2018年5月26日 更新

ボッチャの基本ルールとは?初心者が知っておきたい競技のポイント!

ボッチャには、障害のクラス分けやチームの人数、試合時間など細かい公式ルールがあります。しかしそのルールこそが「究極のバリアフリーのスポーツ」と言われる所以である。2020年に行われる東京パラリンピックの競技として、ボッチャのルールを説明していきたいと思います。

  
28,515 view お気に入り 0

ボッチャとは何か?

ボッチャとは?

祝 パラリンピック銀メダル ボッチャってどんな競技?

ボッチャとは、ヨーロッパで生まれた脳性マヒや身障者に向けて生まれたスポーツで「究極のバリアフリースポーツ」として説明される。ボッチャのルールはジャックボールと呼ばれる目標となるボールに、赤、青二種類のボールを投げ合うというのが公式ルールのカーリングのようなスポーツである。
ボッチャはパラリンピックの公式競技になっているほどメジャーな競技である。「一般社団法人日本ボッチャ協会」という協会があるくらい日本にも根付いている。なので今回は、東京パラリンピックの競技にもなるボッチャを説明する。

ボッチャのクラス分けの公式ルールの説明

ボッチャのプレーヤー

ボッチャのプレーヤー

ボッチャの良いところ重度の身障者の人や脳性マヒ者の人でもプレイ出来るルールだ。なぜなら、ボッチャの公式ルールにはクラス分けというものがある。これはボクシングの階級分けのようなもので、このルールによってボッチャは色々な障害を持った人が公平に戦える。なので、ボッチャのクラス分けのルールを説明する。

ボッチャのクラス:BC1

対象:脳原性疾患
投球:可(足蹴り可)
勾配具:なし
アシスタントに車椅子の操作やボッチャボールを渡してもらうなどのサポートをしてもらえる

ボッチャをプレイ出来る人数:個人戦、団体戦

ボッチャのクラス:BC2

対象:脳原性疾患
投球:可
勾配具:なし
アシスタント:なし
上肢で車椅子操作がある程度できる

ボッチャをプレイ出来る人数:個人戦、団体戦

ボッチャのクラス:BC3

対象:脳原性疾患
非脳原性疾患
投球:不可
勾配具:なし
アシスタント:なし
自身でのボッチャボールの投球ができないので、アシスタントによるサポートで勾配具を使用する

ボッチャをプレイ出来る人数:個人戦、ペア戦

ボッチャのクラス:BC4

対象:非脳原性疾患
投球:可(足蹴り可)
勾配具:なし
アシスタント:足蹴り選手(BC1・BC2と同等の四肢運動機能障害を有する(頸髄損傷、筋ジストロフィーなど)の人のみ有り

ボッチャをプレイ出来る人数:個人戦、団体戦
ここまでがパラリンピックなど国際大会の公式戦に参加できるボッチャのクラス分けのルールの説明だ。クラス分けによって、対戦人数も変わるルールである。

日本には公式ルールではないが、オープンクラスというもう少し軽度の障害を持った人でもボッチャをプレイ出来るクラスがある。

オープン座位
BC1~BC4に該当せず、座ってボッチャボールを投球する選手。
車いすの使用の有無は問わない

オープン立位
オープンクラスの中でも、立ってボッチャボールを投球が可能な選手

ボッチャの公式ルールの説明

公式ルールが規定するボッチャの試合の始まりの説明

ボッチャの試合時間は、公式ルールに開始時間の指定があるのでそこから始まる。まず、両チームに審判より開始時間を知らされる。ボッチャのプレーヤーはルールで説明されている通り、開始15分前には審判のいる召集場所に参加する出場人数全員がいなければならない。公式の時計で確認できる。ルールにより試合時間が来たら、召集場所は閉められ、他人が入るのは認められない。ゲームの試合時間に現れないボッチャのプレーヤーは、試合の権利を失う。ちなみに、試合時間にチーム人数が足りないというのもこのルールに当てはまる。

公式ルールのボッチャの試合時間

ボッチャのルールには、各チームにボッチャボールの投球のための制限時間がある。これは審判とタイムキーパーが計る。(ジャックボールを投げる時間は時間制限に含まれない。)

ルール上、制限時間に達してもボッチャボールが投球されない場合、そのボッチャボールとそのチームの残っているボールは無効となる。制限時間に達した後、ボッチャボールが投球された場合、ルールによってプレーの邪魔になる前に審判がコートから取り除く。もしもそのボッチャボールが別のボッチャボールを邪魔したら、そのゲームは没収されるルールである。

両チームの残り試合時間はスコアボードに記される。
ルールにより、ボッチャの試合時間中に不正確な時間が測定されたら、審判は時間調整できる。また、審判は協議など時は試合時間を止めることが出来るルールである。
ボッチャの公式ルールが定める試合時間
BC1,BC2,BC4 1ラウンド選手5分
BC3       1ラウンド選手6分
団体        1ラウンド団体6分
ペア       1ラウンドペア8分

個人・ペア戦は4ラウンド、団体戦は6ラウンド
(なのでボッチャ試合時間は一試合だいたい1時間)

公式ルールのボッチャのコートの説明

ボッチャのコート

ボッチャのコート

48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ドッジボールのルールブック!審判や線審・試合時間など簡単に説明

ドッジボールのルールブック!審判や線審・試合時間など簡単に説明

この記事ではドッジボールの簡単なルールを説明します。 ドッジボールは小学校の体育の時間などでよく行われる球技で、場所によってルールが異なり、曖昧なルールでおこなわれていることが多いのが事実です。そんなドッジボールのルールをまとめて紹介します。
sayusayuman1031 | 129,827 view
バックコートバイオレーションとは?【バスケルール辞典】

バックコートバイオレーションとは?【バスケルール辞典】

バスケットボールにはバックコートバイオレーションというルールがあります。バックコートバイオレーションというルールは少し変わったもので、一度ボールを攻める側のコートに運んだ後に、再度守る側のコートへボールを戻す事を禁止しています。そのようなバックコートバイオレーションについて解説します。
masamiohdaira9 | 102 view
バスケの5秒ルールを理解しよう!5秒バイオレーションとは?

バスケの5秒ルールを理解しよう!5秒バイオレーションとは?

バスケの5秒ルールとは?バスケットボールのルールには、24秒、8秒、5秒、3秒といった様々な制限時間によるルールがあります。5秒ルールの意味や必要性、適用される場面などを詳しく解説していきます。5秒ルールを覚えることで、さらにバスケットボールに詳しくなります。
masamiohdaira9 | 147 view
8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

バスケの8秒ルールとはどのようなものでしょうか?バスケットボールのルールには24秒、8秒、5秒、3秒という様々な制限時間におけるルールが定められています。そんな数ある制限時間のルールの中から今回は8秒ルールにスポットを当てて、誰にでも簡単にわかりやすく理解できるように解説していきます。
masamiohdaira9 | 144 view
アドバンテージとは?サッカーで適用される場面や審判のジェスチャーを解説

アドバンテージとは?サッカーで適用される場面や審判のジェスチャーを解説

アドバンテージとは、サッカーでファウルを受けた場合に、ファウルを受けた側が有利な状況で試合が続いている場合に、そのまま試合を続けることです。アドンバテージとしてファイルを取ってフリーキックを行うよりも試合を続けた方が有利と審判が判断した時に適用されます。
camarade20042000 | 604 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act
【RIZAP KIDS】