一秒間静止し、ゆっくりと腕を伸ばして体を下げ、スタートのポジションまで戻ります。

だいたい15回×3セット位トレーニングすると良いでしょう。

パルクール筋トレ方法その4

 (23792)

46 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゴルフ初心者用おすすめクラブセットはコレだ!選び方のポイントは?

ゴルフ初心者用おすすめクラブセットはコレだ!選び方のポイントは?

ゴルフの初心者の方の中には、入門に必要なクラブ1式が揃うクラブセットの購入を検討されいてる方も多いのではないでしょうか。ゴルフのグラブセットを初心者の方へ選び方のポイントとおすすめのスターターセットをご紹介します。ぜひお役立てください。
nagg | 47 view
卓球ラケットの選び方!初心者が絶対知りたい情報まとめ

卓球ラケットの選び方!初心者が絶対知りたい情報まとめ

卓球のラケットと一口にいっても、シェイクやペンホルダーの種類、グリップの形、そして性能など幾つかのポイントがあり、卓球ラケットの選び方にはある程度の知識が必要となります。自分に合った最適なラケットの選び方について、初心者の方に向けた基礎知識を解説していきます。
skynetasia391k | 54 view
クロールのきれいな泳ぎ方とは?フォームをしっかり意識しよう

クロールのきれいな泳ぎ方とは?フォームをしっかり意識しよう

クロールの綺麗な泳ぎ方で大事なポイントを初心者向けに解説します。水泳で学ぶ4泳法の中でトップクラスのスピードを誇り、全ての泳ぎ方の基本となるのがクロールです。きれいなフォームを習得するためのちょっとしたコツを、一つ一つ確認していきましょう。
sotomama | 444 view
ガットのテンションを張る強さは?テニスコーチが適正について解説

ガットのテンションを張る強さは?テニスコーチが適正について解説

テニスのガットで重要な要素となるのがテンションです。テニス上達のきっかけや怪我の防止とガットの張りの強さの関わりは非常に大きくなります。意外と知られていないガットの適正なテンションについて、適正値の探し方や選び方について解説してきます。
SKコーチ | 112 view
ゴルフのグリップの正しい握り方とは?基礎をしっかりと学ぼう【初心者ガイド】

ゴルフのグリップの正しい握り方とは?基礎をしっかりと学ぼう【初心者ガイド】

ゴルフのグリップはクラブが唯一体と接する部分ですので、安定したショットを打つためにはとても大切な要素です。正しいグリップの握り方を覚えることは、ゴルフのスコアアップにもつながります。本記事ではゴルフのグリップの握り方を図解を交えながら、徹底解説します。
nagg | 83 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みかん🍊 みかん🍊