2018年10月31日 更新

バイシクルシュートとオーバーヘッドとの違いと打ち方とは?

サッカーの芸術的なテクニックとされているバイシクルシュートとオーバーヘッド。その違いとはどのようなものなのか解説していきます。またバイシクルシュートの打ち方とそのプレイ特性に関してもまとめ、参考となるお手本動画も併せて紹介していきます。

  
8,368 view お気に入り 0
 (61544)

蹴り足の振り上げに合わせて姿勢を後ろに倒していく。
この時点で両足が空中にあるため姿勢はゆっくりと後ろに倒れていくことになります。
しかしバイシクルシュートはインパクトが難しいシュートなので、視線はボールから離さないようにします。
高く飛んだ場合後方への恐怖が大きくなるかもしれませんので、最初に練習では低いジャンプで行うのが望ましいでしょう。

4.インパクトしながら倒れ込む

 (61547)

インパクトも大事ですが受け身の姿勢に移行して怪我しないように備えることも大切です。
インパクトしながら、両腕は受け身のために下に降ろしていきましょう。
着地で背中や後頭部を地面にぶつけないように降ろした腕から着地するイメージです。
若干肘を張ることで衝撃を分散させることができますが、肘だけに全体重がかかるのも危険なため、肩口も着地に使うようにすると怪我しにくいでしょう。

バイシクルシュートのメリット

Real Madrid C.F.さんはInstagramを利用しています:「⚽ THE BEST: @Cristiano Ronaldo」 (61580)

バイシクルシュートにしろオーバーヘッドキックにしろ、サッカーでは後方にボールを蹴るということに、非常に大きなメリットがいくつかあります。
このメリットを紹介していきましょう。

プレー自体がフェイントになり得る

まず人体の構造上後方にボールのベクトルを向かせることは難しく、難しい故にフェイントとして効果が高いということが挙げられます。
単純にキーパーの予測の中で、背中を向けた選手がシュートしてくる可能性は低く見積もっているため、突然バイシクルシュートを放つことでセービングのタイミングを大きくズラすことができるわけです。
サッカーの本質は意外性による騙しですから、その意味でサッカーらしいプレーと言えるでしょう。

パスとしても有効なプレーとなる

後方にボールを蹴ることができるバイシクルキックは、シュートだけではなくパスとして活用しても有効なプレーであることを意味します。
前面や横方向のパスコースはディフェンスにケアされやすいですが、後方へのパスまで予測してカバーすることはディフェンスには難しいため、効果的に活用することでより多くのパスコースをプレー選択に入れることができるわけです。
しかも同様に後方へパスするヒールキックとは違ってボールが高いコースを飛ぶため、咄嗟にディフェンスが反応してカットすることが難しいのも長所と言えます。

ワンプレーで完結するためテンポが速い

バイシクルキックはトラップや反転を含まず、ダイレクトに後方へボールを蹴ることができるためプレーテンポが速いことも大きなメリットになっています。
通常、自身の後方へボールを蹴りたいと思う場合、ボールを何度かタッチして身体を反転させてから蹴ることになるため、その動きからディフェンスはパスコースを先に予測して守ることができます。
しかしバイシクルであれば反転の必要がないため、ディフェンスの予測を上回る速度で後方にボールを送れますから、瞬間的なチャンスを逃すことがありません。
このような特徴のため、CKにおけるディフェンスの選手がこぼれ球の早急なクリアのためにバイシクルキックを使う場面がサッカーでは多々見られます。

バイシクルシュートの注意点

サッカーにおいてバイシクルシュートは大きなメリットがありしかも意外性が高く、そしてダイナミックなプレーのため、誰もが憧れる芸術的なサッカーテクニックですが、使う際にはいくつかの注意点に留意しておく必要があります。
意味もなく使うのではなく、特性を踏まえた上で安全に活用していくことが大切なのです。

プレーそのものが怪我の危険性が高い

バイシクルシュートは後方にボールを蹴るために、必ず倒れ込んでしまいます。
この際に受け身が不十分だと後頭部や背中を強打してしまい、怪我に繋がる可能性が非常に高い点に注意が必要です。
高い打点で行なえばそれだけ効果的なキックになりますが、高ければ高いほど受け身が難しくなることを覚えておかなければなりません。
このためバイシクルキックを練習する場合、最初に受け身の仕方をしっかりと身につけておくことが大事です。
サッカーのプロ選手は受け身のことを考えてバイシクルの落ち際に身体を捻り、身体の側面で受け身を行う選手もいます。
怪我をしないように上手に活用することもバイシクルキックにおいては大切なことなのです。

ハイキックのファウルになりやすい

サッカーのファウルには足を高く上げすぎてはいけない、ハイキックというファウルがあります。
足を高く上げるとどうしても足裏を見せることになり、この足裏にはスパイクがあるため、周囲の選手にとって危険だからファウルとなっているのです。
そのため両足を高く上げて行うバイシクルシュートがハイキックのファウルになるのは必然だと言えます。
ただしこのハイキックは競り合いの際に適用されるファウルのため、周囲に相手選手がいない状況であれば反則となることはありません。
ですからバイシクルシュートを試合で行う場合、周りに誰もおらず自身のみがボールにアプローチしている状況で行わなければいけません。

ボールをミートすることが非常に難しい

バイシクルシュートは動作そのものも難しい上に、ボールをしっかりとミートすることも難しいプレーとなっています。
そのためサッカーのプロ選手でもミスキックが多く、単純にトラップしていればチャンスが続くような場面で無理にバイシクルを狙うのは好ましいことだと言えません。
その時々の状況をしっかりと見据えた上で、ここぞという場面に狙うのが良いでしょう。
意外性が高く成功すれば効果的なだけに、使いどころを見極めるサッカーセンスも高いものが要求されるわけです。

バイシクルシュートのお手本動画

バイシクルシュートをしっかりと身につけるためのお手本となり得る動画を紹介したいと思います。

53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

クリスティアーノロナウドのバイシクルシュートの凄さとは?【美技】

クリスティアーノロナウドのバイシクルシュートの凄さとは?【美技】

クリスティアーノ・ロナウドが決めたバイシクルシュートの凄さは、様々な角度から見て取ることができます。バイシクルシュート自体の難しさ、技術的側面、メンタリティ、またそれを実行した舞台の大きさとそれに伴う周囲の反響などその凄さの秘密を紐解きます。
nosedori | 443 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS