2020年3月10日 更新

体の使い方で違いがでる!サッカーが上手くなりたいなら絶対知るべきこと

最適な体の使い方を覚えることはサッカーが上手くなるためにはとても重要です。サッカーのテクニックやシチュエーションによって、体の使い方を変えるだけで、サッカーの技術を向上させることや、ケガのリスクを減らすことが可能です。サッカーのディフェンスやゴールキーパーは、スピードに乗っている相手との接触が多いため、ケガをしない体の使い方を意識する必要があります。

485 view お気に入り 0
ゴールキーパーがダイビングするときの正しい受け身の取り方は、ひざ下から太もも、そして上半身の順に着地することが重要です。

キャッチしたボールが一番最初に着地してしまうと、ボールを持つ手に対して衝撃が強くなってしまい、キャッチしたボールをこぼしてしまう可能性が高まります。ボールをダイビングでキャッチした時には、ひざ下とボールを同時に着地させて、衝撃を和らげるように意識しましょう。
ゴールキーパーがダイビングをするときは、ボールに向かって体を目一杯伸ばし、着地のタイミングで体を縮めるようにしましょう。体を伸び縮みさせることで、遠くのボールに対して手が届くようになり、着地時は体への衝撃を和らげることができます。

体の使い方でサッカープレーが変わる!

Santista Mil Grau™ 🔵 on Instagram: “Fim do primeiro tempo!  Defensa 1x0 Santos • Nós acréscimos, o Defensa que está estreando na Libertadores, em sua história faz um gol de…” (113722)

体の使い方でサッカーのプレーは大きく変化し、テクニックを身につけるスピードが早くなります。

リフティングやヘディングのサッカーの基本となるテクニックは、正しい体の使い方を覚えることで大きく変化します。正しい体の使い方を意識することが、サッカー選手としてレベルアップするためには重要なポイントになります。
55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous