2020年2月23日 更新

ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは、バスケットのドリブル時のヴァイオレーションの1つです。ダブルドリブルは、オフェンス側の反則で、安易なミスではなく、絶対してはいけないミスです。連続的なドリブルをするなかで、ドリブル終了後に再度ドリブルをする反則のダブルドリブルのルールの基準を理解しましょう。

5,172 view お気に入り 0

ダブルドリブルとは?

shotclock on Instagram: “松田悟志の24秒でバスケットのルール解説 #ダブルドリブル 『 #shotclock ファッション』で検索🔎 #松田悟志 #俳優 #バスケ男子 #バスケットボール #炎の体育会TV #actor #shotclock  #バスケ女子 #24秒動画 #ファッション #カルチャー…” (112144)

ダブルドリブルとは、バスケットボールの公式ルールにある反則の1つです。ダブドリと略して表現されます。ボールを保持しているプレイヤーは、ドリブルを連続的におこないながら移動します。ドリブルの定義は次の通りです。

競技規則上のドリブルの定義

規則上のドリブルの定義とは以下の通りです。

【ドリブルの定義】
ライブのボールをコントロールしたプレーヤーが、ボールをフロアに投げたり叩いたり転がしたり、弾ませたりする動作


ダブルドリブルは、ドリブルに関する反則です。ダブルドリブルを犯すと、審判であるレフリーがホイッスルを吹くとともにプレイを止め、ボールのポゼッションが相手に移ります。

ダブルドリブルの基準

いまさら聞けない「ダブルドリブル」とは【バスケ】【ルール】

バスケットボールのダブルドリブルの基準は、ドリブルが終了した後に、再びドリブルをすることです。

ドリブルで移動した後で、パスやシュートをするために両手でボールを保持した後に、再度ドリブルでフロアにボールを跳ねさせて手に戻ってきた瞬間にダブルドリブルが成立し、レフリーが笛を吹くとともに、ダブルドリブルがコールされます。
ドリブル終了の6つの定義
・ボールを両手で同時に触れる
・片手で掴んでボールの動きを停止させる
・片手で下から支えてボールの動きを停止させる
・ボールがフロアーに接触する前にもう1回ボールに触れる
・ドリブル継続中に相手にボールをタップされてボールコントロールを失う
・ドリブル継続中に相手にファンブルしてボールコントロールを失う

ダブルドリブルの審判のジェスチャー

ダブルドリブルがの審判のジェスチャーは、両手を体の前で交互に上下させます。審判は、笛を吹いてプレイを止めた後、ヴァイオレーションをコールして、ジェスチャーでダブルドリブルを申告します。
 (112399)

両手を交互に上下させる以外でドリブルのヴァイオレーションを示すジェスチャーには、片手の手のひらを上に向けた後、弧を描いて手のひらを地面に向ける動作があります。

イリーガルドリブルがあると、審判は反則の動作をまねるようなジェスチャーでイリーガルドリブルであることを示します。

ダブルドリブルの意味

Akira Matsuhashi on Instagram: “久慈地区中総体バスケットボール競技終了。最終日も審判を担当しました。  今大会、特に女子は接戦続きとなり、中学生の伸びの大きさを、改めて実感しました。  男子 1.長内 2.種市 3.久慈、女子 1.久慈 2.大野 3. 長内となり、優勝チームが7月の県大会へ進みます。…” (112145)

バスケットのヴァイオレーションの1つであるダブルドリブルは、Double Dribbleと綴り、直訳すると2度のドリブルという意味になります。

ダブルドリブルをすると、ボールのポゼッションが相手に移るので、ダブルドリブルはオフェンス側のミスです。ミスはつきものですが、ダブルドリブルがチームに対してもたらす意味を説明します。

ターンオーバー

ダブルドリブルがもたらすのは、ターンオーバーです。バスケットボールの個人スタッツにおいて、ダブルドリブルはカウントされず、ターンオーバーとしてカウントされます。

ターンオーバーにカウントされるミスは、パスミスやトラベリングなどがありますが、ダブルドリブルは、ミスの中でも凡ミスのほうに分類されます。ダブルドリブルはチームの士気を下げかねないミスになりますので、特に競った状況では絶対に避けねばなりません。
ターンオーバーとは?
シュートの失敗を除くミスにより、ボールのポゼッションが相手チームに移ること

ダブルドリブルを注意したい6つのタイミング

Sebastián Re on Instagram: “@_kw15 y @lukadoncic All-Star 😍🔥♥️💙 #allstar #kembawalker #luka #chicago 🔥” (112499)

バスケットでダブルドリブルがコールされるタイミングは次の通りです。
 ・ドリブルを終えた後
 ・ドリブルからパスを出す時
 ・ヘジテーションドリブルのやり方
 ・ボールをファンブルした後

 ・バックボードにぶつけたボールに触れた後
 ・意図的に他のプレイヤーにボールをぶつけた後

ダブルドリブルのルールを十分に理解していれば注意できます。

①ドリブルを終えた後

【反則のタイミング】
ドリブルを終えた後

【よくあるシーン】

初心者でルールをよく理解していない

【ダブルドリブルにならないための選択肢】

ドリブルが終了したらパスかシュートしかできない

ドリブルを終えた後に、再度ドリブルをしてしまうのは、初心者に多いミスで、ルールを理解していない裏付けといえます。ドリブルを終了した後の選択肢は、パスかシュートしかありません。ドリブルを始めたら、ドリブルを終える前に、次のプレイをいくつか考えておくことが重要です。

②ドリブルからパスを出す時

46 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは自陣ペナルティーエリア内での守備者のファウルに対して、退場、ペナルティーキック、次節出場停止の三つの罰が同時に適用されることをいいます。近年、ルール改正によって三重罰は適用されにくくなりましたが、ビデオ判定が導入されたことで判定の難解さが増しています。
hoedama1 | 1,620 view
ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは、打者が打ったボールが鋭く後ろに逸れ、直接キャッチャーが捕球したことを意味します。ファウルチップになった場合は、空振りと同じ扱いとなります。打者がツーストライクと追い込まれた状況であれば、空振り三振となり、アウトになります。
Anonymous | 4,242 view
プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは、審判の判定に対してビデオ判定を要求できる制度です。プロ野球のリクエスト制度のルールは、ビデオ判定を要求できるプレーはアウト・セーフに関連するものとされています。リクエストの回数は2回とされています。リクエスト制度のルールや条件を理解してプロ野球を楽しみましょう!
kimura | 1,919 view
PKのルールとは?改正もあったルールを含めてわかりやすく解説

PKのルールとは?改正もあったルールを含めてわかりやすく解説

PKはボールの置く位置やボールから離れる選手の距離、ゴールキーパーが動くタイミング、キックフェイントの禁止など細かいルールがあります。また、PKにはゴールキーパーにもキッカーにもコツやセオリーがあり、技術的、論理的に成功確率を高めることができます。
hoedama1 | 970 view
バレーボールって足を使っていいの?気になるルールを解説します

バレーボールって足を使っていいの?気になるルールを解説します

バレーボールの現在のルールでは、足を使ってレシーブをすることが認められています。意図的に足を使うことも、思いがけずボールが足に当たって上に上がった場合も反則にはなりません。以前は認められていなかった、足を使ってのレシーブについて説明していきます。
まる蔵 | 1,503 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MARUO KAZUHIRO MARUO KAZUHIRO