2020年3月20日 更新

決定率と効果率とは?計算方法も簡単に解説【バレーボール用語】

バレーボールには、スパイクに関しての決定率と効果率があります。スパイクの決定率は、打ったスパイク数のうち何本を得点にすることができたものを表します。スパイクの効果率は、得点から失点をマイナスする要素を含んで計算さえれます。スパイクの決定率と効果率は、チームのレシーブ力などに影響があります。

29 view お気に入り 0

バレーボールの決定率とは?

rwy999 on Instagram: “#久光製薬スプリングス#平山詩嫣#vリーグ #女子バレー2020.1.19” (116502)

バレーボールのスパイク決定率とはスパイクを打った回数のうち得点になったスパイクの数の割合​を表す用語です。アタック決定率ともいいます。

【自分が稼いだ・得点にしたとみなされないプレーとは?】
・苦し紛れに相手コートに返したボールを、たまたま相手チームの選手がミスをして得点になった場合

・ただし、ソフトスパイクやフェイントなど、得点を取るためにアグレッシブに攻めたボールであれば強打でなくてもスパイク決定とみなされる

スパイク決定率の計算方法

スパイク決定率の計算方法は、以下のようにシンプルに算出されます。

【スパイク決定率の計算方法】
スパイク決定率=スパイク決定数 ÷ スパイク数

【スパイク決定率の例】
試合中に10本スパイクを打ち、得点となったスパイクが5本とすると、5÷10=0.5、スパイク決定率は50%となります。

バレーボールの効果率とは?

一般社団法人日本バレーボールリーグ機構 on Instagram: “. 【#V2男子】 下記の個人賞が決定しました🏅 おめでとうございます! . 最高殊勲選手賞 #富士通カワサキレッドスピリッツ #柳田百織 選手 @fujitsuredspirits_volleyball . 敢闘賞 #ヴォレアス北海道 #古田史郎 選手…” (116505)

バレーボールのスパイク効果率とは、スパイク決定率に自分の失点の要素を加えたものです。

失点の要素とは、スパイクがブロックされる・スパイクミスをすることで相手に得点を与えることです。スパイクで一点入れても、次に失点をしたらプラスマイナスゼロになります。スパイク効果率は、スパイクが決まった本数から失点した本数を引いて、打数で割ることで算出します。

スパイク効果率はスパイク決定率よりも、スパイカーがチームの得点に貢献しているかを具体的に表します。

スパイク効果率の計算方法

スパイク効果率の計算方法は、スパイク決定率にミスの要素を加えて以下のように算出されます。

【スパイク効果率の計算方法】
スパイク決定率=(得点-失点)÷スパイク数


失点とは、スパイクミスやブロックでシャットされて相手の得点になった場合を指します。

スパイクを10本打って5本が得点に結びついた場合、スパイク決定率は50%となります。しかし、決まらなかった5本すべてがスパイクミスあるいはブロックされてしまった場合、スパイク効果率は(5-5) ÷10= 0%となります。

スパイク決定率と効果率との大きな違いとは?

Kikuko on Instagram: “#石川祐希 選手ネット上でのせめぎ合いを撮るのは、運だと思っているので、こんな風に撮れると、かなりの自己満足に浸ります😅。 2018.7.29日韓親善試合” (116507)

スパイク決定率と効果率とは意味が異なり、大きな違いはチームの貢献度です。

現在ではラリーポイント制が採用されているので、ミスはすべて自分のチームの失点=相手の得点になります。10本スパイクを打って5本が決まった選手の場合は、決定率は50%となり、残りの5本をすべてミスすると効果率は0%になります。

スパイクをレシーブされて得点に結びつかなくても、失点にはならないので、スパイク効果率は50%です。

決定率と効果率、どちらが重要か?

スパイク決定率と効果率では、チームの貢献度の差があるため効果率が重要になります。

得点を多く入れた決定率の高いスパイカーが一概に優秀とはいえません。得点を多くいれても失点率が多い選手は、具体的にチームに貢献していないとみなされます。効果率の言葉ができたことにより、スパイカーのチームへの貢献度が明確化されました。

スパイク決定率が高くても失点が多いと、効果率がマイナスになる場合もあります。

スパイク効果率はいつから使われたのか

tunagu東洋紡 on Instagram: “イベント紹介:バレーボール🏐  元バレーボール全日本女子チーム監督である柳本氏によるふれあい教室です。 全日本女子チームを育てた一流の監督から触れ合いを通してバレーボールの楽しさを教わります。経験者、未経験者を問わず参加可能です。  参加対象:小・中・高校生、一般…” (116506)

スパイク効果率が日本で使われるようになったのは2005年ごろです。

当時、柳本晶一監督が全日本女子チームを率いており、チームのアナリストの渡辺氏がスパイク効果率を算出しました。国際試合になるとスパイク効果率が大きく下がることがわかり、これがチーム強化のための指針となりました。柳本元監督はご自身の著書で効果率の解説をしています。

決定率よりも効果率が勝敗に大きく影響することから、効果率を重視するようになりました。

効果率はスパイカーの力だけでは上げることができない

 (116508)

バレーボールのスパイク決定率と効果率は、スパイカーの技量で決まります。

しかし、チームのレシーブ力やセッターのトスの良し悪しで、スパイクの決定率や効果率が左右されるのも事実です。一般的に効果率50%以上が、信頼できるアタッカーの目安とされています。

【スパイク効果率を上げるためにスパイカーに必要なこと】
・打ちにくいトスや二段トスも打ち抜く
・ブロックをかわして打つスキルを身につける
・スパイクミスを減らす

チームが勝つためには、スパイク決定率ではなくスパイク効果率を高くすることが重要です。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵
amazon