2019年4月13日 更新

サイドスローの変化球の5つの投げ方特集!スライダー・シンカーなど

野球においてサイドスローの投球フォームは、横回転の変化球が投げやすいのが特徴の投げ方です。比較的投げやすいスライダー、カーブに加え、少し難しいシンカー、フォーク、チェンジアップ、計5種類の変化球に関して、おすすめのボールの握り方と投げ方を特集します。

  
119,771 view お気に入り 0
ストレートと同じ軌道ですが、ストレートよりもボールの回転が少ないため、バッターの手元に近づくにつれて、球速が落ちながら少しずつ沈んでいくのが、変化球のチェンジアップの特徴になります。
チェンジアップはストレートと同じ腕の振りをする投げ方のため、バッターがストレートと勘違いしやすい変化球です。

比較的肩や肘の負担が少ないため、最近では野球で最初に覚える変化球として、カーブではなくチェンジアップを選ぶ人もいます。

野球でサイドスローの投球フォームでチェンジアップを投げる際は、フォークと同様にシュート回転しないようにすることと、ストレートと同じ腕の振りをする投げ方ができるかが重要になります。

サイドスローでのチェンジアップの投げ方

オーバースローやスリークォターの投げ方も同様ですが、野球でサイドスローの投球フォームでチェンジアップを投げる際、ストレートと同じ腕の振りの投げ方で、ストレートよりも回転の少ない遅いボールを投げる必要があります。腕の振りがストレートよりも遅くなってしまうと、バッターに読まれてしまう確率が高くなり、チェンジアップの効果が薄れてしまいます。

また、サイドスローの投げ方の場合、前述したように横回転がかかりやすいため、シュート回転しないように注意しなければなりません。では、野球でサイドスローの投球フォームでチェンジアップを投げる際の、おすすめの握り方と投げ方を見ていくことにしましょう。

サイドスローでのチェンジアップのボールの握り

 (30295)

親指と人差し指、薬指と小指で、縫い目にかからないようにボールを挟んで握り、親指と人差し指で円を作って、中指は使わないようにするのが、チェンジアップのおすすめの握り方です。
全ての指が縫い目にかからないように握ることで、ボールの回転が少なくなり、中指を使わずにボールをリリースするため、ストレートよりも球速が落ちます。

また、親指と人差し指、薬指と小指でボールを挟んでいるため、フォークのように下方向に沈みやすくなります。
実際にサイドスローの投げ方でチェンジアップを投げた際、ボールの回転がストレートとあまり変わらない場合は、手とボールの隙間をなくしボールを深く握ることで回転を少なくできます。

サイドスローでチェンジアップを投げる際のリリース時の手の向き

 (30298)

野球でサイドスローの投球フォームでチェンジアップを投げる際、薬指と小指の方に力を入れ、ストレートと同じ手の向きで、ストレートと同じように腕を振ってボールをリリースするのが、おすすめの投げ方になります。
薬指と小指に力を入れることで、ボールがシュート回転してしまうのを防ぎやすくなります。

チェンジアップはストレートと同じ腕の振りで効果を発揮する変化球のため、ボールはチェンジアップの握りにしてストレートを投げる、とイメージするといいでしょう。
遅いボールを投げようと意識し過ぎてしまうと、腕の振りも遅くなってしまうため、注意が必要です。

サイドスローで変化球を活かすおすすめの投げ方

みやもと あきみち on Instagram: “一枚目加賀繁二枚目藤岡好明サイドスローのお二人!#横浜denaベイスターズ #サイドスロー” (30332)

ここまで、スライダー、シンカー、フォーク、カーブ、チェンジアップ、計5種類の変化球に関して、野球で投球フォームをサイドスローにした際の、おすすめの握り方と投げ方を紹介してきました。

サイドスローの投球フォームは、前述した横回転の変化球が投げやすいなど、オーバースローやスリークォターの投げ方にはないメリットがあります。このメリットをうまく活用することで、変化球もより効果的なものになり、バッターとの対戦も有利になります。このため、ここでは野球をした際にサイドスローでより変化球を活かすことのできる、おすすめの投げ方を紹介していきます。

ストレートと変化球の投げ方が同じになるよう意識する

Stunning Free Images · Pixabay (30329)

オーバースローやスリークォーターの投げ方も同様ですが、サイドスローの投球フォームでもストレートと変化球で投げ方が変わってしまっては、バッターに球種を読まれやすくなってしまいます。

サイドスローの投球フォームの場合、腕を横から出すためリリースポイントはあまり気にする必要はありませんが、特にテイクバック、ボールをリリースするまでのグローブの位置は、ストレートと変化球で変わっている可能性があるので、チェックするようにしましょう。

おすすめは、野球で投球練習を行う際にストレートと変化球を交互に投げることです。
交互に投げることで違いに気付きやすく、早く同じ投げ方にすることができるようになります。

横の角度を利用して変化球を活かす

Stunning Free Images · Pixabay (30316)

横の角度を使えるのが、サイドスローの投げ方の最大の武器になります。

実際に野球で右ピッチャーが右バッターと対戦する際、インコースにスライダーやカーブを投げると、バッターは背中からボールがくるため、ボールが当たるような感覚になります。それを利用して身体をのけぞらせることができれば、そこから曲がってインコースいっぱいにストライクをとることができます。

逆にアウトコースにスライダーやカーブを投げ、バッターが手を出してくれれば、そこから曲がってボールゾーンに逃げていくため、空振りさせることができます。サイドスローの投げ方の場合、この横の角度を最大限に活用した変化球の使い方がおすすめです。

変化球のキレを良くするためにインステップの投げ方に

野球でサイドスローの投球フォームで変化球を投げる際、右ピッチャーの場合はステップした左足を、少し三塁側の方へ踏み出すインステップの投げ方がおすすめです。インステップにすることで、身体の横回転の力がボールに伝わりやすく、変化球のキレが良くなる効果が期待できます。

また、身体が早く開くのも防ぎやすくなるため、ボールがシュート回転してしまうのも抑えることができ、前述した横の角度も使いやすくなります。ただ、あまりにもインステップになりすぎると、体重移動がスムーズに行えずバランスを崩しやすくなってしまうので、気を付けるようにしましょう。

横の揺さぶりでバッターを惑わす変化球を使用する

実際に野球で右ピッチャーが右バッターと対戦する際、アウトコースにスライダーやカーブを投げ、バッターにアウトコースを意識させると、身体が前へ倒れやすくなるため、その状態でインコースにシュートやシンカーを投げれば、ボールに詰まりやすくなります。

逆にインコースにシュートやシンカーを投げ、バッターにインコースを意識させると、身体が開きやすくなるため、その状態でアウトコースにスライダーやカーブを投げれば、ボールを引っ掛けたり、空振りしやすくなります。

サイドスローの投げ方で変化球を投げる際は横の角度に加え、この横の揺さぶりを使うのもおすすめで、両方使えるようになればバッターは苦戦するはずです。

ストレートがあってこその変化球

T☆S on Instagram: “2/5 #東京ヤクルトスワローズ #ヤクルトスワローズ #東京ヤクルト #スワローズ #tokyoyakultswallows #YakultSwallows #tokyoyakult #swallows #2018年スワローズ春季キャンプ #野球 #⚾ #プロ野球 #npb…” (30343)

野球でサイドスローの投げ方で変化球を投げる際の、おすすめの握り方と投げ方を紹介しましたが、まずはストレートに磨きをかけることが重要です。

例えば、ストレートでストライクをとった後、同じコースからボールになるフォークやチェンジアップを投げれば、同じ軌道でフォークやチェンジアップがくるため、バッターは振る確率が高くなります。逆にストライクからボールになるフォークやチェンジアップを投げた後、同じコースにストレートを投げれば、バッターはボールになると思い見逃す確率が高くなります。

変化球を活かすためにも、軸になるストレートをしっかりと安定させ、変化球を自在に操れるようになりましょう。
75 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ドッジボールのコツ!相手に当ててアウトを取る方法とは?

ドッジボールのコツ!相手に当ててアウトを取る方法とは?

ドッジボールで相手に当てるコツを紹介していきます。ドッジボールで大切なことは、いかにして自分の投げたボールを相手に当てるかです。そのためには狙いどころや投げる時の様々な技も必要となります。そんなドッジボールで相手に当てるコツを一緒に見ていきましょう。
MOSK | 52,588 view
ストレートの握り方と投げ方とは?キレのあるストレートを投げよう

ストレートの握り方と投げ方とは?キレのあるストレートを投げよう

野球のピッチャーの最も基本的な球種はストレート…いわゆる直球です。ストレートは、すべてのピッチャーが投じることができる球種であり、全投球数の半分以上を占めるというピッチャーも多いはず。ここでは、改めてストレートを解説しますので、ブラッシュアップしてください。
MARUO KAZUHIRO | 1,703 view
フォークの投げ方とコツ!ポイントはボールの握り方と回転のかけ方?

フォークの投げ方とコツ!ポイントはボールの握り方と回転のかけ方?

野球の変化球の一種であるフォークボールについて、その握り方や投げ方を含めて説明します。打者の手元でストンと落ちるフォークボールは、空振り三振を奪える、縦の変化球でプロ野球選手でも持ち球にしているピッチャーは多いです。フォークを学んでレベルアップしよう!
MARUO KAZUHIRO | 3,839 view
パームボールの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

パームボールの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

パームボールは投げ方とボールの握り方が独特なため、最近の野球では投げるピッチャーがほとんどいなくなりましたが、マスターすることができれば大きな武器として使える変化球です。パームボールの投げ方とボールの握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 2,360 view
ナックルの投げ方とボールの握り方!変化球の投げ方をマスターしよう

ナックルの投げ方とボールの握り方!変化球の投げ方をマスターしよう

ナックルは投げ方が独特な変化球のため、野球で投げるピッチャーは少ないですが、予測不能な変化でバッターはナックルとわかっていてもミートするのが難しく、マスターできれば強力な武器になります。ナックルの投げ方と握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 2,550 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8