2019年4月13日 更新

サイドスローの変化球の5つの投げ方特集!スライダー・シンカーなど

野球においてサイドスローの投球フォームは、横回転の変化球が投げやすいのが特徴の投げ方です。比較的投げやすいスライダー、カーブに加え、少し難しいシンカー、フォーク、チェンジアップ、計5種類の変化球に関して、おすすめのボールの握り方と投げ方を特集します。

  
119,779 view お気に入り 0
野球でサイドスローの投球フォームでシンカーを投げる際、手のひらを下側に向け、ボールを撫でるように中指と薬指の間から抜いてリリースするのがおすすめです。
うまくボールが抜けない場合は、リリースする瞬間に手を開くようにすると、ボールが抜けシンカー回転がかかりやすくなります。

腕を外側に捻って中指と薬指の間からボールを抜いてリリースする投げ方もありますが、シンカー回転をかけやすい反面、腕を捻ることで腕と肘に負担がかかってしまうため注意が必要です。

サイドスローの変化球③フォーク

 (30114)

ストレートと同じ軌道でバッターの手前までくると、減速して落ちるのが変化球のフォークの特徴です。フォークは野球で多くのピッチャーが使用している変化球のため、知っている人も多いのではないでしょうか。

特に握力が必要な変化球で、握力がない状態でフォークを投げると、ボールが落ちずに棒球になってしまいます。また、腕の力も重要なため疲労度も大きく、安定してフォークを投げるには持久力も要求されます。

実際に野球でサイドスローの投球フォームでフォークを投げる際は、シュート回転しないように気を付けることがポイントになります。

サイドスローでのフォークの投げ方

サイドスローの投球フォームは横から腕を出す投げ方のため、横回転の変化球が投げやすいのに対し、フォークやチェンジアップといった縦回転の変化球が投げにくい傾向にあります。
横から腕を出すことにより、ボールに自然と横回転がかかりやすくなってしまうためです。

このため、実際に野球でサイドスローの投げ方でフォークを投げる際は、前述したようにシュート回転するのを防ぐために、手首の使い方が重要になってきます。
では、サイドスローの投球フォームでフォークを投げる際、どのようなボールの握り方と投げ方がおすすめなのか、具体的に見ていくことにしましょう。

サイドスローでのフォークのボールの握り

 (30240)

人差し指と中指を縫い目にかけずにボールを挟むようにして握り、親指で下側を支えるのが、フォークの一般的な握り方になります。 しかし、実際に野球でサイドスローの投球フォームでフォークを投げる際、この握り方だとシュート回転してしまう可能性が高くなってしまいます。

このため、人差し指と中指でボールを挟む際に、人差し指と中指の指先と、薬指が縫い目にかかるようにして握り、親指は下側ではなく人差し指に近い横側に置くのが、おすすめのフォークの握り方になります。 この握り方にすることで、ボールがシュート回転してしまう確率を低くすることができます。

サイドスローでフォークを投げる際のリリース時の手首の向き

 (30246)

野球でサイドスローの投球フォームでフォークを投げる際、ストレートの時よりも手首を上方向に立てた状態で、中指に力を入れて人差し指と中指からボールを抜くようにリリースするのが、おすすめの投げ方になります。
手首を立て中指に力を入れて、手首の力は使わずに腕の振りだけでリリースすることで、ボールがシュート回転してしまう確率が低くなり、ボールが下方向にまっすぐ落ちやすくなります。

ただし、あまりにも手首を立てることを意識し過ぎると、肘が下がってしまうので気を付けるようにしましょう。

サイドスローの変化球④カーブ

 (30254)

山なりの軌道で、ボールをリリースした利き腕とは逆方向に、曲がりながら落ちていくのが変化球のカーブの特徴です。 比較的投げやすく、野球で最初に覚える変化球として使われることが多いのもカーブの特徴になります。

球速がなくバッターの手前で減速するため、カウントをとりにいったり、バッターのタイミングをずらしたりするのに有効な変化球です。 また、カーブを投げた後にストレートを投げると、バッターが速く感じるため、ストレートを速く見せたい場合にも効果を発揮する変化球です。
野球でサイドスローの投球フォームでカーブを投げる際は、縦回転をかけることができるかがポイントになってきます。

サイドスローでのカーブの投げ方

サイドスローの投球フォームは、自然とボールに横回転がかかりやすい投げ方のため、スライダーと同様にカーブも投げやすい部類に入る変化球です。カーブとスライダーの大きな違いは、ボールに横回転だけではなく縦回転もかける必要があり、シンカーと同様にボールを抜く変化球という点です。

縦回転をかけることができず、さらにボールをうまく抜けないと、球速のない少しだけスライダー回転のかかった棒球になってしまいます。このため、ここでは野球でサイドスローの投球フォームでカーブを投げる際の、おすすめの握り方と投げ方を特集していきます。

サイドスローでのカーブのボールの握り

 (30265)

人差し指と中指を縫い目に沿って揃えてかけ、親指は対角の縫い目にかけて握るのが一般的なカーブの握り方です。 しかし、この握り方の場合、人差し指と中指だけの力でボールに回転をかけてしまい、親指の力が使われないカーブになる可能性があります。
このため、親指は腹の部分ではなく、側面が縫い目にかかるようにして握るのがおすすめです。

特に野球でサイドスローの投げ方でカーブを投げる場合は、この握りの方が縦回転をかけやすく、うまくボールも抜けやすくなります。 また、この握りの方が回転を多くかけることができるため、落差のあるカーブが投げやすくなるメリットもあります。

サイドスローでカーブを投げる際のリリース時の手の向き

 (30270)

野球でサイドスローの投球フォームでカーブを投げる際、手のひらを上に向け手首を上側に立てた状態で、人差し指と中指を滑らすようにしてボールをリリースするのが、おすすめの投げ方になります。
手首を立て腕の振りだけでリリースすることで、うまくボールが抜け、カーブ回転がかかりやすくなります。

うまく回転がかからない、またはうまくボールが抜けない場合は、リリース時にボールを強く握りすぎている可能性があるため、手とボールに隙間作って少しボールを浅く握り、あまり力を入れすにリリースしてみるといいでしょう。

サイドスローの変化球⑤チェンジアップ

 (30273)

75 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ドッジボールのコツ!相手に当ててアウトを取る方法とは?

ドッジボールのコツ!相手に当ててアウトを取る方法とは?

ドッジボールで相手に当てるコツを紹介していきます。ドッジボールで大切なことは、いかにして自分の投げたボールを相手に当てるかです。そのためには狙いどころや投げる時の様々な技も必要となります。そんなドッジボールで相手に当てるコツを一緒に見ていきましょう。
MOSK | 52,589 view
ストレートの握り方と投げ方とは?キレのあるストレートを投げよう

ストレートの握り方と投げ方とは?キレのあるストレートを投げよう

野球のピッチャーの最も基本的な球種はストレート…いわゆる直球です。ストレートは、すべてのピッチャーが投じることができる球種であり、全投球数の半分以上を占めるというピッチャーも多いはず。ここでは、改めてストレートを解説しますので、ブラッシュアップしてください。
MARUO KAZUHIRO | 1,703 view
フォークの投げ方とコツ!ポイントはボールの握り方と回転のかけ方?

フォークの投げ方とコツ!ポイントはボールの握り方と回転のかけ方?

野球の変化球の一種であるフォークボールについて、その握り方や投げ方を含めて説明します。打者の手元でストンと落ちるフォークボールは、空振り三振を奪える、縦の変化球でプロ野球選手でも持ち球にしているピッチャーは多いです。フォークを学んでレベルアップしよう!
MARUO KAZUHIRO | 3,839 view
パームボールの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

パームボールの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

パームボールは投げ方とボールの握り方が独特なため、最近の野球では投げるピッチャーがほとんどいなくなりましたが、マスターすることができれば大きな武器として使える変化球です。パームボールの投げ方とボールの握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 2,360 view
ナックルの投げ方とボールの握り方!変化球の投げ方をマスターしよう

ナックルの投げ方とボールの握り方!変化球の投げ方をマスターしよう

ナックルは投げ方が独特な変化球のため、野球で投げるピッチャーは少ないですが、予測不能な変化でバッターはナックルとわかっていてもミートするのが難しく、マスターできれば強力な武器になります。ナックルの投げ方と握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 2,550 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8