2018年8月13日 更新

テニスの練習メニュー3選!基本的な素振りや打ち方【テニスコーチ監修】

テニスの練習メニューを初心者におすすめなものを3選ご紹介します。テニスの練習では、まず素振りがあります。素振りの中で打ち方の基礎を固めていくことで、テニス初心者でもスムーズにボールを打球することができます。その他各ショットの正しい素振りの仕方や練習方法を解説します。

  
5,742 view お気に入り 0

テニスの練習の前に・・・テニス初心者が知りたい3つの打ち方

 (35981)

硬式テニス初心者にとって、正しい打ち方の基礎を知ることが、その後の上達に大きな影響を与えてきます。理由として、間違った打ち方のまま練習をしてしまうと、そのスイングが癖になってしまい、時間がたってから修正するのが難しくなるためです。
硬式テニス初心者が、正しいスイングを身につけるための打ち方のポイントを3つ押さえることで、テニスが上達するための打ち方練習をより効率化することができます。

硬式テニスの打ち方の基礎①

 (35982)

1つ目は、体の使い方です。テニスのスイングを身につける方法は、下半身からの運動の流れを知ることです。テニスのスイングの基本は、下半身からの始動です。その後、上半身、腕と運動が流れていくように動作を行うことで、無駄のないスイングフォームを手に入れることができます。

このことを運動連鎖と言い、テニスの全ショットの打ち方の基礎となる考え方です。運動連鎖を体感する練習方法として、室内で1人でもできる素振りが効果的です。素振りの練習方法は、後述で各ショットごとに説明をしていきます。

硬式テニスの打ち方の基礎②

 (35983)

2つ目はグリップ力です。グリップを強く握ってしまうと、腕だけのスイングになってしまい、良いショットが打てなくなるだけでなく、怪我の原因にもなりますので、グリップの握り方を知ることが重要です。

グリップの握り方のポイントは3つあります。
・指(関節)で、グリップを包み込むこと
・グリップを真横からではなく、ななめから握り込むこと
・手の平がグリップに密着せず、指一本分の隙間をあけること


グリップの正しい握り方を知ることで、グリップに力が入らず、体全体の動きを使っての打ち方が可能です。

硬式テニスの打ち方の基礎③

 (35984)

3つ目の打ち方の基礎はリズムです。テニスは相手から来るボールを打球する競技です。様々なショットにタイミングを合わせるためには、それぞれの打ち方のリズムを知ることが重要です。テニスのスイング動作は、構えからリズムがスタートします。リズムに合わせて素振りや球出しの練習をすることで、実際ラリーをする時スムーズにスイングをすることが可能です。

ここまでお伝えした3つのテニスの打ち方の基礎を基盤として、テニス初心者が上達するためのストローク、ボレー、サーブのテニスの基本ショットの練習方法を解説していきます。

テニスの練習メニュー①ストロークの練習

 (35986)

テニス初心者が上達するためのストローク練習方法は、打ち方の動作の基本を作る「素振り」練習と、実際に打球をする「球出し」のショット練習、実践の「ラリー」練習の3つです。テニス初心者が、全ショットの中ではじめに練習をするのがストローク練習です。それは、ストロークが硬式テニスでもっとも使うショットの一つであり、すべてのショットの基本となる動き方だからです。

ストロークを上達させるための基本動作として 、3つのことを意識することが重要です。
・運動連鎖
・脱力
・リズム

テニスの初心者のためのストローク練習(1)

テニス初心者は、まずストロークの素振り練習をすることが、上達への近道です。 ストロークにおける素振りを練習する利点と効果は 4つです。
・スイングの基本の動作を習得できる
・1人で練習することはもちろん、家などの室内でも練習できる
・ショット練習時に、ボールが簡単に飛ぶようになる
・ラリー時に、フォームが崩れにくくなる


フォーム作りの一環としてのストロークの素振りのポイントと練習方法は以下の通りです。

ストロークの素振り基本動作

 (35987)

ストロークの素振りを練習するうえで、基本フォームを知ることが重要です。 右利きの場合のストロークの基本動作は、6つです。
1、ラケットを腰の高さにし、グリップは右腰の前にく位置する
2、ラケット面がまっすぐ向いている
3、上半身の形を保ったまま横向きを作る
4、右足を蹴り返すことで上半身を前向きにする
5、上半身が前向きになったところで体の動きを止める
6、ラケットのフレームが左肩の上を通過して、背中までスイングをする


ポイントは、下半身からの動き出しと、ラケットを持つ腕に力を入れないことです。。 リラックスした状態を作ることが、素振りのやり方としてもっとも重要です。

ストロークの素振り練習方法

 (35988)

ストロークの素振りの練習のやり方は、振り始めの形と振り終わりの形で動作を一回一回止めることです。理由として、スイングの始まりと終わりが唯一形の確認ができる方法だからです。
最初と最後の形が正しく、下半身からの動き出しができれば、ラケットの移動する軌道は理想の軌道になります。ストロークの素振りのポイントは、いかに脱力してスイングができるかです。

スイング中に変に意識をしてしまうと、力が入る原因ともなるので、素振りの効果が軽減してしまします。特に1人で練習をする素振りは、室内などで、鏡の前で素振りの練習をすると、動作を確認できるのでおすすめです。

ストロークの負荷をかけた素振り練習方法

 (35989)

81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フットサルの練習方法8選!上手くなりたい初心者の上達ガイド

フットサルの練習方法8選!上手くなりたい初心者の上達ガイド

サッカーやフットサルの経験が全く無い初心者でも、フットサルが上達するための練習方法を紹介。一人でも練習できるようなボールタッチの練習から、チームで行うオフェンス・ディフェンス練習まで、初心者のための幅広い種類の練習方法を紹介します。
onomine777 | 3,898 view
テニスの初心者が覚えておくべき上達への4つの練習方法【テニスコーチ監修】

テニスの初心者が覚えておくべき上達への4つの練習方法【テニスコーチ監修】

ここではテニス初心者の皆様が上達する練習方法を紹介します。テニス初心者が必ず苦戦をするラリー!どうしても打ち方から入ってしまいがちですが、実は打ち方の前にやるべきことがあります!ここでは、テニスの導入~打ち方、試合までの練習メニューをお伝えします。
SKコーチ | 19,393 view
バドミントンの素振り!正しいフォームと仕方・練習方法とは?

バドミントンの素振り!正しいフォームと仕方・練習方法とは?

バドミントンの素振りの仕方、正しいフォーム、練習方法などなど…素振りに関わる全トピックを紹介します!バドミントン上達の鍵となる素振りを、しっかり基本から学びなおしましょう。今までの素振りを改善するチャンスかも!?バドミントンを練習する初心者の方必見!
yuki | 22,225 view
パルクール練習方法!跳躍力・ジャンプ力をUPさせるために必要なこと

パルクール練習方法!跳躍力・ジャンプ力をUPさせるために必要なこと

ジャンプ系パルクール練習方法を、パルクールに必要な基本的なジャンプ力強化方法に加え、基礎的なパルクール技、アクロバット技に、ジャンプ力強化方法で鍛えた技術を応用した練習方法で、習得する方法などを、紹介していきます!
みかん🍊 | 3,407 view
サッカー練習方法11選!簡単にできる上手くなるやり方をご紹介

サッカー練習方法11選!簡単にできる上手くなるやり方をご紹介

サッカーには様々な練習方法があります。サッカーの練習方法として、初心者であっても上級者であっても必要な練習から、サッカーそのものが上手くなって試合で活躍できるようになる練習を考えていきます。サッカーでは個人の力とチーム力が強くなるために必要不可欠なのです。
camarade20042000 | 17,732 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ